堂林翔太

1/7ページ

各選手の自主トレスタート!!會澤の充実ぶりに注目!!今季のルーキーも活躍の予感!?

○…広島の会沢と堂林が9日、鹿児島市の最福寺で護摩行を公開した。両選手ともに2017年に初参加して以来、毎年恒例の荒行。約1時間半、燃え盛る火柱と対峙し、会沢は… 情報源: 広島の会沢と堂林が護摩行「何年やっても苦しい」 正月も明けて1月も10日になった。広島ではコロナの陽性者が多数出て大変なことになっているようですなぁ。ただ今流行しているオミクロン株は重症化にはつながりにくいそうで、検査しないと風邪と見分けられないくらい弱毒だって話もある。もうワクチンを打った人も多く、飲み薬も出てきた。コロナ […]

痺れる投手戦も微妙な判定で惜敗…逆転CSは遠のくも最後まで胸を張って戦い切ろう

 「阪神2-1広島」(18日、甲子園球場) 広島は接戦を落とし、連勝は3でストップ。2年連続でのシーズン負け越しが決まった。また、この日、試合がなかった3位・巨人とはゲーム差が3に広がった。巨人は残り4試合、広島は残り6試合となった。 情報源: 広島・佐々岡監督 審判に「ジャッジが遅いんじゃないの」微妙判定、大盛戻れずアウト 負けられない戦いというのは緊張感の中、随所にいいプレーが出てね、ピリッとしたいいゲームが多いよな。昨日の一戦はカープ・九里、阪神は伊藤将の先発。九里はこのゲームで勝てば最多 […]

森下、ピンチでギア全開の完封劇!!大技+機動力で少ない点差で勝つのが今季のカープ流!?

 「ヤクルト0-2広島」(6日、神宮球場) 広島がヤクルトに完勝し、貯金を再び3とした。チームは3カード連続で初戦勝利となった。 情報源: 広島・森下 九回続投は志願だった 佐々岡監督が明かす「最高の勝ち方だった」 [ytmr_bb_scoreboard fsize=”1.2″ width=”900px” tm1=”広島東洋カープ” tm2=”東京ヤクルトスワローズ” scr1=”0/0/ […]

薮田は炎上で脱落。センター候補は大盛がリード!?堂林が泥んこになって好打、好走塁を連発!!

 「広島紅白戦、白組0-10紅組」(25日、コザしんきんスタジアム) 広島の堂林翔太内野手(29)が2安打2打点をマークし、盗塁を決めるなど好走塁を連発した。 情報源: カープ堂林が紅白戦で好走塁を連発 昨季チームトップ17盗塁、今季も「足」での貢献誓う ここの所、仕事にプライベートに慌ただしくてね、1週間ほど更新をお休みさせていただきました。仕事の方ではお店の改装。売り場を決めたり処分するものがあったりとね、なかなかのものだった。昔は改装となれば2週間ほど店を閉めてやるもんだったけど、コンビニ […]

こんな笑顔見たことない!!堂林2000万アップで契約更改!来季もひた向きに、ガムシャラに。

 広島の堂林翔太内野手(29)が22日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1600万円から2000万増となる3600万円でサインした。(金額は推定) 堂林は「倍以上の評価を頂きました」とうなずき、球団から掛けられた言葉に実感を込めた。「『今年一年、しっかり働いてくれた』ということを言われて、カープに入って11年(の中で)、一番いい言葉を頂きました」と明かし「ほんの少しですけど、恩返しはできたのかなと思いますし、また来年以降も引き締めて頑張らないといけないなという気持ちになりました […]

菊池8年連続GG賞獲得はこだわりの積み重ね。カープの選手の得票数から見る「本当の守備力」

広島菊池涼介内野手が8年連続8度目のゴールデングラブ賞を受賞した。今季は二塁手ではプロ野球史上初のシーズン無失策を記録。両リーグ最多得票となる283票で、セ・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 一塁まで3・5秒、広島菊池涼介鉄壁へのこだわり – プロ野球番記者コラム – 野球コラム : 日刊スポーツ 新型コロナウィルスがスゲェことになっているとマスコミは大騒ぎしてるんだけどな、今朝の […]

「ずっと悩んでいた」誠也の一打で打線に着火。やはり今のカープは「誠也のチーム」。この経験を来季に活かせ!

 「中日3-17広島」(30日、ナゴヤドーム 広島は終盤に打線が奮起して17得点で中日に大勝。存在感を示したのは鈴木誠也外野手(26)だ。七回に代打で登場し同点適時打、八回はダメ押しの25号2ランを放って相手を圧倒した。セ・リーグの本塁打王争いで3本差とタイトルも視界に捉える主砲。この日、巨人の連覇が決まったが、来季の覇権奪回を目指すチームは16年以来、4年ぶりのナゴヤドーム勝ち越しに王手をかけた。 情報源: 広島・鈴木誠 トドメ25号で吹っ切れた「最近ずっと悩んでいた」 どうやら、セリーグは巨 […]

ベンチから感じられない「勝利への執念」9回裏は2死でも代走出すべきではなかったか!?

 「広島-ヤクルト」(29日、マツダスタジアム) 広島の長野久義外野手が代打で同点2ランを放った。 情報源: 広島、代打・長野が同点2ラン「風に乗ってくれた」 会沢の適時二塁打がのろし それにしても、よく同点で終わった…というよりも初回の薮田のピッチングを見たら、誰もが「こりゃ、ワンサイド」と思っただろう。とにかく初回の薮田はバッティング投手のようにヤクルト打線に気持ちよ~く打たれていたよな。 ただ、気持ちよく打たれたのは初回のみ。フラフラの薮田を引きずりおろせなかったヤクルト打線はやはり下位の […]

1 7