九里、完投を経験して一皮むけた大人の投球で菅野に投げ勝つ!そろそろ抑え候補の若手を試してみては??

九里、完投を経験して一皮むけた大人の投球で菅野に投げ勝つ!そろそろ抑え候補の若手を試してみては??

広島の先発九里亜蓮投手が8回1失点で菅野に投げ勝ち、6勝目を手にした。最速147キロの直球とスライダー、フォーク、ツーシームなど多彩な変化球で的を絞らせず、凡… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 巨人菅野に勝ったのは広島九里!気迫117球1失点 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

 とうとう菅野に土をつけた。よくやったよな。

 九里が「大人の投球」で6勝目。最後のフランスワはどうしようもねぇ投球をしたんでヒヤヒヤしたけどな、打線が菅野を攻略して逃げ切った。これで3連勝。10月に限って言えばカープが首位だってな。久しく聞いてない響きだよ。

完投を経験して一皮むけた印象の九里が好投

Advertisements

 まずは開幕から13連勝の菅野に投げ勝った九里を褒めたいよな。8回を1失点でまとめた。7回で100球を超えていたので交代も考えられたけど、佐々岡監督は8回もマウンドに送った。この辺は前回の完投勝利という実績がそうさせたんだろうねえ。

 佐々岡監督も「まだ行ける」。九里も「今日も投げ切る」。そんな感じで気持ちが一致したのだろう。最後の8回も危なげなく乗り切ってくれたよな。

 一番の印象は「慌てず、力まず」といった感じだねぇ。

 九里の崩れるパターンはやはり四球。大体臭いところを突きすぎてカウントを悪くする。そんな感じだよな。

 この日もボール2とカウントが悪くなりかけたところでシュートでストライクが取れた。これが非常に大きかったように思う。

 そのシュートも厳しいところといった感じではなく、かなりアバウトなコントロールでも打者が手を出してくれた。これが空振りやファールになってカウントを整えられた。何もムキムキにならんでも、ストライクは稼げる。完投を経験してゲーム中盤までは余裕すら感じられる投球。「大人の投球」といった感じだよな。

 同期入団のエース大瀬良が離脱。そして今季は「火曜日の男」としてローテの中心として頑張ってきた。シーズン前半はなかなか勝てずに週の初めの登板でチームを波に乗せることができなかったよな。本人も責任を感じていたことだろう。九里を火曜日から外すべきでは?という声も聞かれた。まぁ今季は連戦が続くしブレイク期間がない。やるしかねぇといった感じだったよな。

 そんな中で色々な経験をした。ゲームを作れず早々にマウンドを降りたこともあった。完投目前でマウンドを降りたこともあった。それでも佐々岡監督は九里に「火曜日」を託した。前回登板で完投。そして今回は菅野に投げ勝った。ある意味エース的な役割になってきたよな。

 これで6勝5敗。勝ち星が先行してきた。毎年8,9勝で終わってしまい10勝がカベ。でもこのような投球をしていれば自ずと白星が増えて来よう。今季、残り登板を全勝すれば二けた勝てるかもしれん。頑張ってほしいよな。

打線が電光石火の速攻で菅野を攻略!

Advertisements

その九里の好投を引き寄せたのが打線。早いイニングから菅野からリードを奪ってくれた。これも大きかったと思う。

 カープ打線は菅野を決して苦手というか、全く打てないということではない。松ちゃんや西川はある意味得意としている投手だと思う。

 しかしヒットはでるけど、点にならない。チャンスを作っても菅野の「凄み」で抑えられてしまう。菅野がいい投手なのはこの「凄み」ね。特に追い込まれれば追い込まれるほど菅野の凄みに捻られて来たんだよな。

 それを逆手に取ったのだろうか?チャンスとなれば積極的にファーストストライクを打ってきた。松ちゃんのタイムリーなんかはその典型だよな。

 一つ間違えれば「淡白」と言われそうだけど、菅野ほどの投手を攻略するにはそういった積極性が大事だろう。これがいい方向に出た。よかったよな。

 ただし、打線にも課題があったように思う。巨人の中継ぎ陣に対しては完全に抑え込まれた。初戦である程度中継ぎ投手を打っておけば、この3連戦楽になったように思う。

 例えば大江か高梨をどちらか捕まえておくと、原監督自慢の継投策に迷いも出るだろう。9回に投げたビエイラに対し先頭の大盛が小技で揺さぶったりするのもいいだろう。もちろん今日のゲームに勝つというのは最も大事だけど、3連戦というスパンで見た時に中継ぎ投手に対して種をまいておくことも大事なことのように思う。

 個人的には今季の巨人はそれほど「強さ」は感じない。でも中継ぎ投手に関しては量、質ともに素晴らしいと思う。この辺はシーズン中でも積極的にトレードで補強した成果だろう。原監督の継投策も思い切ってできるのもこの辺が効いているように思う。

 まぁ贅沢言ってもしょうがないんだけど、菅野がマウンドを降りたことで打線がホッとしてしまった。その辺がもったいないように感じたけどな。

塹江には疲れが、フランソワはまたダメダメ感が戻ってきた

Advertisements

九里の話にもどるけど、7回を投げ終えて105球。8回のマウンドに行くか?微妙な球数だったよな。

 まぁただ、最近の塹江の内容と九里の調子を天秤にかけたら、ここは九里。そういう判断なんだろうねぇ。アタクシもそれが正解だと思った。

 塹江に関して言えばシーズンをこれだけ投げたのは初の経験。投球のコツをつかんでセットアッパーの地位を確立した。立派だよな。

 ただ、残念なことに8回を任せる投手が他の投手のレベルが低すぎて負けゲームにも駆り出される始末。この辺がね、疲れを増幅させている要因だろうねぇ。10月の声を聞いて投球に精彩を欠いているよな。

 そして9回にヒヤヒヤさせやがったフランスワ。ホームランを2連発とね、ここに来て「一発癖」が再発してきた。フランスワが調子を崩す「兆候」が出てきたように思う。

 昨日の登板も先頭打者の1,2球目、高く抜けた感じの球だった。アタクシはここでヤバさを感じてしまった。真っすぐもスライダーも抜け抜け。丸に対してベルトより下の球が1球もなかった。丸はフルカウントになったけど、丸は低めを捨ててベルトより高い球を狙っていたよな。さすが元カープの選手。しっかりホームランを打っちゃったよな。

 続くウィラーも高めの真っすぐ。152キロは出ていたけど完全にストライクを入れに行った。このストライクを「入れ」に行く球とストライクを「取り」に行く球の威力は球速だけでは測れないものがある。「入れ」行ったストレートは軽々とスタンドに放り込まれたよな。

 まぁその後の後続を何とか断ち切ったわけだけど、フランスワは昨季抑えにまわってからよく「一発」を食らうようになった。そこから調子を落としていったように思う。その時と同じような打たれ方なんだよな。

 ここまで頑張ってくれた8,9回の男たち。ここに来て疲れも出てきたようだねぇ?残り20試合ちょっと。ちょっと不安だよな。

ならば来季に向けて若手抜擢も面白い

Advertisements

まぁそれなら若い投手を試してみるのもいいだろう。まず筆頭は藤井黎來だよな。フォークピッチャーだ。抑えの素質はあると思う。

1軍に上がってきて好投を続けている。まだプロの洗礼は受けていない。一気に抜擢してもいいだろう。

そしてファームで守護神をやっている田中法。この辺もあげてみるのもいいだろう。

まぁそれでも残り10試合切ってからといった感じだろうけど、今季のうちにそういったポジションで投げさせておくってのも秋季キャンプ、そして来季に向けて一つの目標やモチベーションになる。成長のきっかけになるように思う。

今季、佐々岡監督は勝利の方程式を「競争」させて決める方針で行ったよな。残念ながらこれが完全に裏目に出た。

競争どころかどいつもこいつも決め手がなく、結局そこを決められずにシーズンに入っちまった。ブルペンが不安定なのはシーズン始まって4か月たっても改善されていない。

やはりある程度、今季はこういう形でというものを示す必要があるだろうねぇ。そういう意味でははっきりと選手に「お前は抑えで」「君はセットアッパーで」と考えを伝えておくのも選手のモチベーションにつながるように思う。

その「サイン」として藤井黎や田中法に今季のうちに数試合でもやらせてみるってのは誰にとってもマイナスにならないように思う。

今季の投手陣は防御率も悪く、今の順位の原因を作ったと言ってもいいだろう。来期以降はこの投手陣の立て直しが急務だろう。

それでも今、1軍で大事なところを任せている投手は「佐々岡チルドレン」たち。塹江やケムナ、ファームに行ったけど島内。先発では遠藤や床田といったところ。本当にいい経験をしているし、頑張っていると思う。

それでもまだまだ投手が足りない。大事なところの「将来」を任せられる人材の成長が待たれるよな。そういう意味でもフランスワが下降のサインを出している。思い切った抜擢があってもいいように思うねぇ。

さぁ巨人に勝ち越してAクラスへの希望の火を燃やせ!

Advertisements

まずは週頭に難敵菅野を乗り越えた。いいスタートだよな。ここで巨人相手に早々と勝ち越しを決めればAクラス奪取に希望も欲も湧いてくるだろう。

今週後半には3位の中日との直接対決もある。ここに勢いよく乗り込んでいきたいよな。

まだ3位まで5ゲームあるけど、今週の戦い方次第では中日の尻に火がつく可能性は十分ある。中日も久々のAクラスだからな、プレッシャーもかかってくる。まぁCSがかかっているとなれば、そのプレッシャーも相当なものになるんだろうけど、それを差し引いてもAクラスへのプレッシャーはかかってくるだろう。

こうなると追う方が俄然有利な流れになる。そして勝率を争う上でカープに引き分け「9」ってのが効いてくる可能性もある。

まぁそうなるためには最低でも巨人に勝ち越さなきゃいかん。負け越すようならこの火も消えてしまうだろう。そういう意味では今日の遠藤ね、頑張ってほしいよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村

Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村