16三振の打線が九里を見殺しで4度目の完封負け。前日の流れを止めたスタメンに疑問

16三振の打線が九里を見殺しで4度目の完封負け。前日の流れを止めたスタメンに疑問

 「中日5-0広島」(17日、バンテリンドーム) 広島は連勝ならず、勝率5割となった。ここ5試合で4度目の完封負け。前夜は7得点の打線が、またもつながらなかった。

情報源: 広島また完封負け ここ5試合で4度目の屈辱…序盤の拙攻が響き16三振喫す

123456789R
広島東洋カープ
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
中日ドラゴンズ
0
0
0
1
0
0
2
2
X
5

【広島】 ●九里(3勝1敗) ケムナ
【中日】 ○柳(1勝1敗) R・マルティネス

今日は仕事の方は「誕生日休暇」をもらって家族とショッピングに出かけた。勝ってきたのが4時過ぎだったけど、すでにイニングは8回。この流れを見ても九里と柳、両投手がいい投球をしていたのがよくわかる。7回に九里が味方の援護がなく焦りから野選、そして根尾に痛恨のタイムリーとね、我慢しきれなかったのが痛かったよな。とは言え、やはり今日は打線だろうねぇ。聞くところによるとゲーム序盤は結構チャンスがあったと。まぁそれをモノにできなかったことで柳を乗せてしまった。柳は今季初勝利。どうもカープは元気がないチームや選手を目覚めさせてしまう役どころが多い。困ったもんだよな。

奨成を引っ込めてスタメンのメヒアが2三振で途中交代。メヒア起用の意図はなんだったのか??

さて、このゲームのスタメンを見て「あれ??」と思った同志も多かっただろう。前日のゲームで2番に入ってプロ初ヒットを記録した中村奨成の名がなかった。2番にはこれも前日に2安打を記録した羽月がセンターでスタメン。まぁこれはカープの伝統というかね、レギュラークラスでなければ、先発の左右で変わってるくのはいつもの事。これに何の効果があるのか?成功事例も少ないし、常に疑問には思っているんだけど、まぁ仕方ない。2番羽月は良かっただろう。しかし7番にメヒアを入れてきた。これはアタクシは納得がいかなかった。今季の、というか昨季でアタクシはメヒアは終わっていると感じている。来た球を素直に打ち返す打撃で頭角を現してきたけど、昨季あたりから、まぁ昨季のオープン戦でホームランを量産した時あたりから「勘違い」し始めた。とくかくボール球に手を出す。それもフルスイング。何年日本でやって来てんだ??と直接言いたくなるくらい、自分のができスタイルを見失っている。こんな打撃をしていたら育成出身だからと言っても長い目で見る必要はないと思う。案の定スタメン出場でも空振り三振2つで早々にベンチに引っ込められた。これってある程度、ゲーム前からわかっていた結果のように思う。素人のアタクシがそう思うんだから野球でご飯食べている人はもっともっとわかるように思うんだけど、不思議だよな。このメヒアに与えた打席を前日にプロ初ヒットを打った中村奨に与えてもよかったように思う。もちろんポジションの問題もあったかもしれん。いやいや、それを何とかしてでも中村奨にチャンスを与えるべきだろう。折角いい流れを持ち込んでくれた選手、使わない手はないと思うんだけどねぇ。

5番以下がノーヒット。柳を乗せてしまった序盤の拙攻

さて、打線がまたもや完封負け。文字列で振り返ってみても中日先発の柳は立ち上がりはかなり不安定だったように思う。そこで柳をつぶせなかったカープ打線ね、完全に乗せてしまったように思う。
柳の投球を見たのは8回の表のみ。すでに投球数が100球を超えていたけど、非常に気持ちのこもった球を投げ込んでいた。こら、打てんと感じたねぇ。ただ、この8回に来て柳の打者を抑えるパターンはワンパターンのように見えた。外中心の攻めで最後に握りを見るとスライダーなんだけど、落ちる球、縦スラね、あれにカープの打者がクルクル回っていた。マルチネスにも2三振を喫して合計で16三振。これだけ三振が多いんじゃぁ機動力も使えんよな。と、なるとゲーム前半のチャンスもことごとく三振で潰したというのが推測できる。まぁこうしてみるとアタクシがこのブログで再三してきている「5番問題」、意味のない7番メヒア起用、不調の広輔8番、そして9番が投手だからな、この下位打線でどうやって点が取れるの??という打線を組んでいる以上、こうした完封負けは増えてくるだろうねぇ。結局はこの日のカープのスタメンが柳を乗せてしまった側面はあるように思う。困ったもんだよな。

我慢できなかった九里。焦りから生じた野選が命取りに

さて、先発の九里。投球を見ることはできなかったけど、登板前にはいろいろなものを背負ってマウンドに上がったことだろう。昨季同様大瀬良が離脱。同期入団の九里にかかる期待は昨季以上だろう。それでも九里はそれなりの投球はしてくれたように思う。先制は許したけど6回まで1失点は立派なクオリティスタートだよな。打線が見殺しにした印象が強いよな。
なかなか打線の援護がないと、九里も何とか失点を食い止めたい。イニングが進むにつれてそういった気持ちが強くなってくる、7回に飛び出た野選はそういった九里の気持ちが悪い方に出た。そんなプレーだったのだろう。ここで根尾に痛打を浴びてしまったわけだけど、九里は責められないように思う。また切り替えて次の登板でしっかり先発の役割を担ってほしいよな。

今日のゲームの結果次第では中日も乗ってくる??

大瀬良が登板できないという緊急事態のゲームを何とか取れた。3試合連続完封負けを止めたという意味でも大きい白星だった。この白星をカープベンチは何とか追い風にしてチームをいい方向に導かなきゃいけない。そんな中でチーム内でも信頼のおける九里が投げるゲームを落としてしまった。これはね、アタクシは非常に痛いように思う。そしてまた完封負けのオマケまでついている。しかしこのオマケもちゃっちいものではなくかなり重たいオマケのように思う。ベンチは今日は何としてでも勝たなきゃいかん。そんなゲームのように思う。
もちろんカープ側の事情も大事だけど、ここで負け越すと中日も乗ってくるように思う。ここまでは貧打が続いていた。そして抑えのマルチネスがいなかったという事情も大きく響いただろう。このマルチネスが登板したよな。あれ、ハッキリ言って打てないよ(笑)。あぁいうしっかりした抑えが出てきて、若い根尾がタイムリーを打ったりね、まぁビシエドがいないのは痛いと言えば痛いけど、このマルチネスの快投は中日ナインに大きな勇気を与えるだろう。今日のゲームも中日が接戦を展開し、マルチネスがビシッと締めてものにすると乗ってくる可能性もあるよな。カープはこれまでも主力を欠いているヤクルトに負け越して乗せてしまったよな。不調の選手に打たれて目覚めさせることもやらかしている。この辺ね、周りがどんどん元気になってカープがズルズル落ちていく構図がどうしても浮かんでしまう。この1週間で4回も完封負けを見せられれば誰もがそう感じてしまうだろう。なので、今日のゲームはカープベンチが何としてでも勝つという姿勢をスタメンから表現してほしいし、今日は勝ちたいと気持ちを感じたい。そんなふうに思っている。
相手は左の小笠原だから2番に右を入れてくるか下位打線に右を集めるような打順を組んでくるだろう。それとブレーキ役になってしまっている広輔を外すこともファイティングポーズになるだろう。何か持っている中村奨を5番あたりで起用するのも面白いかもしれない。そして今日の先発は高橋昂。3年ぶりくらいの先発だよな。チーム全体がこの高橋昂の久々の先発に花を添えよう、そんな気持ちで戦っていくのもいいかもしれん。意地を見せるにはまだ4月だから早いけど、今日は勝つというファイティングポーズはね、見せなきゃいかんゲームになりそうだよな。

(Visited 616 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ