忘れちゃいけねぇ正随優弥も4番候補!!ルーキー黒原にはボーク疑惑!?第1クールを総括

忘れちゃいけねぇ正随優弥も4番候補!!ルーキー黒原にはボーク疑惑!?第1クールを総括

広島正随優弥外野手が投手を相手にしたフリー打撃で2日連続柵越えを放った。##head##–【関連記事】広島ニュース一覧–https://www.nikka… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島正随優弥、2日連続の柵越え「取り組んできたことが少しずつ形に」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

2月に入ってから結構忙しくてね、カープのキャンプ中継も初日しか観られなかった。その分ネット記事を読み漁っているんだけど、ここまでを見ると大きな出遅れや故障もなく、みんな順調のようだねぇ??若い選手にも活気があるようで、この辺の要因はやはり誠也のメジャー移籍から来る外野争いであったり4番争いというのが大きいだろうねぇ。投手陣に関しても3本柱と守護神が決まっている以上、残りの先発ローテの椅子、そして栗林までつなぐセットアッパーの椅子とね、この地位を何とか勝ち取りたいという気持ちがぶつかりあっているよう思うねぇ。今キャンプはルーキー5人が1軍キャンプに抜擢されている。こうしたルーキーたちが熾烈なポジション争いの着火剤になっていることは間違いないだろう。2軍スタートの選手も何とか沖縄に行きたいという思いで取り組んでいるだろう。若い選手が多いだけに今からワクワクするよな。今日は第1クールで気になった話題に触れてみようかねぇ。

正随が存在感を発揮!!ポスト誠也に名乗り

アタクシは正随にお詫びしなきゃいかんと思ってる(笑)。これまでもポスト誠也、4番候補という話の中であれだけ「右打者」にこだわっていたにもかかわらず、正随の名前を上げなかった。それに奮起したかはわからんけど(笑)、実戦打撃で一人さく越えを放つなど、首脳陣に猛アピールだよな。確かに新助っ人やルーキーに目を奪われがちだけど、昨季ファームでも好成績を上げて1軍昇格の矢先にコロナ陽性とついていないところもあった。不完全燃焼だっただろうねぇ。誠也がいなくなって俄然チャンスが巡ってきた。ルーキーの末包や中村健もアピールしているけど、やはり実戦で結果を出すってのはポイントが高い。その辺をいの一番で結果を出したあたり、正随の中で期するものがあったのだろう。正随優弥。忘れちゃいかんよな。とにかくキャンプで結果を出し続けなきゃいかん立場。アタクシの中でちょっと気になる存在になってきたかな。

小園は菊池とコンビ強化のために志願の特守

小園が菊池とのコンビ強化のために特守を志願したそうだねぇ。この辺はショートのレギュラーを確固たるものしようと言う熱意の表れだろうねぇ。その心意気に菊池が応えた。そんな感じだよな。この辺、昔は後輩の練習に付き合うなんてぇのはあり得なかったけどな、菊池も若い選手たちの為に一肌脱いだ。この辺は新井さんや黒田さんにそうしてもらったように、今は菊池がその立場になったという自覚があるんだろう。いい伝統は引き継いでもらいたいよな。恩返しならぬ「恩送り」という言葉がある。小園も三十路を過ぎたら後輩たちにこれまでの経験や技術をどんどん伝えていって欲しいよな。

小園にとってこのキャンプと昨季のキャンプを比べるとモチベーションはかなり違うだろうねぇ。昨季は復帰した河田ヘッドが「タナキク復活」を公言していたし、小園自体も調子が上がらなかった。もがいたキャンプだったろう。しかし今季は1軍スタート、そして昨季の成績ね、あと1本出れば3割という惜しい部分もあった。3割打者の壁を経験したことだろう。これが糧になっているような気がするねぇ。将来はカープの看板になる選手。今季は一気に.320位打ってポジションをしっかり固めたいよな。そういった気持ちが菊池との特守志願だったり、練習態度にも表れているように思う。問題は打順ね、昨季は2番が多かった。キャンプ初日の中継の解説だった金石さんの話によると、ベンチは小園の1番に難色を示しているようだねぇ??足がメチャクチャ速いわけではないし、積極的に打ってくる性格のため、初回に打てば盛り上がるけど、早打ちは相手先発を助ける側面もある。その辺の理由で1番を回避していたようだねぇ。と、なると個人的にはぜひ3番を狙ってほしい。昨季も3番を打っていたけどな、このくらいの若さで3番に定着すると打線の核ができるしな、自ずとポスト誠也の4番も育ってきそうな気がするよな。まぁいずれにしても今季の小園には注目だよな。

育成3人衆は持丸が佐々岡監督に猛アピール!!

このキャンプで個人的に注目しているのが1軍抜擢された育成の3人衆。二俣、木下、持丸と打撃が売りの3選手だけど、このキャンプで支配下登録されるかどうかの大事な時期だよな。昨季はコルニエルがキャンプでアピールして支配下を勝ち取った。誰が出てくるのか楽しみだよな。その中で持丸が打撃でアピール。佐々岡監督の目にもとまったようだねぇ。木下はコロナで出遅れているだけに持丸としてはどんどんアピールしていきたいよな。まぁいずれにしてもまだまだ先は長い。好調をキャンプ、オープン戦と持続して行かないといかんからな、持丸には今の調子の維持を二俣や木下には焦らずと言ってあげたい。第2クールになれば紅白戦も行われるだろうしシート打撃もある。第3クールでは他球団との練習試合もあるだろう。こういう場面で結果を出すことが大事だからな、しっかり結果が出るように練習に取り組んでほしいよな。

黒原にボーク疑惑!?引きずらないといいけど…

投手陣を見渡すと3本柱や栗林は順調のようだねぇ。九里にいたっては新たな新球・縦に割れるスライダーを松坂さんから伝授されたそうな。最多勝のタイトルを獲ってもピッチングの奥は深いと感じているのだろう。そこを探求すべく新球に挑む九里というのは素晴らしいよな。何だろう??勝っているからこそ欲が出るというかね、もっともっと上手くなりたい、もっともっといい投球をしたいという気持ちがどんどん溢れてきているんだろう。今季の九里にも注目だよな。
そんな中、ドラ1の黒原の投球フォームに審判から「ボーク」を宣告されたそうな。なんでもセットの時に2段モーションになる部分が問題らしい。佐々岡監督も「ムム」と感じたらしく、修正を余儀なくされた。黒原本人は修正は簡単とは言っているけど、果たしてこの辺が実戦になって引きずるのではないか??個人的には心配してるんだよな。特にルーキーと言うこともあって今後の影響は小さくないように思うねぇ。
2段モーションと言うと、大瀬良のように足をあげて一度制止し、再び始動する投げ方が一般的な認識なんだろうけど、黒原はモーションと言うよりはセットの入り方のようだねぇ。一度お腹のあたりで制止、その後グラブをあげてまた胸の位置で制止といったところが「二段セット」ということらしい。まぁ気をつければ問題ないとは思うし、直接投球に影響はないだろう。
ただ気になるのは、大事なところでこうした部分がポロっと出てしまったりね、審判に目をつけられてしまうという部分に関しては不安は残るよな。過去にも牽制の仕方や投球フォームでボークを指摘されておかしくなった投手はいるし、100%大丈夫とは言い切れない。ただキャンプの早い時期での指摘はむしろプラスと考えた方がいいだろうねぇ。実戦中にボークを取られると厄介だからな。このキャンプでしっかりフォームを固めて頑張ってほしいよな。

ルーキーたちも今日はキャンプで初めての休日。慣れない環境で体力的にも精神的にも気を使ったりと疲れもあるだろう。ゆっくり休めと言いたいけど、プロになったとなれば周りがほっとかないだろう。例年だとルーキーの初めての休みはキャンプ地での体験リポートみたいのをやらされる(笑)。まぁこれもプロの仕事と言えば仕事だよな。ファンを楽しませるのはグランド以外の場所でも求められるからな。これも試練だよな。まぁ1日も早くプロの水になれて1日も早く本領を発揮してほしいもんだよな。

(Visited 663 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ