開幕投手候補一番手の森下が更なる進化へ!?大瀬良は?九里は?開幕ローテを考えてみる

開幕投手候補一番手の森下が更なる進化へ!?大瀬良は?九里は?開幕ローテを考えてみる

 「広島春季キャンプ」(6日、沖縄) 広島の森下暢仁投手(23)がブルペンに入り、今キャンプ最多の106球を投じた。同期の石原に対し、直球と持ち球のカーブ、カットボール、チェンジアップを投げ、“マエケン直伝”のスライダーとツーシームの2つの新球種を数球投じた。

情報源: 広島・森下“マエケン直伝”のスライダー解禁も…完成度「0%」
キャンプ第2クールになると投手もブルペンで熱が上がってくる。開幕投手に名乗りを上げた九里が340球以上を投じ、ルーキー栗林も真っすぐ一本から変化球の調整に入った。2軍スタートの大瀬良も日南で熱のこもった投球を続けているようだねぇ。そして昨季のチーム勝ち頭で新人王を獲得した背番号18・森下もマエケンから教わったスライダーを試すなど進化を求めて取り組んでいるようだねぇ。さて、ここで気になるのが「開幕投手」だよな。昨季は早々に大瀬良に言い渡していたようだけど、今季は佐々岡監督が言う「競争」で勝ち取る方法を取った。そら、九里だって頑張るし、昨季の開幕投手・大瀬良も静かに闘志を燃やしていることだろう。誰が選ばれるか楽しみだけど、今のところの一番手は森下なんだろうと思う。

森下がエースの座に座るシーズンになる!?

開幕投手は誰か?もう早々に書いてしまうけどアタクシは森下のように思う。そして今後少なくとも5年は森下が務める。そんな予感がしている。一言で言えば「エースの座が入れ替わる」シーズンになると予想している。それはなぜか?
まず、昨季を振り返ってみれば、チームトップの成績は森下の10勝。大瀬良は故障離脱したし、九里はまたもや二ケタ勝利に届かなかった。ジョンソンは一つも勝てずに終わった。いわゆるチームの勝ち頭は森下だった。昨季の実績から言って候補の筆頭に上がるだろう。新人から二ケタ勝つというのはまぐれではなかなかできなこと。もうカープの投手陣をしょって立つことは間違いないだろうねぇ。
それともう一つは投手としての完成度。これはもうエース級だと言っていいだろう。真っすぐの力、コントロール、そしてマウンドさばき、ギアを入れるタイミングは理解しているし、すでに先発ローテ投手としての責任感も備わっている。素晴らしいと思うよ。過去、カープのルーキーでの二けた勝利といういうのは最近言えばこの森下と大瀬良、そして野村祐輔。1位以外では大瀬良と同期の九里はドラフト2位ながらも1年目から開幕ローテ入りしている。こうした投手たちの1年目と比べても森下は全てにおいてこの先輩方を上回っているように思う。1年目の防御率1点台はスゴイの一言だし、「貯金」という側面から見ても森下は10勝3敗でチームに7つの貯金をもたらしている。ちなみに野村の1年目は9勝11敗防御率は1.98。防御率は明大の後輩森下と遜色ないけど借金は2つ。まぁこの時のカープは弱かったので少し気の毒なように思うけどな。
大瀬良は10勝8敗で貯金は2つ。防御里は4.05とこちらは厳しかった、九里は開幕からローテに入ったけど2勝どまり。こうしてみると新人王を獲った先輩投手よりも成績が抜きんでている。これを見ても森下という投手の完成度というのはかなりのもののように思う。これだけ完成度の高い投手であれば、2年目のジンクスも故障がなければまずハマることもないだろう。それだけ、かなりレベルの高い投手であるってことなんだよな。アタクシは今季森下がかなりの成績をおさめてエースの座に座る。そんなシーズンになると見ている。

無論大瀬良には簡単にエースの座は受け渡して欲しくない

このエースの入れ替わり論は今季終わってみて「そうだったよな」となることを予測している。開幕前からエースは森下と決めつける気は毛頭ない。無論現エース格である大瀬良には簡単にエースの座を受け渡して欲しくないし、今季は「俺がエースだ!」という投球を是非見せて欲しいと思う。
その大瀬良も2軍スタートながら調整は順調のようだねぇ。昨季も開幕戦で好投を見せてくれているし、経験もある。「開幕投手」というくくりで見れば、森下同様候補の筆頭クラスだろう。故障で昨季は責任を感じているだろうし、捲土重来を期し静かに闘志を燃やしていることだろう。理想的なのはこの大瀬良と森下が高いレベルで頑張って好成績を残すこと。そこに九里が加わっていけば、終わってみればチームも天辺にいる。それが理想だろうねぇ。今季は大瀬良、森下、そこに九里が加わってチーム内でのエース争いがチームを引っ張っていく。そんな気がするんだよな。頑張ってほしいよ。

開幕投手は誰か??思い出す2004年の開幕戦

冒頭でも書いたけど、アタクシは開幕投手は森下と予想する。しかし、これに関してはカープファンの間でも様々な見方があるし、あっていいと思う。どのタイミングで発表するのか?それとも開幕直前までシークレットにするのか?個人的には力のある投手が数人いるのならシークレットでも面白いように思う。あっと驚く開幕投手であってもいいんじゃねぇかなぁと。今季もオリンピックの影響で6連戦が続き、ローテの組み換えのタイミングが難しいシーズンになる。それならあえてエース級が揃う開幕投手にいい投手をぶつけるのではなく、シーズンを勝てるローテを組んでいくのも面白いかもしれんよな。古い話だけど、中日の黄金時代が始まった2004年、落合監督は開幕投手に川崎憲次郎投手を指名した。これは多くのプロ野球ファンが度肝を抜かれた開幕投手だった。なんせ川崎投手はFAで中日に移籍して3年間登板数ゼロ。この投手を落合監督はかなり早い時点で開幕投手に指名した。もちろん情報は伏せられて開幕戦で驚かされたわけだけどな、当時は賛否両論あったし、これがきっかけて落合監督は何を考えているわからないという強烈な印象を持つようになったのは間違いない。
この川崎投手を開幕投手に指名したのは様々な意見が飛び交ったけど、一つは川崎に開幕投手という重責を与え復活の糧にできればという落合監督の考えもあったようだし、その川崎を勝たせてやろうとチームが一つになることを狙ったという話もある。それと開幕戦143試合あるシーズンの「1試合」と捉え、また優勝しても50敗はするうちの「1敗」という考え方で何も開幕戦を何としてでも勝つことはないだろうと。現にこの開幕カードは3戦目にエースの川上憲伸を登板させている。相手の先発の力が落ちるところでエースをぶつければ勝つ確率は高くなる。1勝をどこで勝ち取り、1敗をどのように使うのか?非常に柔軟性を持つ考え方という人もいた。
ちなみにこの2004年中日の開幕投手川崎に対峙したのはカープ。初回は3者凡退に抑えられるも2回に川崎投手から5点を奪いKOした。ま、ここまでは良かったけどその後は中日のリリーフ陣に抑えられ、黒田が終盤にひっくり返されて逆転負け。2戦目は野口、3戦目は川上憲伸に抑えられて開幕カード3連敗を喫した。中日の選手の口から「あの開幕戦でチームがひとつになった」と言われるほど印象に残る開幕カードだった。

チームが一つになる開幕投手は??そして理想のローテは??

こんなエピソードがあると開幕投手は「この人に勝たせてあげたい」とチームメイトが思える投手がいいのではないか?そんな気もする。もちろん勝たせたい投手を選別するつもりは毛頭ないけど、こういう角度から考えれば故障から復活を期す大瀬良が適任のようにも思える.大瀬良復活登板でチームが一つになり、恐らく出てくるであろう中日・大野雄に襲い掛かる。大瀬良がしっかり投げてゲームを作ればいい形で開幕白星をゲットできるだろう。これでチームが乗ってくるといいよな。
そして気になる開幕ローテだけど、仮に大瀬良が開幕投手なら2戦目、そして次のカードの頭をどうするのか?ここも重要に思う。昨季の開幕ローテは大瀬良⇒床田⇒森下⇒ジョンソン⇒九里⇒遠藤だった。これは佐々岡監督の考えがよく表れているように思う。カード頭にいい投手、2戦目に中堅クラス、そして3戦目に若手といった感じだよな。
もちろんキャンプ中だから開幕ローテはまだ決まっていないので何とも言えないけど、開幕投手が大瀬良なら2戦目に九里、次のカードの頭が森下となるように思う。残り3席に誰が入ってくるのかによっても変わってくるだろうけど残りの先発陣見ると床田、遠藤、野村祐、薮田、中村祐、それに中村恭平も先発でと言っているようだし、ここにルーキーがどれだけ絡んでくるかにもよる。コルニエルが支配下登録となれば、また変わってくるだろう。いずれにしても大瀬良、森下、九里の配置は1,2,4戦目になるような気がしている。誰が開幕投手になるかで変わってくるけどな。さて、同志の皆様はいかがお考えですかな?アタクシも移り気なもんでこの記事を書いているうちに大瀬良の開幕投手もありかも?と思えるようになってきた(笑)。ちなみにアタクシの予想は…開幕投手森下(大瀬良)、2戦目九里、3戦目床田 4戦目森下(大瀬良) 5戦目遠藤 6戦目薮田…かなぁ?まぁこの時点での予想は無理があるけどな(笑)
いずれにしてもまずはみんな開幕ローテを目標に故障なくキャンプを過ごして実戦でしっかり結果を出して欲しいよな。

(Visited 73 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ