これまでのキャンプを見てカープ投手陣の編成を考えてみる。栗林・大道を勝利の方程式に組み入れてはどうだろう??

これまでのキャンプを見てカープ投手陣の編成を考えてみる。栗林・大道を勝利の方程式に組み入れてはどうだろう??

 「広島春季キャンプ」(26日、沖縄) 広島の床田寛樹投手(25)がブルペン投球を再開し、カーブやスライダーなどの変化球を織り交ぜながら37球を投じた。「不安なく投げられた。しっかり真っすぐを投げることを意識した」と話した。

情報源: 広島・床田がブルペン投球再開「いい投手が多い。負けないように」
2月ってのは28日しかねぇから早く感じるよな。それでもって2月はアタクシの会社の決算月。まぁ色々と忙しくてあっという間に過ぎていくってのが2月なんだよな。プロ野球の正月ともいえるキャンプインから1か月が経とうとしている。今季は1,2軍の入れ替えがなく日南の情報があまり入ってこないんだけど、1軍キャンプの沖縄組ではそろそろ生き残りをかけてこの週末の対外試合で結果を出さなきゃいかん投手が目白押しだよな。中には薮田のように「次はない」と脱落を示唆された投手もいる。今日はこれまでの投手陣の出来から見て開幕の投手陣がどんなふうになるのか?勝手に想像してみるとするかねぇ。

先発ローテ、まずは3人が決定。森下、大瀬良、九里

まずは先発陣。佐々岡監督の口から6人中3人は決まりという発言が出た。まぁカープファンならコイツとコイツとコイツとね、スラスラ名前が出てくるだろう。新人王の森下。これが開幕投手最右翼だろう。そして昨季の開幕投手・大瀬良。術後の経過も順調なようでバッチリ開幕に間に合いそうだよな。昨季の時点で早々にシーズンを諦め手術に踏み切った判断はこれまでを見れば正しかったのだろう。ただ、故障と隣り合わせであることは否めない。ベンチも無理をさせずに上手に起用してほしいよな。そして昨季何かをつかんだ九里亜蓮。まぁこれまでの実戦登板では今一つピリっとしない部分もあるけど、しっかりゲームを作ってくれる能力、完投能力のある投手だからね、まぁ当確は妥当だと思うねぇ。

面白そうなのがルーキー・森浦と伸びしろに期待のスコット

残りの3席を争うのが6,7人から選ぶことになるわけだけど、薮田は残念ながら脱落。1軍キャンプに参加している先発候補から見ると遠藤、矢崎、床田、スコット、中村祐といった面々が候補だよな。そこに日南組から何人か絡んでくるだろう。情報はないけど野村祐輔はどうなんだろう??先発転向組の中村恭はどうなんだろう?そういえば岡田は元気だろうか??(笑)このメンバーで見ると床田が佐々岡監督の評価が高かったように思う。ただ、対外試合でアクシデントがあり途中降板があった。ファンをヒヤリとさせたけど、どうやら軽症のようだねぇ??ブルペンでの投球を再開したそうな。ただ、やはりアクシデントで後れを取っているのは間違いないよ。これからどれだけのスピード感を持って実戦に復帰できるのか??貴重な左腕投手だけに早く戻ってきて欲しいよな。それと遠藤も間違いなく入ってくるだろうねぇ。そうなると残り1席。この争いが結構面白いように思う。日南の野村が順調ならローテに入ってくるかもしれん。オープン戦でも投げてくるだろう。しかしこれがピリッとしないようだと、6番目の席は混とんとして来る。昨季の実績なら中村祐なんだろうけど、いい時と悪い時の投球が今のところははっきりしている。安定感が欲しいよな。なので印象的にはまだ良いとは言えないだろうねぇ。となると面白いのがスコットの存在。実戦登板で結果を積み重ねているよな。腕が上がり球速がアップ、そして変化球のキレや精度も増した。上から投げるようになってからはリリーフよりも先発向きという印象にも変化した。助っ人枠もバードやネバラスカスの来日遅れているからな、助っ人枠はがら空きみてぇなもんでね、これは相当チャンスなんじゃねぇかねぇ?
ルーキーの3投手の中でも先発向きなのは左腕の森浦のように思う。ブルペンよりも実戦向きというのがいい。まだ、長いイニングを投げていないので何とも言えないけど、貴重な左腕でもあるし、先発ローテに左腕が2枚入るとなれば、それに越したことはない。これからのオープン戦で先発テストがあるかもしれん。この6席目の争いにこの二人が入ってくるとなれば俄然面白くなるよな。

勝利の方程式にルーキー二人が入る可能性は??

さて、勝利を重ねる上で欠かせないのが「勝利の方程式」だよな。昨季は抑えが決まらずに「消去法」でスコットが抑えとして開幕を迎え、低迷した苦い経験がある。何としてでも開幕前に形を整えておきたいところだよな。しかしコロナの影響で昨季の抑えフランスワが出遅れている。また、他球団の抑えを見渡すとどうしてもフランスワが小粒に見えてしまうのも否めない。150キロを連発する投手がいなければ、大きな武器を持っている投手に抑えを任せるのもいいかもしれんねぇ。
そこで顔が思い浮かぶのがルーキーの二人。栗林と大道だよな。栗林にはフォークという大きな武器がある。かつての守護神で同じ背番号20を着けていた永川投手コーチもフォークの使い手だったけど、それを生かす真っすぐの力に安定感がなかった。永川劇場と揶揄されたのを覚えている同志も多いだろう。その永川コーチの現役時代に比べると栗林の真っすぐの質というのは安定感があるように思う。そういう側面から見ると栗林の抑えというのはいいように思う。
大道も投げっぷり、性格、そして落ちる軌道で来る高速スライダーね、こちらも抑え向きのように思う。以前にも書いたけど、自らの暴投でピンチを招きながらも自分の球を信じて抑えきった姿は素晴らしかった。自滅で自信を失う投手が多い中、それを跳ね返す精神力というのは抑え向きのように思う。楽しみだよな。
個人的には抑え栗林、8回大道でもいいように思う。7回をフランスワと塹江、ケムナが担うとなれば美しい方程式が出来上がるように思えるよな。

3連覇組がどう絡んでくるか?がカギか??

ただ、これらの面々は1軍の沖縄組。日南組で面白い存在がいるかもしれん。その辺の情報が少ないのでオープン戦で日南組がどれだけ出てくるのか?そして1軍に何人食い込んでくるんか??楽しみだよな。沖縄組では田中法は少々厳しいように思う。まだ若いし1軍のメンバーとキャンプを過ごせたのは貴重な体験だろう。これを活かして欲しいよな。コルニエルも非常に楽しみな存在だったけど実戦では経験の無さが出たように思うし、まだまだ1軍では厳しいかなぁと感じた。ただ、支配下登録してもいいようには思う。薮田も含めて2,3人オープン戦で入れ替えは確実にあるような印象だよな。となれば、日南にいる実績組、3連覇組がどう絡んでくるのか?その辺で投手陣が形成されてくるだろうねぇ。実績組では中田廉や保さんといった面々も1軍メンバーに入ってくるだろう。そして3連覇組の一岡、今村、中崎といった面々が今季どうなのか??興味深いよな。これは達川さんがキャンプ中継で言っていたけど中崎が非常にいいという情報もある。まぁ達川さんの話は7.8割で聞いた方がいいんだけど、16年の25年ぶりの優勝時のような真っすぐが戻ってきているとのこと。個人的には中崎は先発で休みながらの方が本人の為にはいいように思うけど、中崎が中継ぎ陣に組み込まれてくるとなると非常に心強いよな。一岡や今村もまだまだ老け込む歳ではない。3連覇組が一人でも二人でもブルペンに入ってくれると心強いよな。若手にもいい勉強にもなる。頑張ってほしいよな。

少ないオープン戦で勝利の方程式を確立できるのか??

今季のオープン戦はコロナ禍であり、2月のオープン戦が練習試合に切り替えられたので12試合かな?例年より少ないよな。もともとカープは昔からオープン戦をあまり組まない方なんだけど、それに輪をかけて少ないとなればファンとしても不安だよな。もちろんファームのゲームや地元社会人との練習試合など実戦の場は色々あるとは思うけど、これで勝利の方程式を作り上げるとなるとかなり難しい作業になるように思う。首脳陣でキャンプやこれまでの実戦を見てある程度骨組みを作ってそれを実戦で試すといった方法がいいのかもしれん。個人的にはぜひぜひ栗林、大道を勝利の方程式に抜擢して実戦で試して欲しい。力のある投げっぷりのいいブルペン陣は攻撃陣にもリズムを与える。そのリズムに乗って逆転のカープが復活するようになれば、V奪回の可能性も高まる。さて、どんな投手陣が形成されるのか?そういった観点でオープン戦を見ていこうかねぇ。

(Visited 638 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ