島内・矢崎が打たれて自力V復活がスルリ…4試合連続失点の守護神にカープファン界隈がざわつき始めたけど…新井監督、どうする!?

島内・矢崎が打たれて自力V復活がスルリ…4試合連続失点の守護神にカープファン界隈がざわつき始めたけど…新井監督、どうする!?

情報源: 新井カープ ブルペン陣誤算も「信頼が変わることはない」 痛恨逆転負けで自力V復活ならず

現場復帰してから1か月。いろんな角度から復帰してどうなのか??というのを見たいというのもあってこの1か月1日も休まず店に立ち続けた。30代の頃は馬力があったから3年間休まなかった時もあったけど、さすがに50代半ばになるとしんどいねぇ(笑)。まぁこの暑さも体力を奪っているというのはあるかなぁと。厳しい夏。ナイトゲームとは言えプロ野球選手もこの暑さで体力消耗も激しいだろう。特にカープは本拠地が屋外球場。ドームを本拠地にしているチームは比較的楽なのかもしれんけど、あんまり関係ないか??セ・リーグのAクラスのチームはみんな屋外球場を本拠地、ドーム球場本拠地はBクラスだからな(笑)。そんなこんなでここ数日は早めに就寝。昨日のゲームも島内が何とか勝ち越しを許さず同点の場面までしかみていない。朝起きて結果を見ると9回に勝ち越されて敗戦。真っ先に矢崎課長の顔が頭に浮かんだねぇ。ちょっとヘバってきてるかな??

上本無念の登録抹消

前日の阪神戦で上本、小園が途中退場。小園はこのゲームでスタメン落ちながらも代打で出場。大事に至らなくてよかったよな。しかし上本は左足半膜様筋筋損傷ということで太ももかな??登録を抹消された。上本本人はテーピング巻いて出ると直訴したようだけど、新井監督がストップをかけたようだねぇ。
今季のカープの快進撃を語る上で上本の頑張りというのは本当に大きいよな。あえて「大きかった」と書かなかったのはきっと上本が戻ってきてまた活躍する姿を見せてくれると信じているから。今は悔しいだろうけど、早く治して元気な姿を見せてほしいよな。

カープらしさで前半はゲームを支配

首位・阪神との3連戦を終えたカープ。新井監督が言う「勝負所」を終えたということでなんとなくだけどアタクシもポッカリ穴が空いたような気分でゲームを見ていた。いつもの巨人戦で湧きたってくる「巨人には絶対負けるな」という熱い想いが「あの阪神に勝ち越したんだから巨人には勝てる」という油断を生んでしまった(笑)。まぁカープのベンチ・選手にはそんな気持ちはないとは思うけどな、非常に気楽にみられたというのはある。
選手、特に野手陣は何か一皮むけたというかね、非常に落ち着いてゲームを進めていたように見えたねぇ。それを感じたのが先制点場面だ。
先発は森と戸郷。立ち上がりはその「格の違い」と言っては森に失礼かもしれんけど、森は巨人打線にヒットは打たれるけど何とか粘って、戸郷は1,2回を完璧に抑え込んだ。こうなると打線には期待が出来ず、森がどれだけ持ちこたえられるか??という展開がこれまでは多かったように思う。
ところがカープ打線は一つのチャンスをきっかけに戸郷を攻め立てる。3回、上本の代役である矢野がヒットで出塁。センター前にポトリと落ちた。まぁ巨人の外野もなんで矢野に対してあんなに深く守ってるのかなぁと不思議に思ったけど、よそ様のことなのでここまでにしておこう(笑)。8番大盛が倒れるも9番の森が送りバント。投手正面に転がって3塁封殺か!?と思われたけど、2塁ランナーの矢野が好スタートを切っていた。こういう見えない部分のプレーね、もちろん一か八かの側面もなくはないんだろうけど、矢野が自信をもってスタート切ったともいえよう。森のバントの技量も頭に入っていたんだろうねぇ。これで2死3塁。ここで菊池がワンバウンドでサードの頭を超えるタイムリー。菊池らしい呼び込んで巻き込んで強い打球を打つ打撃ね、巨人からするとイヤなヒットだったよな。続く野間の時に菊池が盗塁。ディレード気味にスタートを切って成功させた。これも巨人サイドからすればイヤな走られ方だったよな。その2球後に野間の打球は左中間の浅い凡フライ。これを秋広とブリンソンがぶつかって落球。菊池の盗塁が生きて2点目。仕上げは龍馬が技ありのライト前で3点目。この点の取り方は巨人サイドにかなりのダメージを与えたと思うねぇ。こうしてカープがゲームの主導権を握ったよな。

点差を詰められても引き離す

勝ち投手が見えてきた森だけど、5回に中田翔にツーベース、続く浅野にはプロ初アーチを献上した。まぁ浅野のバットの軌道上に森が投げ込んでしまった感じの一発でね、多少のもったいなさは感じたねぇ。森の失点はこの1発だけ。前回はやクルド打線にボコられたけど、しっかり切り替えてのマウンドだったと思うねぇ。6回は栗林、7回ターリーとしっかり巨人打線を抑えて完全に流れはカープかなぁと。それを強く印象づけたのが7回の追加点だよな。
この場面も先頭は矢野。巨人2番手今村から四球を選んだ。続く大盛が送りバント。そして代打堂林だ。ここで今村のワイルドピッチでランナー3塁。これで気が楽になったのか堂林が見事にタイムリー。勝利を確信する4点目だったよな。ここの所の堂林は非常に振れていていい状態。上位打線で使ってみたいよな。
こうやって相手にミスに付け込みながら点を重ねていくカープに対して、ヒットは打てどホームが遠い巨人。今季の成績を象徴しているようなゲーム展開に見えたんだけどな…

島内19試合ぶりに失点を許す

こうなればカープは勝ちパの8回島内、9回矢崎で逃げ切る。今日のヒーローインタビューは誰だろう??そんな風に考えていたカープファン同志も多かっただろう。一つ気がかりなのはここの所失点している矢崎。ここにつなぐにはもう1,2点欲しいなぁというのはあったよな。まさか島内が同点に追いつかれるというシナリオは全く想定ていなかったよな。
しかし島内は先頭の坂本に四球。今季の島内はこの四球を出さなくなったことで落ち着いて投げられているというのはあるだろう。島内自身もこの四球は想定外というか、これを出してしまったことで少し落ち着きがなくなってしまった感じがしたよな。続く岡本にはストライクを取りに行ったところを打たれてツーベース。無死2,3塁のピンチを作ってしまった。
この後も連打を食らって同点に追いついつかれた。なおも無死の状態でここで何点取られるんだ??というムードになってきた。まぁそれでも後続を断って勝ち越しを許さなかったあたりは今季の成長の証だろう。島内が失点したのは19登板ぶりだそうで、これまでの頑張りを考えたら、新井監督じゃないけど、「こういう時もある」のだろう。切り替えてほしいよな。

ただ、一つだけ注文を付けるとしたら最近は先頭打者を出すケースが多い。これまでは島内の球の力で何とかなったというのはあったと思う。これから順位争いをしていく中で、先頭打者をなるべく出さないことを心がけてほしいというのはある。島内もこのポジションで投げ続けるのは初めてだし、今年の夏はムチャクチャ暑い。疲れもあるだろう。だからこそ、先頭打者に全集中するくらい神経を使って投げてほしいよな。

矢崎は4試合連続失点「シンプルに悔しい」

最後矢崎が打たれるところは見ていないので書かないけど、同点の場面で矢崎が登板。ホームゲームなので守護神の登板は当然だし、その矢崎が打たれて負けたのだからこのゲームに関して言えば「仕方ない」のだろう。ただ、4試合連続失点という流れをみると考え方も変わってくるだろうねぇ。SNSを覗けばやはり「配置転換」「矢崎の疲労」を指摘する声が多くなってきたよな。中には一度ファームでリフレッシュという声もある。仮にそれをやるとしたら今が本当にギリギリのタイミングだろう。
そして新井監督の「信頼は変わらない」と起用を続けるスタンスにも疑問の声も上がっている。これまでも「どうってことない」「そんなの関係ない」と外野の声に言い訳することなく、選手を信じるスタンスを取り続けていることにも疑問の声が上がるようになってきた。まぁ負けてくるとそうなるのが世の常だけどな。

今季のカープはこの形で勝ってきたし、2位という位置にいるのは紛れもなく選手の頑張りと新井監督の手腕によるものだろう。アタクシは素直に認めたいと思っている。栗林不調の中、矢崎を守護神に抜擢した決断力、そしてそれに応え続けてきた矢崎。そんな中で栗林も調子を取り戻してきて今の勝ちパのブルペンの形が出来上がってきたわけで、今はその形に少し「疲れ」が出てきているというのは感じている。とにかく6連敗中も、阪神との3連戦も先発投手が早くマウンドを降りるケースが多かったからねぇ、アタクシは矢崎や島内の失点はここから来ていると思っているのよ。それと勝負の阪神との3連戦の反動ね、これもあると思う。なので配置転換を考えるよりもまずはここを何とかする方が先のような気がするねぇ。
阪神との2戦目か、3戦目か忘れたけど、連投の続いた島内を新井監督はベンチから外したように、ベンチに入れるどうしても準備だったり、使いたくなったりするもの。いっそのことベンチから外してしまった方が踏ん切りがつく。リリーフ投手をこういう休め方をする監督は結構いるだろう。矢崎に関しては今日明日の巨人戦はベンチから外して、移動日を合わせて3日くらいね、休ませるというのはいいんじゃないかなぁと。
もちろん一度下でリフレッシュという話もアリではあるけど、そうなるとブルペンを一度再編成しなきゃいけなくなってくる。守護神を誰にするのか??栗林にするのであれば、栗林のポジションを誰がやるのか??仮に栗林が守護神を務めても、6回7回に投げる投手がゲームを壊して栗林まで回らないというケースも出てくるだろう。案外、中崎を守護神で回した方が、いいかもしれん。他の若い投手に経験を積ませるのもいいかもしれん。益田とかね。
ただ、今は8月。これから勝負の9月になる。4月5月ならまだしも、大事な時期にそういった配置転換がうまく行くのか??という見方も当然あるよな。新井監督はどうするだろうか??

新井監督の選手を信頼するコメントというのはリップサービスではなく、本心なのだろう。うがった見方をする人は「それしかない」と批判するだろう。人それぞれなんで別にいいんだけど、これはこれで選手たちにはしっかり刺さっていると思う。だからこそ、今の順位であったり、いい戦いが出来ているんだと思う。それはね、ちゃんと認めてほしいよな。ただ、それだけでは勝負の世界は勝ち抜けていけないかもしれん。監督1年生の新井監督にとっても非常に困難な時期に差し掛かっているのは確か。さて、どんな形でこの状態を変えていくのか??怖くもあるけど楽しみの方が強い。見守っていきたいねぇ。

(Visited 5,463 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ