新監督は新井さん!?球団は賢明な判断。ポイントは新監督を支えるコーチ陣!?

新監督は新井さん!?球団は賢明な判断。ポイントは新監督を支えるコーチ陣!?

 球団OBの新井貴浩氏(45)=デイリースポーツ評論家=が、広島から新監督就任要請を受け、受諾したことが6日、分かった。近日中にも正式発表される。佐々岡監督が成績不振を理由に9月下旬、辞意を申し入れ、了承された。球団はOBを中心に新監督の選定に着手していたが、4年連続Bクラスのチーム再建は3連覇達成時のリーダーに託された。 新星カープの指揮を執るのは新井氏だ。16~18年のリーグ3連覇の立役者は、愚直な人柄で絶大なリーダーシップを発揮してきた。選手をひとつにまとめてきた手腕や鋭い野球理論に、球団はチーム再建を託した。

情報源: 新井貴浩氏 カープ新監督就任要請を受諾 3連覇の立役者にチーム再建託す

佐々岡監督辞任のニュースが10月2日の日曜日。この週末か来週頭には新監督の発表があるだろうとカレンダーと睨めっこしたあと昨夜は床についた。今朝は朝4時出勤でネット記事を確認しても新監督のニュースは出ていなかった。レジに立っていつもデイリースポーツを買うお客様の新聞を見て仰天。なんとカープの新監督が新井さんだと。店の入り口にデカデカと書いてあったのをスルーしてしまった。カープファン歴47年のアタクシとしたことが不覚だった(笑)。まぁ新監督についてはSNSではカープファンそれぞれが鈴木本部長になった気分でいろいろなOBの顔が新監督として浮かんだだろう。あれはあれで観ていて面白いし、皆さんそれぞれに「カープ愛」を感じていてね、どんな結果になるのか??非常に楽しみにしていたよ。これで新監督も決まったし、来期に向けてスタートが切れる。よかったよな。

佐々岡監督辞任、即新監督の発表がなかった時点で東出コーチ昇格は消えた??

アタクシは今季の途中から来季の監督について予想をこのブログで展開してきた。まず50%は佐々岡監督続投だろうと。次に東出野手総合コーチの昇格。この2点のどちらかだろうと書いてきた。このカープファンが頭を抱えそうな予想記事は一向に主力が抜けても補強しないカープ球団に対して、皮肉をたっぷりぶつけるつもりで書いた。佐々岡監督続投はカープファンが一番望まない選択肢だろうし、今季のつまらいない野球の片棒を担いてきた東出コーチもカープを変えることはできないだろう。佐々岡続投の次に望まない監督人事だと思った。この二人をチョイスした時点でカープは完全に暗黒に入る。その危険信号を読者の方々に訴えるつもりであえた大げさに書いたという側面がある。カープ、このままでいいのか??黙っていたら来期も佐々岡監督だよ??東出コーチ昇格だよ?それでもいいの?声を上げなきゃ。といった気持ちを込めてね。

今季3位に滑り込めばカープ球団は「来期も佐々岡監督で」と大きく舵を取っただろうしその確率は上がっただろう。しかし佐々岡監督は今季の優勝がなくなった時点で辞意を伝えたというから、やはり3年目で優勝という結果を出せなければという覚悟があったのだろう。辞意を伝えたのがヤクルトの優勝が決まった時というから9月25日もしくは翌日の26日に球団に伝えたのだろう。辞任が明らかになったのが10月2日だから佐々岡監督の辞任と新監督をセットで発表の準備をする時間はあったと思う。しかし発表は佐々岡監督の辞任だけだった。この時点でアタクシは東出コーチの監督昇格もないと感じた。球団が別の選択肢を考えたということだろう。これはこれで個人的にはよかったと思うねぇ。

これまでもカープの場合は新監督は内部昇格でやってきた。しかしコーチ陣を見渡してみても次期監督候補は100歩譲っても東出コーチくらいしか見当たらないし、恐らく入団時にはそういった「手形」も出ていたのでは??という噂は今でも耳にするしな、カープ球団が東出コーチに監督要請をすればすんなり決まっていただろうと思う。ならば、せめて佐々岡監督辞任の翌日でも新監督の発表があるはず。それが、ないことで外部との交渉をしているというのが分かったよな。この時点で少しホッとしたし、カープ球団も少しはこのままじゃいかんと感じてくれているのかなぁと。予想は思いきり外したけど、個人的には「よかった」と思っているよ。

いずれは新井監督というのはあったけど、手順は踏むと思っていた

アタクシはこの新井新監督の誕生は「意外」だった。まぁいずれは新井さんは監督をやるだろうとは思っていたし、その青写真をカープ球団も持っていただろう。ただ、いきなり監督というのは「ない」と思っていた。それはなぜか??
一番大きいのは指導経験だろう。将来、新井さんにチームを預けるのであれば、2軍監督や1軍のコーチを2,3年やってからと勝手に思っていた。そういう手順を踏んで監督になるだろうとね。

カープはこれまでの歴史を見ると「これだ」と思ったOBにいきなり監督を任せるということはやってきている。例えばミスター赤ヘルの浩二さんは引退後2年解説者を務めてカープの監督に就任した。ただ、このころはスター選手がそのまま監督になるのが当たり前の時代ではあった。

野村謙二郎さんも入団時から将来はカープの監督になると言われていた逸材。しかし野村謙二郎さんも引退後は解説者の後、アメリカにコーチ学の勉強に行ったり、大学院に合格して勉強したり、客員教授をやったりと臨時コーチはやったことあるけど、いきなり監督に就任した経緯がある。まぁ珍しくはないんだよな。

ただ、新井さんの現役時代のイメージは決して器用ではなく、特に20代の頃は4番に座らされて浩二さんから4番というものを叩き込まれた。打てずに叩かれる日もかなりあった。この時のイメージがアタクシは非常に強く、いきなり監督というのは酷なのではないか??勝手にそんな風に考えていたんでね、個人的には監督経験者が指揮を執り、その傍らで勉強してから監督という流れかなぁと思っていたんだよな。

野村謙二郎監督、新井ヘッドの「駒大ライン」が有力

昨日までSNSでは新監督は誰か??そしてヘッドコーチは誰か??なんて議論が飛び交っていた。人の考えを聞くのも楽しいよな。中には黒田さんを監督にという声もあった。まぁカープにとって英雄でもある黒田さんが監督になってね、強ければいいけど、弱ければ叩かれるのは当然だよな。カープファンにとっては黒田さんというのは特別な存在だから、ヤジるのも気が引けるよな(笑)。個人的には黒田さんには監督はやってほしくないというのはある。

オリックスのヘッドコーチでパ・リーグ連覇した水本さんを呼び寄せる。梵コーチとセットでね。この意見も散見した。まぁ仮にこれをカープ球団が力技でやってのければ、見直してもいいと思った。まぁ水本ヘッド、梵コーチはまだポストシーズンがあるから手は出せんよな。

緒方前監督の名前も出ていた。個人的にはアリかなぁとは思うけど、肝心の緒方さんからは「燃え尽きた」感を感じることがある。要請はあっても首を縦には振らないかなぁと思っていた。

金本さんの名前もあがっていた。チームを劇的に変えるのであれば、面白いとは思うけど、現実的にどうなのか??は疑問が残った。金本監督、新井ヘッドの声もあったけど、この二人が揃うとどうしても阪神のイメージが強くなってしまう。まぁ松田オーナーとしてはやりたくない人事だろうねぇ。

今のカープの現状を考えると「立て直し」の手腕が問われる。そういう意味では野村謙二郎さんの再登板、そして将来の監督として新井さんがヘッドの「駒大ライン」がアタクシは一番いいかなぁと思っていた。3連覇は確かに緒方監督の偉業だけど、その中心となった選手に野球を叩き込んだのは野村謙二郎さんだと思うしな、年齢的にももう1度ユニフォームを着てもおかしくないと思うし、新井さんの教官役にもうってつけだとは思った。

まぁこうしていろいろな話が出ていたけど、新井さんがいきなり監督というのを予想した人は案外少なかったように思うねぇ。

新監督を支えるコーチ陣は当然入れ替え必須

先日、戦力外通告を3人の選手が受けた。まぁ恐らくこの3人については新監督うんぬんよりもカープ球団が「ちょっと無理だろう」と判断した3人といった感じ。まだ当落上にいる選手はいるだろう。あとは新監督の意向を聞いてからとなるだろうし、4年連続Bクラスで戦力が通告が3人なんてありえない話だから、あと2,3人は出るだろう。助っ人を含めて新井新監督の意向が反映されてくるのはこれからだろうねぇ。

それと新井新監督の脇を固めるコーチ陣、これも注目だよな。コーチ陣の人選については恐らく球団主導だろう。新井新監督からコーチの人材の指名はそれほど出来ないとみる。まぁ監督就任の交渉で1人、2人は要望を出したかもしれんけど、あくまでコーチの人選は球団主導で行われる。まぁこれは案外どの球団も同じなんだよな。ただ、カープのイカンところはダメなコーチも配置転換で終わってしまうところ。それと優秀なコーチは責任を取って辞めるか他球団に引っこ抜かれる。言葉は乱暴だけど、能力の低いコーチがそのまま残っていることと今季のカープの野球の質の低下はリンクしているように感じるよな。

それとコーチ人事はファンへのメッセージの意味合いも今回は強いだろうと思う。球団も慎重に進めないとせっかくの新井新監督の抜擢も霞んでしまいかねない。

最悪はないとは思うけど1軍コーチは全員残留。これはイカンだろうねぇ。下手すれば、監督は新井さんに代えた。ファンに対してこれでいいよね??というメッセージとして受け止められる。まぁそんな下手は打たんと思うけどな。

個人的にはバッティングコーチは全員残しちゃいかんと思う。東出野手総合コーチも含めてね、効率の悪い攻撃、盗塁の激減、似たような選手ばかりの布陣は完全に攻撃部門を預かるコーチ陣の「好み」だと思うねぇ。カープに一番必要な一発の可能性秘める選手はなかなか1軍に上がってこれなかった。末包もそうだし、林もそうだよな。監督変えてもメンバーが同じなら大きな変化は望めないもんな。

バッテリーコーチも外から呼んで欲しい。できればパ・リーグの経験がある人がいい。盗塁阻止率や四球の多さね、それとパ・リーグ相手に逃げのリードしか教えられない人材では困るよな。この辺を改善できる人材をぜひ呼んで欲しいよな。

この辺のコーチ陣の一新でファンも感じ方が変わってくるだろう。結果はともかく、ファンをワクワクさせるのもプロ。カープ球団はしっかりやってほしいよな。

組閣は日本シリーズが終わってから??

新監督も決まってね、若手はフェニックスリーグが来週から始まる。秋季キャンプも行われるだろう。ここで若手はビシビシと鍛えられるだろうねぇ。新井さんも練習が好きだから、泥んこになってやって欲しいよな。秋季キャンプは恐らく今いるコーチ陣でやることになるだろう。組閣が固まるのはポストシーズンがある程度終わりが見えてからだろうねぇ。アッと驚くコーチ陣があるのか??噂でもオリックスの水本ヘッドが辞めるとか辞めないとか、カープに戻るとか戻らないとか(笑)。そんなんが飛び交っているけど、アタクシが一番求めているのはカープ球団の「やる気」。口だけではなく新井新監督を盛り上げるべく、できる手は打ってほしいよな。
若い選手の伸び悩みでファームはウエスタンリーグ以外にも社会人や独立リーグのチームとの試合を増やすそうな。各チームとの交渉も大変だろう。そういう動きをどんどんやってほしいよな。

今日あたり監督の就任会見をやるのだろうか??どんなカープを作ってくれるのか??楽しみだよな、

(Visited 7,435 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ