ルーキー・新戦力が続々と広島入り。すでに来日済みの助っ人クロンは気合十分!?

ルーキー・新戦力が続々と広島入り。すでに来日済みの助っ人クロンは気合十分!?


広島の新人7選手が8日、廿日市市の大野寮に入寮した。ドラフト1位・栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=は、初心に立ち戻るという意味を込め、佐々岡監督のサインが入った昨年のドラフト会議入場パスを持参。部屋は前田健(現ツインズ)、大瀬良、森下らが過ごした104号室に決まった。即戦力右腕が“出世部屋”からサクセスロードを歩んでいく。 節目の朝、辺り一面にはうっすらと雪が残っていた。いよいよ幕が開けるプロ生活。いてつく寒さとは対照的に、栗林は熱い闘志を胸に秘めて大野寮の門をくぐった。

情報源: 広島ドラ1・栗林 出世部屋に入寮!マエケン、大瀬良、森下ら過ごした104号室

正月もあけて1週間ほどたった。世間は新型コロナで大騒ぎだけどスポーツの方は粛々と行われているよな。高校生のサッカーやラグビーにバレーボール。大学生の箱根駅伝やラグビー。NPBも2月1日キャンプインは絶対に動かさないということを表明しているしな、今季は形はどうなるかはわからんけど、予定通り開幕という運びになるだろう。もし、ここでプロ野球の開幕が遅れたりすれば、夏に待ち構えている東京五輪だって開催は難しくなるだろう。個人的には今季は順調に開幕を迎えそうだと勝手にワクワクしているよ。
選手もそれに向けて本格的に自主トレを開始するだろう。故郷で始動するもの、暖かい場所に移動して体を作るもの、山にこもるもの、そして他球団の垣根を越えて選手が集まって自主トレを行ったり、逆にこれまでの群れを避けて孤独なトレーニングを選択するものと様々だろうねぇ。みんな、優勝やレギュラー獲得、1軍昇格とそれぞれの目標に向けて動いているに違いないだろうねぇ。

ドラフト入団選手が入団。ドラ1栗林は「出世部屋」へ

まずはドラフトで入団した選手が入寮。まぁ毎年行われるセレモニーみてぇなもんだけど、みんな希望と不安が入り混じった気持ちで寮に足を踏み入れたことだろう。まぁどの球団もそうだけど、寮に何を持ち込むのか?ってのが毎度ニュースになるよな。
ドラ1栗林はマエケンや大瀬良、森下が使った「出世部屋」を与えらえた。まぁこれもプレッシャーだよな。それでも栗林は落ち着いた様子でマスコミに対応していた。この辺は大学を出て社会人経験をしてきたというのが大きいよな。非常に落ち着きを感じる。マウンドでも冷静な姿が容易に想像できるよな。
まぁ栗林は妻帯者なので開幕すれば家族で広島に移り住んでということになるだろう。まぁプロへの最初の一歩だからな、野球に集中するにはこの環境からスタートするってのはいいことだろうねぇ。
佐々岡監督の構想では先発でと考えているようだねぇ。このルーキーがどこにハマるのか?この辺も今季の成績に大きくかかわってきそうだよな。

大道はバレーボール持参!?でもわかる気がする

ドラフト3位入団の大道。こちらはなかなかのイケメンで人気が出そうだよな。その大道はなんとバレーボール持参で入寮。もしかしてサンダースと間違えている??(笑)。なんでもバレーボールを投げる練習でリリースポイントの確認や修正で行うそうな。確かにデカいボールをきちんと投げるにはちゃんと前で投げないと明後日の方向に行ってしまうってのはよーくわかる。アタクシも昔バレーボールではなく一回り小さいハンドボールの球を投げて球速やコントロールがよくなった経験がある。バレーボールをつかむってのは相当大変だけど、ハンドボールはつかみやすく、バレーボールよりもやや重めなのでより野球のボールに近い感覚で投げられたと記憶している。それでもリリースが早かったり、遅かったりすればコントロールもスピードも出ない。まぁ本当に選手たちってのは様々なものを取り入れて自分なりの調整や練習に使っているんだなぁと勉強になるよな。
大道は九里の「12」を譲り受けた形になった。個人的にはブルペン向きかなぁと思っている。1軍キャンプの参加も決まっているしな、しっかりアピールして開幕1軍の切符を勝ち取ってほしいよな。

助っ人の背番号も決まった!大砲の期待がかかるクロンは「10」

さて今季入団する助っ人たちの背番号も決まったようだねぇ。一発増産の期待がかかるクロンは「10」。バードが助っ人投手が好きな番号の「42」、ネヴァラウスカスが「99」。個人的な感想だけど、クロンはもっと重たい背番号の方が怖いような気がする。このくらいの本数のホームランを打ってほしいという願いを込めてね、エルドレッドのような55番とか50番とかね、まぁこれはアタクシのわがままみてぇなもんだけど、10だと10本くらいしか打てねぇようなね、こういう感覚って日本人っぽいよな(笑)。
バードの42ってのは球団の期待度の高さがうかがえる。これまでもバリントンやジョンソンといった「エース格」になる助っ人がつけてるよな。この42という背番号はメジャーでは全球団共通の永久欠番になっている。黒人で初めてのメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンがつけていた番号でメジャーデビュー50周年を機に永久欠番になった。アメリカでは絶対に背負うことのない背番号なんだよな。これをバードがつけるということの意味ね、結構重要な気がするのはアタクシだけかねぇ?うん、たぶんアタクシだけだろう(笑)。もう一人の助っ人ネヴァラウスカスはリトアニア出身だからな、あんま興味なかったんだろう(笑)

コロナの影響で来日が難しい中、すでにクロンは来日していた!

コロナウィルスの影響で海外からの入国制限が実施されている。自国でPCR検査して陰性を確認してから来日。その後待期期間を経てから晴れて自由に活動できる。まぁそれを免除されている国もあるんだけどな、アタクシは国内で感染拡大している中、ここの蛇口をしっかり絞めていないってのがどうも腑に落ちない。ここを解放したのと国内感染拡大の時期が一致しているからねぇ。
そういった期間を逆算して考えると今月中旬には諸々の手続きを終えて来日しなきゃいかん。新助っ人のバートとネヴァラウスカスはまだ日程が決まっていないとのこと。キャンプインに間に合うかは微妙だよな。
そんな中で驚いたのはクロンだけは今月の3日にすでに来日しており、待期期間を過ごしているって聞いた。この辺はクロンのやる気というかねぇ、意気込みが伝わってくるよな。
3Aあたりをさまよっている選手ってのはやはり日本球界でプレーする方が条件はいいだろう。案外、契約できたからと安心してしまいがちだけど、クロンからは何としてでも日本で成功したいという危機感すら、その行動から伝わってくる。非常にいい心がけだよな。少しでも早く来日して、少しでも日本の文化や気候に慣れておきたい。キャンプインではベストな状態で挑みたい。そんな気持ちも伝わってくる。
もちろん気持ちだけではなく実際にプレーで答えを出して行かなきゃいかんけどな、なんだろう?非常にまじめな性格が伝わってくるよな。
パッと見、バックトゥザフューチャーのビフに風貌が似ているけど、プレーではそのくらい暴れん坊でやってほしいよな。
さて、巨人の菅野がメジャーにはいかずに残留が決定した。まぁ恐らく残るだろうとは思っていたけどな、これで各評論家も巨人のV3を予測する人が多いだろう。カープも昨季との違いを見せるにはクロンの活躍は欠かせないよな。早く日本の野球や文化に慣れて自分のプレーができるように頑張ってほしいよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

(Visited 63 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ