フランスワ、コルニエルがコロナ陽性で来日ピンチ!!今季も助っ人には恵まれない??若い選手には大チャンス!!

フランスワ、コルニエルがコロナ陽性で来日ピンチ!!今季も助っ人には恵まれない??若い選手には大チャンス!!

 広島は12日、ヘロニモ・フランスア投手(28)、ロベルト・コルニエル投手(26)がドミニカ共和国にて、渡航前のPCR検査で陽性が判明したため来日が未定となったと発表した。また、新外国人のライアン・マクブルーム内野手(29)、ドリュー・アンダーソン投手(27)、ニック・ターリー投手(32)は政府の入国制限により来日が未定。助っ人5選手全員がキャンプに間に合わない可能性が濃厚という非常事態に見舞われた。 助っ人全員がキャンプに間に合わない!?佐々岡カープが非常事態に見舞われた。

情報源: 広島に非常事態! フランスア&コルニエルがコロナ感染 助っ人5人キャンプ不在も

世間ではオミクロン株の感染拡大が広がっているよな。昨日13日は日本国内で18859人の感染が確認された。この数字だけみると広がってきているなとは思うけど、重症者は125人だから確率からすれば0.6%。感染しても1,000人で6人しか重症化していないのを見ると毎日トップニュースで報じたりワイドショーで時間割いてやることなのかなぁとも思う。政府の対応が遅いとしきりに言うけど、東京で1400万人の人口で3000人が感染、うち重症者は一ケタの4人なら、難病レベルやそれ以下のものだろうし、最優先でというのはないよな。批判はされるだろうから「やってます」とはいうけど、これ、多くの人が疑問を持ちながらやっているようにも思える。インフルエンザ並みの5類に分類を変えればいいだけの話のように思う。まぁまだ科学的にはもっと強力なものに変異する可能性があるから踏み切れないんだとは思うけどな。アメリカなんかを見ると感染者は日本とケタが3つも違う。それでも経済は好調。日本はそれほどでもないのに経済や人々の生活にかなり影響を与えているように思う。もっとやり方があるように思うのはアタクシだけかねぇ。

フランスワ、コルニエルがコロナ陽性でキャンプに間に合わない??

昨季、カープはコロナ流行の影響をモロに受けた。主力打者や先発陣が欠場に追い込まれたよな。結局はあの時期の負けがペナントに大きく影響したよな。それと助っ人陣の不振もあった。クロンは正月には来日したけど、残念ながら努力の甲斐なく日本の野球にフィットしなかった。、その他の助っ人陣は軒並み来日が遅れたよな。来日しても存在感は示せず、一番目立ったのが育成から支配下になったコルニエルくらい。この辺が順位が上がらなかった要因だろうねぇ。キャンプまであと半月といったところで、フランスワとコルニエルがコロナ陽性で来日が遅れるとのニュースが入ってきた。フランスワは昨季もコロナで来日が遅れたよな。フランスワを責める気持ちはないけど、「またかよ」というのが正直なところだよな。日本政府の入国者の制限により、新助っ人も来日が未定とのこと。まぁどの球団も同じような感じなんだろうけど、困ったもんだよな。

助っ人の背番号が決定!!マクブルーム「10」、アンダーソン「42」

そんな新助っ人たちの背番号が決定した。誠也の後釜として4番に入るかもしれんマクブルームが「10」。クロンの後を引き継ぐ形だよな。アタクシは結構げんをかつぐ方で、クロンが外れたからな、違う番号の方がよかったかなぁとは思うけどな。アンダーソンはメジャー全球団で永久欠番になっている「42」に決定した。これ結構アメリカ人はうれしいみたいだねぇ。ターリーは「68」。いかにも左の中継ぎといった背番号だよな。もう少し軽い番号なかったのかねぇ??まぁこの辺はカープにとっては助っ人の背番号として定着してきたよな。この3選手も今季だけではなく1シーズンでも長くこの背番号でカープの力になってほしいよな。

誠也が抜け、助っ人無しなら若手には大チャンス!!

誠也の去就はまだ未定だけど、助っ人が来なくて誠也が抜ければ色んなポジションで穴があく。これ、若手や今季入団のルーキーたちにはよだれが出そうな環境だよな。特にライトのポジション、打線でも右の強打者は絶対に必要だからな、この争いはかなり激しくなるだろうねぇ。外野の一角と言う角度からみれば、左だけど野間や大盛だって狙っているだろうし、ルーキーの中村健、末包も大チャンス。ベテランの長野だって慣れたライトのポジションなら力をまだまだ発揮できそうだよな。それと外野に挑戦中の中村奨成。これが誠也のいなくなったカープ打線に光を照らしてくれるようなことになると最高だよな。
フランスワ、コルニエル、ターリーと中継ぎ陣が多いからな、若手の投手陣も大チャンスだよな。セットアッパーの地位を狙う、島内、ケムナ、森浦はこれを機にポジションを自分のものにしたいだろう。ルーキーの黒原や森といった即戦力左腕も開幕1軍のチャンスが広がるよな。とにかく大チャンス。これをモノにする選手が多ければ多いほど順位も上がっていくだろうねぇ。

核として定着する選手がどれだけ出てくるかがカギ

確かにカープにはいい選手が多い。多いけど、誠也が抜けたとなれば大きな穴を感じずにはいられないよな。それだけ誠也と言う存在はカープにとっては大きな核だった。昨季はカープを「誠也のチーム」と言い続けてきたわけだけど、別の言い方をすれば、誠也以外に「核」がないということになる。誠也の穴はみんなで埋めるという覚悟なんだろうけど、束になっても誠也の穴を埋められないほど、そのほかの選手の「核」の大きさはまだまだ小さいように思う。
佐々岡監督が菊池以外は競争と言うのはまさに今のカープの状況を物語っているようだよな。優勝したヤクルトなら内野には山田と村上、捕手は中村、外野には青木、代打の切り札には川端、センターには塩見と重要なポジションや打順にきちんとした核がある。それと比べればカープは寂しい限りだよな。
もちろんシーズンを戦いながら大きな核に成長してくれる選手が沢山出てくればいいんだよな。若手でポジションをつかんだ林や小園、坂倉にはそういった存在にまで成長して欲しいし、龍馬も実力はあるんだけど、まだまだチームの顔になる存在感がない。ルーキーの中村健や末包にも可能性は感じるしな、シーズンを戦いながら核になれそうな、なってほしい選手は沢山いるのよ。この辺の菊池以外の選手がガッチリポジションを取って打線をある程度固定できるようになればいい戦いができるだろうねぇ。

何度も書くけどアタクシは誠也の残留の線はまだまだあるとは思っている。思っているけど、アテにはしていない。もちろん佐々岡監督もカープ球団も誠也がいないという前提でチームを作っていくだろう。さて、キャンプまであと半月。今季はどんな選手がポジションをつかむんだろうねぇ。

(Visited 278 times, 11 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ