河田ヘッド 外から見て感じたカープの凋落。「簡単には良くならない」は本音?それとも選手たちへの檄!?

河田ヘッド 外から見て感じたカープの凋落。「簡単には良くならない」は本音?それとも選手たちへの檄!?

【コーチが語る】<上>ヘッドコーチ・河田雄祐(53) 主軸も進塁打の意識を(中国新聞デジタル)

実にアタクシ事なんだけど、この1月で今の妻と結婚して10年になる。色々あって前妻との離婚が成立してすぐに籍を入れたんで結婚式も何もやっていないし、指輪も買ってあげていない。やれ、養育費だ、慰謝料だ、そして新しい自分の生活を始めるにも銭がかかる。正直、それどころじゃなかった。それでも愚痴一つ言わずついてきてくれた。本当にありがたい存在なんだよな。
10年経って養育費も終わったし、慰謝料の分割払いも終わった。そして何にも代えがたい二人の子供達にも恵まれた。当初は生活費で数万円しか渡せなかったけど、ようやく地に根を張り、足を着けて暮らせるようになった。この「10年」という節目に妻に指輪のひとつでも買ってあげようと思っていた。
今週の日曜にレストランを予約して家族でお祝いしようと計画していた。そのレストランから昨日電話があり「緊急事態宣言が発令されたのでラストオーダー19時、20時閉店になるけど、よろしいでしょうか?」と。レストランの主は「それならキャンセルで」と言われるのを覚悟していたようだった。
アタクシは外で飲み歩くのが好きなんだけど、基礎疾患があるのでコロナが流行りだしてからは外飲みはやめているけど、外食はしている。大声出したり大笑いしたり、酔った勢いで肩組んだり歌ったりはさすがに自粛しているけど、外でメシ食うくらいは問題ないと思っている。今回も盛大にパーティしようぜ!ということではなく、家族だけでささやかなお祝いと思っていたので緊急事態宣言が発令されようが雪や槍が振ろうが中止するつもりはなかったからな、「それなら、開始を30分早めていただいてよろし?」とお願いした。
レストランの方は「??」といった感じの間があった後、「では、当日はお越しいただけるということで…」と恐る恐る確認して来たので「もちろんです!ささやかな記念日の会食なのでよろしくお願いしますね」と伝えるとホッとしたようなため息とうれしさを隠せないような声で「もちろんですとも。では17時にお待ちしております」と言い電話を切った。恐らく、キャンセルが相次いだのだろう。自分も客商売やっているからな、心が折れそうになる気持ちは痛いほどよくわかる。もうさ、「がんばれ」なんて言えないのよ。商売やっている人の励ましになるのは「お客」だからな、当日はおいしいお料理を期待して、目いっぱいお世話になろうと思っているよ。それが飲食業に携わる人へのエールのつもりでいるかねぇ。
その話を妻にしたら「なんなら昼からいってもいいぜ!」だってさ(笑)。

インタビューから垣間見る「本音と建て前」

さて、カープの話題に移ろう。この時期は記事にできそうな話題が一番乏しいんだけどな、御用新聞に今季からカープに復帰する河田ヘッドコーチのインタビュー記事が載っていた。こういうインタビュー記事というのはそれぞれの立場から「本音と建て前」が聞き分けられるんで面白い。今回の河田ヘッドのインタビューは河田ヘッドらしく本音が満載の記事だった。その辺を拾ってみようと思う。
内容はまさに「外から見たカープ」の感想が満載だったよな。3年カープを離れてネット裏ではなく敵軍のベンチから、コーチャーボックスからその様子を伺っていた。一言で言えば河田ヘッドが在籍していた16年、17年からかなり「劣化」していると感じていたようだねぇ。そして「(チーム状況が)ここまで来ると簡単には良くならない」と語っている。さぁそれを聞いた選手たちはどんな気持ちを持っただろうか?
個人的には的を得ている部分はかなりある思う。それはタクローコーチとともにカープを離れてから、年々ただ「打つだけ」「投げるだけ」の野球になってきているのを肌で感じていたからねぇ。以前にも書いたけど名将や名コーチの教えの賞味期限は1年位だと思う。そのおかげで18年も優勝できたけどな、その後は一気にBクラス。もう、本当に「劣化」と表現するしかないだろうねぇ(笑)。このコメントに関してはかなり「本音」で語っているようにも思える。ただ、ここまではっきり言うという行動の裏には選手たちへの檄文として読めなくもない。そういう意図もあるかなぁと。「お前たち、キャンプは覚悟してけよ!」とね(笑)。

なぜ、巨人がカープに勝てなかったのか??

今季はチーム打率や得点はリーグ上位ながらも「生きた得点」が少なかったよな。まぁそれがBクラスの要因のひとつだろう。特に犠牲フライの少なさは群を抜いている。「1点を取る野球」がムチャクチャヘタクソになった。そんな印象だよな。ランナーがいてもお構いなし。みんなブルンブルン振っているだけ。
河田ヘッドも
「バント一つできない」「フルカウントで走者がスタートする状況で、空振りする。」「走者が走るっていうのに、ぶんぶん振って本塁打を狙われても困る」そして「チームとして成り立たない。」とも言っている。これが外からみた「カープの印象」なんだよな。これだけも「弱い」というのが伝わってくる。特に「チームとして成り立たない」という印象は内側にいる選手たちも同じように感じていた選手が多かったんじゃねぇかねぇ?
誠也を筆頭に主力選手たちはさかんに「チームがひとつになって」「チームが勝てば個人成績は別にいい」といっている。佐々岡監督も最初は一体感を掲げてシーズンに臨んだけど、なかなかそういった光景を目にすることは少なかったように思う。この辺は誰が…とは言わんけどな、昨季主力選手たちが胸につかえていた「何か」が河田ヘッドが復帰することで解消できるのではないか?そんな期待から出ている発言のように感じるんだよな。
昨季、巨人に対戦成績で久々に負け越した。シーズン終盤はだいぶカープの野球を取り戻して連勝して差を詰めたけど、終わってみれば、12勝9敗3分。勝ちきれないゲームも多かったよな。ではなぜその前までの5,6年カープは巨人に勝ち越せていたかと言えば、見失っている「1点を取る野球」「チームで戦う野球」ができていたからなんだと思うし、巨人はそういう相手を必要以上に警戒し、嫌がるチームなんだということだと思うわけよ。そういった野球をカープができなくなったから、今季巨人はカープに勝ち越せたように思う。ペナントを制する上で巨人を叩いておくことは非常に重要だよな。そういった野球を復活させる上で河田ヘッドへの期待というのは大きいよな。

主力にもチームバッティングを徹底!「イヤなら試合に出るな」(笑)

このインタビュー記事を読んでいるといかに勝つ為にチームバッティングが必要なのか?ヒシヒシと伝わってくるよな。主軸であり、スター選手である誠也にも一発の期待がかかるクロンにもチームバッティングを求める。それをしっかり河田ヘッドは「伝えられる」コーチだからこそ、選手や首脳陣からの信頼が厚いのだろう。そういった人材が「ヘッド」であるというのは本当に心強いよな。言いづらいことも言えることで定評のある河田ヘッドだけど、この言いづらいことを言うことがどれだけ大変かってのは組織の中に身を置いている人なら誰でも理解できるだろうねぇ。
前ヘッドを引き合いに出すのはどうかと思うけど、高前ヘッドはどちらかと言えばチームの「和」を重んじるタイプだったように思う。この「和」というのもチームスポーツでは非常に大事な要素のように思う。ただあまり重んじすぎると「可能性」や「やる気」を削いでしまう危険性もはらむ。反発を恐れ、和が乱れれるのを恐れるがあまり、言いたいことが言えなかったり、沢山の「妥協」に押しつぶされてしまう可能性がある。そしてある一定レベル以上の成長が難しくなるように思う。
やはり組織の上にいる人間が言いたいことややりたいことをしっかり示すというのは大事だと思うし、そこに近づけるためには言わなきゃいかんことも時には言わなきゃいかんだろう。そこに反発や反目が生まれるかもしれないけど、その先に「勝利」という共通の目標があれば、いずれ理解してくれるだろうしな、妥協が生まれない分成長も見込める。言っても理解できないのであれば、もちろん話し合う必要はあるけど、シーズンは待ってくれない。時にはゲームに出さないという行動も必要になるだろう。そのくらいの覚悟あるんだよな、河田ヘッドには。主力選手が復帰を歓迎するってのは覚悟がある人には人はついてくるものんなんだろうなぁというのを実感するよな。

1番広輔から見る2021年の広島野球とは??

その河田ヘッドがFA宣言せずにカープと複数年契約を結んだ広輔を1番で起用すると明言しているよな。これについては同志のご意見も様々だろうねぇ。広輔も30を過ぎているし、3連覇時代のように盗塁に関してはあまり期待できないよな。アタクシも昨日の記事で「一発」と「盗塁」を増やすことが優勝へのカギだと書いた。なので1番広輔というのはどうなのだろう?という疑問が残る。
まぁカープの1番打者というのは俊足好打でチームをひっぱる打者のイメージが強い。塁に出れば果敢に盗塁、エンドランなどを絡めて相手投手を揺さぶっていく。こういう選手像があるよな。
河田ヘッドも今の主力を見て16年、17年のイメージを完全に捨てたと言っているし、そうなるとエンドランやバントが増えてくるんだろうねぇ。そうなれば菊池の2番というのも現実味を帯びてくる。タナキクの1,2番の復活だよな。この辺の練習がキャンプで増えてくるのは予測されるだろうねぇ。
それと野間を毎日でも特守をやりたいと言っている(笑)。やはりヤクルトにいる間も野間を気にかけていたんだろうねぇ。この野間がキャンプでアピールするとなれば、構想も変わってくるだろう。以前在籍していた時にはいなかった大盛や羽月を見て新しいアイデアが浮かぶかもしれん。まだまだ色々なバリエーションが出てくる可能性はあるよな。
ただ、いずれにせよ、近年のカープは盗塁の練習を全然してねぇみてぇだからな(笑)、小技を絡めたスモールベースボール中心のチームになっていくように思う。どんな「広島野球」を見せてくれるか楽しみだよな。

コーチも鍛えなおす!?そこは本当にお願いしたい

最後にコーチもしっかり教えているか?見ていきたいというようなことも言っている。まぁカープのコーチと言えば高前ヘッドが一番長いだろうねぇ。その高コーチが1軍から外れたことで新しいカープのコーチ像を作っていくことも河田ヘッドに期待したいよな。カープのコーチってのはどうしても身内が多いし、入れ代わりも1,2,3軍のエレベーター方式でしか行われていない。じっくり長い目でと言えば聞こえはいいけど、選手はその年その年が勝負。やはりしっかり見てあげるコーチがいるといないとではかなり違うだろうねぇ。河田ヘッドは長くパ・リーグでやっているし、同一リーグのヤクルトも3年見ている。数少ない「壁の向こう側」を知っているコーチ。本来なら選手が真面目にどん欲に野球に打ち込む選手が多いカープならどんどん外部の血を入れた方が効果が出るように思うけどな、そういったコーチは河田ヘッドしかいない。
その他のコーチも外に出ていないから「カープのやり方」しかわからない。これもどうかと思うよな。そういう意味でも河田ヘッドがコーチの育成も意識してくれるというのはいい話だよな。その辺も期待したいよな。
なんか、河田ヘッドに全てを背負わせてしまうような記事になっちまったけどな、選手は「勝ちに飢えている」。そういう状態で河田ヘッドが復帰してくれるのは大歓迎だろう。今季はカープが再びセ・リーグの各球団から恐れられるようなチームを作り上げて欲しいよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

(Visited 63 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ