巨人相手でも自分たちの野球をやれば負けない。誠也のヒーローインタビューに感じる4番の責任。

巨人相手でも自分たちの野球をやれば負けない。誠也のヒーローインタビューに感じる4番の責任。

「広島4-1巨人」(30日、マツダスタジアム) 広島は投打がかみ合って巨人戦の連敗を4で止めた。勝利を大きくたぐり寄せたのは、3試合続けて3番で先発出場した鈴木誠。今季第19号の2ランを放って本拠地を熱気に包んだ。

情報源: 広島・鈴木誠、13試合ぶり19号2ラン「久しぶりすぎて…」佐々岡監督「誠也らしい弾丸」

昨日は夜会食があって帰ってきたのが8時半くらいだったろうか?まぁ結構飲んだ(笑)。ちょうどケムナが打席に立って四球を選んだところ。なので昨日の得点シーンは長野の押し出ししか見ていない…

それでも、ケムナの好投、塹江は一発打たれたけど、フランスワもしっかり抑えて巨人から久々の勝利。まぁどうしても首位巨人との力の差を感じてしまう今日この頃だけど、やはり自分たちの野球ができれば、巨人にだって負けない。まぁどのチームにも言えることなんだけど、結局はシーズンでどれだけ自分たちの野球ができる回数が多いところが優勝する。改めて緒方前監督が「自分たちの野球」と連呼していた意味がね、最下位争いするようになって心にしみるよな。

先発・野村、粘って5回を0封!

Advertisements

5回で100球越えは反省点

先発野村の投球内容は見ていないんだけど、スマホで確認すると毎回ランナーを背負っての投球だった。野村の調子もさることながら、巨人打線の圧力によって球数が増えてしまった。そんな印象だよな。

まぁそれでも5回100球はコントロールにも問題があるのだろう。調子が悪かったのかねぇ?まぁ投球内容を見ていないのでここまでとするけど、野村自身もヒーローインタビューで反省していたように、次への課題だろうねぇ。

それでも、巨人打線を0に抑えたことで流れを巨人にはいかせなかった。ここは大いに評価していいと思う。

それでも0に抑える。これが粘り、踏んばり。若い投手は参考にしてほしい

先発投手。まぁだいたい今は中6日が主流だから、1週間に一度のお仕事。白星を重ねれば一番給料が上がるのも先発投手。まぁそれだけ野球において先発投手の役割というのが大きいから、調整の時間と報酬がたくさんとれるわけだ。この先発投手が今季のカープは仕事ができていないケースが多いよな。だから、弱い。

確かに6日休んでも調子の悪い日はあるだろう。アタクシ達だって休み中は元気だったけど、いざ仕事に復帰したら体の具合が悪くなったり、体が重かったするよな。先発投手も人間だからしょうがない。

でも、それはダメだった時の言い訳であって、どんな状況でもサラリーもらっている以上は仕事はしっかりしなきゃだめだ。

野村もそんな感じだったのだろう。でも最後の砦ホームベースだけは巨人に踏ませなかった。この仕事ぶりは立派だよな。

中には6回は投げてもらわんと、7回はいかんとという声もあるだろう。もちろん野村の調子が完封した九里のように元気ならいいだろうし、それは正論なのよ。でも、人間調子の悪い時だってあるし、その状態をベンチが観て、今日は5回、6回と見切って次の継投の準備をする。これなら問題ないと思う。

一番困るのは浅いイニングで急に調子が悪くなる先発。これだとベンチの見極めも難しいし、ブルペンのプランも狂う。

この日の野村なら、佐々岡監督も「なんとか5回まで」と考えていただろう。野村も「この調子じゃ5回で替えられる」とピンと来ただろう。ならばそこまでとしっかり粘って巨人打線を0に抑え、5回を投げ切って直後に味方が3点取ったわけで、これはこれでゲームプランがバシっとはまったと言っていいだろうねぇ。

カープの投手陣はこの踏ん張りが効かない。だから弱い。この日の野村の粘り、踏ん張りは素晴らしかった。若い投手はぜひ参考にしてほしいよな。野村、よく頑張ったよ。

ケムナ2イニングも野村の踏ん張りが生んだ「プラン」

Advertisements

野村の後を継いだのがケムナ。アタクシが中継を見始めた時、見慣れない打者が打席に立っていて「誰だろう?」と思ったくらいだからケムナが打席に立つこと自体、最初は飲み込めなかった。「なんで?」と。

でもスコアを見たら3-0で勝っている。ひょっとして野村のアクシデント?とさえ思った。

まぁ後でゲームを紐解いてみると野村が5回で100球越え、方程式につなぐには1枚中継ぎが足らない。そこでケムナの2イニングというプランであったことを理解した。まぁこれは野村が5回をヘロヘロながらも0に抑えたがゆえの継投プランだった。これが見事にはまったよな。

ケムナの投球の傾向として、「名前負け」するところがある。相手の中軸打者を迎えるとボール球が増える。打順を振り返ると5番の丸から下位打線。ヤマは先頭の丸だったように思う。そこを150キロの真っすぐで打ち取って乗って行けたのだろう。この6,7回を完璧に抑えた。解説の黒田さんも絶賛していた。「けむな、れべるが10あがった」。いい経験をしたよな。

ケムナの馬力を考えた時、2イニングというのも一つのプランとして考えてもいいように思う。もちろん、連投は厳しいけど、一人1イニングという固定観念は取っ払えばアイデアも浮かぼう。中継ぎ2,3人で1イニングを抑える継投は中継ぎの頭数、力を考えたら今のカープには無理。ならば2イニングを任せる中継ぎがいてもいいかもしれんねぇ。ケムナと島内にそれができれば、それはそれで面白いかもな。

四番の重圧で苦しんだ誠也のヒロイン。ファンは十分理解しているよ。

Advertisements

弾丸ライナーの一発はまさに「メジャー級」

ゲッツー崩れで先制した後、残ったランナーを返す誠也一発。スゴイ打球だったよな。打った瞬間は外野の頭は超える?いや打球にドライブがかかって取られるかもという感じだった。ところが打球は失速せずにレフトスタンドにまさに「突き刺さった」。打たれた田口もショックが大きかっただろうねぇ。

とにかくどの解説者も誠也の打撃練習の「音」が他の打者を圧倒しているという。体も年々大きくなっている。周りはFAとったら巨人みてぇな空気だけど、アタクシは誠也にはカープを出ていくならメジャーにぜひ挑戦してほしい。まぁほとんどの同志もそんな感じだろうねぇ。恐らく誠也自身も「そこ」を意識して体づくりをしているのだろう。ぜひ、実現してほしいよな。

中にはいやいやこんな成績ではメジャーは無理というご意見もあるだろう。正論のように聞こえるけど、誠也にはこれまでにない重圧を背負いながら野球をやっている。それは「チームの顔」であり、「主力の責任」なんだと思う。そこに成績の低迷の理由が潜んでいるように思う。

「チームの不振」を一手に引き受けている誠也

今季のカープは弱い。特に投手陣がズタボロ。故障者も多い。だから打線は「打たなきゃ」という普段とは違う重圧が毎試合のしかかっている。これ自体、正常なチーム状態ではないのよ。

その中心にいるのが誠也。負けが込んできた8月くらいから打撃が粗くなってきたというか、打ち損じがすごく多くなった。とらえたと思ったけど力みが災いして凡打になる。この繰り返しだよな。この辺は四番の重圧といったものではなく、チームの不振を選手として一番感じていたんだと思う。悔しそうにベンチに下がる表情がいつもの悔しさにプラス別の悔しさもミックスされているように感じた。

この別の悔しさ、四番の重圧ではなく、チーム不振の責任という重しね、これに誠也がやられてしまっている。そんな印象を受けた。本来の誠也はこんなもんじゃないのよ。もっともっとすごい打球を打てるし、ホームランだってもっともっと打てる。

自分があの場面打っていれば、というシーンが今季は多かったのだろう。それがチームの不振の原因である。そう誠也は考えているのだろう。アタクシは良くも悪くもこのチームは「誠也のチーム」とずっと書いてきた。誠也が打てなければ、チームを引っ張ることができなければ、チームは低迷してしまう。もちろん直接的な原因は投手だと思うけど、誠也は誠也なりに「チームの顔」としての責任感を持ってプレーしてきた。結果が思うようように出ないのとチームの成績がリンクしている。そこを痛切に感じているのだろう。

3連覇時代には誠也は6番を打ったりしていたし、3連覇目くらいから4番に座り始めた。4番に座る前にはノビノビ打っていたように思う。交流戦で3試合連発といった豪快な打撃を見せてくれたのも誠也が4番じゃなかったからだろう。

4番に定着して連覇が途切れた。そして今季も開幕から4番を務めるもチームは最下位争い。少し長い目で見ても誠也は4番打者としてチームに貢献できていない。この悔しさもひょっとしたらあるかもしれんねぇ。

誠也よ、その苦しみをファンは理解しているから思い切っていこうよ

Advertisements

野村とともに受けたヒーローインタビュー。誠也の態度は少し硬かったよな。これまでチームに迷惑かけてきた自分がここに立っていいのだろうか?そんな葛藤を抱えながらのお立ち台だったろう。決してはしゃがずに、むしろ謝罪会見のようなムードだった。

まぁその辺はこれまで書いてきたようにチームの顔としての重圧を感じながらやってきて、結果が出ないというファンへの申し訳なさが一発の嬉しさを吹き飛ばしてしまっているのだろう。

ファンもそれは重々理解しているよ。これからでも怪物級の打球をドンドン打ってくれればいい。ファンはしょげている誠也ではなく、打ちまくる誠也が観たいからねぇ。

打順もここの所4番ではなく3番になった。4番を外された印象もあるだろう。でも3番も立派な中軸。「チームの顔」と「4番打者」の2枚の看板を両肩に載せていたら、そりゃ動きも鈍くなる。ひとまず「4番」の看板を外して、少し軽い気分で思う存分打撃に集中してほしい。そんなベンチの思いやりもあっただろう。この3番という打順は誠也にとってはプラスになりそうだよな。

今季は誠也にとって苦しいシーズンとして記憶されるだろう。それもいい経験。カープで、そしてメジャーでそのスケールの大きい打撃をたくさん見せてくれればいい。思い切って振っていこうや。今日も一発、楽しみにしてるぜ。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村

Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村