柳を打ち崩せず中日に3タテ許す!!開幕6連勝後の3連敗、今季のカープは強いのか??弱いのか??

柳を打ち崩せず中日に3タテ許す!!開幕6連勝後の3連敗、今季のカープは強いのか??弱いのか??

 「中日1-0広島」(3日・バンテリンドーム) 中日・柳の前にわずか3安打で今季初の完封負け。まさかのバンテリンドーム3連敗となった。頼みのクリーンアップは2試合連続の無安打では苦しい。広島・佐々岡真司監督(54)は「地元に帰って、もう1回やり直し」と切り替えた。今季3戦無敗の本拠地マツダスタジアムで首位・巨人を迎え撃つ。

情報源: 広島・佐々岡監督 無敗マツダで「やり直し」 上本“休養”で今季初完封で3連敗

先週の今頃は開幕カード3連勝で沸きに沸いたカープ界隈も1週間後には中日に3タテ食らって失意の帰広。昨季は相性のいい相手だけにまさかまさかの3連敗はちょっと驚きだよな。まぁ3戦目に柳が先発ということでゲーム前にはこの予想は十分できたし、やっちまったことは仕方ない。それでも貯金は3つあるんだしな、今後の戦い方次第で、開幕6連勝というのいがに大きかったというのかがわかるだろう。今は慌てず騒がずだろう。

遠藤は柳と堂々と投げ合い6回1失点

カープ先発は遠藤。前回の登板も好投してくれていたけど、打線のめぐりで早々に降板。連敗ストップの十字架を背負いながらの登板だったけど、低めを丁寧についていい投球だったよな。攻めるところは攻め、引くところは引く。持ち前の強気な投球が少しずつ戻ってきた印象があるねぇ。まぁこのバンテリンドームは少し間違ったからと言っても一発は食らわない。そのくらい腹をくくってやれば、投手にとっては非常にやりやすい球場だろう。この日は曾澤に代わって磯村がマスクをかぶったけど、いいリードだったように思うねぇ。まだ白星はついていないけど、この投球をすればいずれ恵まれるだろう。佐々岡監督も遠藤の成長には目を細めているだろうねぇ。

黒原、松本竜も好投。投手陣は栗林以外は万全か??

遠藤の後を投げた黒原や松本竜も1点もやれない終盤に非常にいい投球をしたよな。黒原は多少荒れ球だったけど、これが黒原の持ち味でもあるだろう。あまりコントロール云々を言わない方が黒原のペースで投げられるだろうねぇ。課題はランナーを出したときにこの荒れ球が足を引っ張る可能性はある。まぁその時はその時でね、まだ1年目。打者めがけて思い切って投げ込み、まずは自信をつけること。ビハインドのゲームに登板することが多いだろうけど、登板ごとに結果を出して、一歩一歩重要なポジションに上がっていけばいい。そういうフェーズでみれば、ナイスピッチングだったと思うし、これを続けほしいよな。
松本竜は真っすぐに力が伝わるようになってきたように思うねぇ。こちらもどんどん結果を重ねれば、6回、7回を任せられる存在に成長する可能性はあるよな。とにかく先輩投手の投球を目を皿のようにしながら見つめているシーンを何度か見かけるけど、本当に「上手くなりたい」という思いが伝わってくる投手。今後の成長が楽しみだよな。

2戦目は延長12回で勝ちパターンの投手がそれぞれ持ち味を出してくれた。昨日のゲームではビハンドで登板の投手もいい投球をしてくれたよな。ブルペン陣の質は昨季と比べると、格段に良くなっているよな。と、なれば、サヨナラ負けを喫した守護神・栗林が唯一の不安ということになる。そう考えているカープファン同志は多いだろうねぇ。あくまでも個人的な考えだけど、次の登板ね、ここがポイントだろうと思う。次の登板でセーブをあげれば大丈夫だと思うけど、次も失敗となれば抑えを一時的にでも中崎と入れ替えてもいいと思う。これは早ければ早いほどいいように思うねぇ。まだまだ開幕したばかりだし、6連勝で貯金もある。本来の栗林の投球を取り戻すためにも一度抑えから外れてみるのもいいと思う。まぁ相手も研究してきているわけだし、それに対して栗林が対処しきれていない部分もあるだろう。それがプロの世界。昨季は無双だっただけに今季は少し頼りなく見えるかもしれんけど、アタクシは栗林は対応できる投手だと思ってるんであまり心配はしていないけどな。

打線は柳の前に3安打で3塁も踏めず

ベンチはこれまでのスタメンから少し手を入れてきた。快進撃の立役者である上本を「休養」で休ませた。それとスタメンマスクに磯村を起用した。遠藤との相性もあるんだろうけど、曾澤を少し休ませる形にした。この二人を休ませたことで少し打線が小ぶりになったというか、迫力とつながりに欠けてしまった印象を受けたねぇ。この辺、林が1軍にいれば見劣りしない印象を受けるけど、上本を休ませるとなるとサードがいない。柳対策、あのスライダーあたりは松山が好きそうなタイプだっただけにスタメンで出ればちょっと変わっていたかもしれん。4番松山、5番坂倉、6番マクブルームといった並びの方が相手はイヤだったんじゃないかねぇ??まぁ休養も大事なこと。特に上本は今季初の6連戦、延長12回もやっているし、これまでにない「疲れ」も出ているだろう。昨日、今日と休んでまた元気な姿を見せてほしいよな。

小園が不振…これも試練。乗り越えろ!!

この中日との3連戦。これまで打線を引っ張ってきた西川や小園から快音が聞かれなくなった。まぁこの辺が得点に絡んでこないとカープ打線は苦しいよな。西川は最終打席、得意の悪球打ちで内野安打が出た。しかし小園に関しては最終打席で代打を出されるほどの打撃不振。打撃が不振ならばつなぎ役として頑張りたいところだったけど、大事な7回のチャンスにバントできなかった。この辺、解説の彦野さんが言っていたけど、打撃不振の時はバントもできないものと言っていた。まさに小園は苦しい立場になってきたよな。
おそらく、小園は開幕スタメンに標準を合わせて調整してきたのだろう。その結果、見事に開幕を3番ショートで迎えることができた。オープン戦もフル出場してきたし、最初の疲れに見舞われていることだろう。小園本人もベンチも小園には「フル出場」を念頭に置いているはず。ならば、シーズンに何度か訪れる「不調の波」をどう乗り越えていくのか??が一つの大きな課題になってくる。これを小園自身がどう対処してやっていくのか??今後の小園に注目だよな。

守備からリズム、ベンチの仕掛けも必要??

もう少し小園について書こう。この不調からの脱出は何も打撃練習を重ねるだけではできないかもしれない。ならば、別の分野からリズムを作っていくことも大事かもしれん。例えば守備から。おそらく打撃のことで守備に集中できていないかもしれんけど、打てないならしっかり守るという気持ちから入るのもいいかもしれん。何か大きなファインプレーでリズムを作っていける可能性はあるだろう。積極的な攻めの守備に徹するのもいいかもしれんよな。
それとベンチもあえて小園を動かすというかね、いい例が7回のバント失敗の場面。あそこはバントよりも初球からヒットエンドランのサインで小園に有無を言わさず打たせる、振らせるというのもよかったかもしれん。過去の名将は得てして不振の打者にそういったサインを出し1,2塁間を抜けるヒットが出たりしてリズムを取り戻すケースが多々あった。それがきっかけで不振から脱出する選手も数々いたように思う。不振だからと言ってベンチも消極的になりがちだけど、むしろ周りから盛り上げていくのも一つの手じゃないかねぇ??

好投手ほどチームで攻略を!!

昨季は柳に何度もやられている。2連敗しての3戦目でなんとしてでも柳を打ち崩さなければ、3タテされる。ベンチも柳対策を試行錯誤しながら選手に指示を出していたことだろう。ただ、その内容はたぶん「追い込まれる前に打て」や「ファーストストライクを積極的に」といった早打ち傾向の指示が出ていたと多くのカープファン同志も察知していたことだろう。個人的にはこれ、柳の立場からすれば、中日ベンチからすれば大変「ありがたい」作戦だったかもしれん。特に前日延長12回をやって勝ちパターンの投手を繰り出してきたわけで、できることなら柳に長いイニングをというのがベンチの本音だろう。積極策はある意味、柳の完投をアシストした形になったように思うねぇ。
アタクシは逆に好投手や、苦手投手相手になればとにかく球数を投げさせた方がいいよう思うねぇ。球数を投げさせれれば相手ベンチも柳の次の投手の準備を考えるだろうし、一度考えれば当然、柳の代え時を考えながらゲームが進んでいく。苦手な投手が早くマウンドを降りてくれれば、それに越したことはないだけに、ゲーム序盤から中盤にかけてカープ打線が柳の完投・完封を助けたような形になっちまったよな。イニング当たり20球以上を投げさせたのは2回の攻撃と最終回だけ。この辺、序盤でもっと投げさせていけば、展開が変わったように思うねぇ。さて、カープファン同志の皆様はいかがお考えですかな??

地元で強ければAクラス入りは射程圏

さて、名古屋で失意の3連敗。地元に戻って開幕から好調の巨人を迎える。今季はまだ3試合だけどマツダでは負けなし。地元ゲームのアドバンテージを活かして巨人をここで止めておきたいよな。
これまで3年連続Bクラス。この大きな要因として地元で勝てなくなったというのはあるよな。3連覇時代は地元で20以上の貯金をしていた。その後コロナで地元声援の後押しがなくなり、それに伴って地元での勝率もかなり下がったよな。そういう意味からしてもカープが今後Aクラス、さらにその上を行くのであれば、地元での強さは絶対条件になる。開幕6連勝後3連敗というのは決して強いチームのやることではないし、まだまだカープが発展途上のチームであることを意味していると思う。このままズルズルと連勝した分連敗する可能性は十分にあるだけに、明日からの地元で巨人との3連戦ね、この結果は今後のカープの行く末を占う大きな3連戦になるだろう。とにかく一発がないんだから、相手のイヤがることを続けていく野球をしなきゃいかん。巨人もマツダスタジアムにはいい印象を持っていないだろうし、先発投手も若いのが多いだけに、どんどん揺さぶって主導権を握ってね、この3連戦、突っ走ってほしいよな。

(Visited 643 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ