流れを相手に渡した床田、反撃の士気をしぼませたスコット。それでも投手陣には「光」を感じる。

流れを相手に渡した床田、反撃の士気をしぼませたスコット。それでも投手陣には「光」を感じる。

 「広島4-9ヤクルト」(18日、マツダスタジアム) 広島の床田寛樹投手が、五回を投げ切れず4回1/3を11安打5失点(自責点4)で2敗目を喫した。

情報源: 広島・床田、連続四球から失点の五回を猛省「あそこで踏ん張らないと信頼されない」

毎週土曜は家族でパーティ。普段、家ではあまり飲まないようにしているけど、土曜の夜はいい歳こいて弾ける。子供たちもカープユニを来て試合前からメガホンを準備。上の娘はポンポンまで作ってとかなりの気合の入れよう(笑)

アタクシも序盤の点の取り合いでお酒が進んじまってね、8回の攻撃が2点どまりだったのを機に電池切れ(笑)。ったくダメだね。

ゲームの方が最近このブログで訴えている「投手の踏ん張り」ね、これがカープ投手陣の方が効かなかった。まぁそれがスコアに表れた。そんな感じだよな。

ヤクルトに流れを渡した床田の5回表

Advertisements

この日の床田ははっきり言ってよくなかった。真っすぐが行っていない。これは苦労するなぁと思った。

案の定初回から無死満塁のピンチ。まぁここをよく1点で切り抜けたよな。その裏に味方が同点に追いついてくれて乗ってくれるかと思ったけど、どうも床田本人がノリノリにならない。

まぁやはり真っすぐが行っていないのが自分でもわかってたんだろうねぇ。なかなか切り替えられなかったよな。

特に上位打線にまわるといいとこ、いいとこ投げようという気持ちが強すぎる。そこを見逃されたり、ボールと判定されて結局床田が追い込まれていった。そんな感じだよな。

スコアは2-2で5回表。ここで床田は我慢しきれず決壊してしまう。ここを振り返ってみよう。

この回は1番坂口から。坂口を打ち取って山田にツーベース。1死2塁。まぁヒットと送りバントでも同じ展開。ここは打者勝負で十分切り抜けられる。しかしここからヤクルトのクリーンアップ。青木が登場だよな。

ここでバッテリーは外一辺倒の配球を選択する。とは青木はオープンスタンスから踏み込んでくる打者。それ故に死球も多い。当ててしまうのはイヤだけど外で勝負するなら1,2球インコースに入れておきたいところだよな。

初球が大きく外れてボール、2球目はインコースひざ元落ちる球でストライク。個人的にはここに同じ球を続けたら抑えられたような気がしないでもない。ただ、バッテリーは外のスライダーか真っすぐで仕留める感じで組み立てていたようだねぇ。

3球目のスライダー。非常にいいところに決まったけど判定はボール。この判定で床田が追い込まれてしまった印象があった。5球目かな?最初にストライクを取ったひざ元へのチェンジアップなのかシンカーなのかわからんけど、甘い球もあった。結局勝負しきれずに歩かせた。

続く村上に関しては長打警戒で外一辺倒。ここでもきわどい球を投げるも判定がボールとなり、床田が苦しくなった。すべてきわどいコースだったけど、村上はバットを一度も振ることはなかった。この辺床田の中で「見切られている!?」と思い込んでしまったのかもしれんねぇ。

それでも失点はしていない。1死満塁ならゲッツーで切り抜けられる可能性は十分。それでも床田はここで「踏ん張れなかった」よな。

続く西浦にも外一辺倒を見抜かれてタイムリー、エスコバーのところでようやくインコースを投げるようになったけど、球に力がなかった。これで3失点。接戦なだけに1点くらいに抑えておけばまだまだだったけど、3失点では完全に流れをヤクルトに渡す結果になっちまった。ここね、踏ん張るか否かでシーズンの成績も大きく変わる。もったいなかったよな。

確かに真っすぐが行っていないだけにインコースを突くのは怖かったんだろう。それでも村上はともかく青木や西浦には果敢に行ってほしかった。

それと九里も同じなんだけどキレイに打ち取ろうとしすぎ。きわどいコースを狙いすぎ。そういう意図があるから「決まった」と思った球が「ボール」と判定されて自分が追い込まれてしまう。バックに守っている仲間がいるんだから、それを信じて多少甘くても力が伝わった球を投げてほしい。残念だったよな。

床田とライアン、対照的だった「ギアの入れ方」

Advertisements

いいタイミングで3点のリードもらったライアン小川。その裏の投球は素晴らしかったよな。まさに「ギアが上がった」印象の投球だった。それも「トップギア」よ。

3番の堂林から始まるカープ打線を3者凡退。特に誠也に対しては全てを出し尽くして三振に仕留めた印象だったよな。

さすがに最多勝を取った投手。「ギアの入れ方」のタイミングを知っている。ここでもし守りの投球をして1,2点返されたら自分の白星すら危うくなる。自分に白星をつけたいのなら当然、5回のマウンドは全力投球しなきゃいかんよな。

逆に床田も5回1番から始まるヤクルト打線に対してトップギアを入れたのは恐らく西浦のところあたりからだろう。そのころにはもう力が残っていなかった。時すでに遅しといったところだねぇ。

佐々岡監督が終了後にギアの入れ方が遅いと嘆いたのはここ。5回と言えば先発投手が投げ切らなきゃいかん目安のイニング。スコアは同点。今後の流れを考えたらこの回頭からギアを上げて入らないといかん。

まぁその辺のギアを入れるタイミングと勘というのは経験がなせる業でもある。床田はいい勉強になっただろう。

ただ、この辺で流れは完全にヤクルトに傾いちまったよな。

反撃の士気をしぼませたスコット

Advertisements

試合は中盤。3点差ついちまったけど、試合が終わったわけでない。打線では好調な選手が多いだけにまだまだチャンスはある。ベンチのムードもそんな感じだったろう。

それに水を差すような結果になったスコット投入。アタクシはこの起用に疑問だな。

もちろんファームからスコットがよくなったという情報を得て1軍に上げたんだろう。まさかクリスジョンソンが下に行って助っ人枠が空いたからってことではないだろうに。

それでもスコットへの信頼が戻ったわけではない。負担の少ない場面で投げさせ状態を見て起用を考えるのが普通だろうねぇ。

中盤で3点のビハインド。試合はまだまだ分からない。そんな場面で現状のスコット投入というはあまりにもギャンブルだと思うか、試合をあきらめたかどっちかだろうねぇ。

スコットはポポンとツーアウトを取った。でもそこから崩れる。このツーアウトからの失点ね、これって攻撃陣から見るとガクンと来る。守っている時間が長く感じるんだよな。きっかけは山田のツーベースで動揺し、青木にぶつけて頭真っ白。そして村上に長打、西浦四球、エスコバーに長打とね。この四死球と長打のハーモニーであっという間に試合を決める3点を失った。

どうだろう?スコットはランナーを出すとちょっとコントロールが乱れるというかね、平常心をたもててないよな。もちろん日本球界でのデビューも散々だったし、心のケアっても必要かなと感じた。

スコットの家族は日本に来ているのだろうか?その辺は地元ファンの方の方が詳しいだろうけど、ちょっと助っ人選手たちが元気がないのは、その辺の寂しさもあるかもしれん。

コロナウィルスの影響で外国からの入国を制限されているし、もし家族が母国にいたりするのであれば、それはとても寂しいよな。その辺のメンタル面も影響があるのかなぁと、必死にスコットを弁護してみたいんだけどな、ちょっと現状は苦しいよな。

結果論だけど、7回に島内が登板した。ここで島内を使うのならなぜ6回に出さないんだろうか?と。島内とスコットならどう考えたって勝負が決まる前なら島内だろうに。この辺はベンチの継投ミスだと思う。まぁ結果論だけどな。

特に7回は圧巻のピッチングだったよな。先頭を四球で出しながらも、細かいコントロールを気にせず投げ込んでいた。雄平には10球以上粘られながらもどんどんストライクゾーンに投げ込んでいく。「打たれる」怖さなんか微塵も感じていない投げっぷりだった。その雄平を三振に仕留め、山田も真っすぐで三振に仕留めた。すげぇよな。

まぁただ、やはり時すでに遅しといった感じだった。6回に島内がこんなピッチングを見せてくれたら展開は変わっていただろう。悔やまれる継投策だよな。

 負ける度に大量失点。それでも光は散りばめられている

Advertisements

今週は負け試合は大量失点。お決まりのコースになってきた(笑)。やはり後ろが安定しない不安と、先発陣が大瀬良以外は信頼に欠ける。この辺だろうねぇ。

中には佐々岡監督が投手出身だから委縮してるのでは?なんて声も聞こえてくるけど、そういう選手はプロではやっていけない。それはどっかの国の人が、不満の原因は「アベガー」と言ってるのと同じ。責任逃れ以外の何物でもない。ダメよ、人のせいにしちゃな。

しかし昨日好投した島内や、床田のおしりを拭いてあげたケムナとね、塹江も含めて光を感じる投手が出てきたのも確か。黄金時代を継続するには世代交代を上手くやるのも重要だよな。いつまでも今村や一岡に「過去」を追い求めるのも酷というものだろう。

特に中継ぎ投手に関して言えばやはり「パワー」でねじ伏せることで流れをこっちに持ってくる、キープするってことが求められる。

カープの若手投手陣にはそういった要素を十分持ち合わせた投手がでてきていると思う。毎試合9点、10点取られているけどその中にも光が散りばめられている。捨てたもんじゃねぇと思うよ。

さて、今日はヤクルト戦勝ち越しをかけて、ギア全開で勝ちにいかんとな。先発は若武者遠藤。先発で初勝利をあげてね、「もう一丁!」という気持ちを持ってくれているだろう。ヤクルトは高梨。日ハム時代はカープ打線がやられた印象がある。乗せたくないよな。

さぁカード勝ち越し目指して頑張ろう。今夜もナイトゲーム。飲みすぎ注意で応援するとしよう。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村
Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村