2年目の投手陣に明暗 栗林は盤石、森浦には成長の跡、大道は…!?中崎はいよいよ復活の予感??

2年目の投手陣に明暗 栗林は盤石、森浦には成長の跡、大道は…!?中崎はいよいよ復活の予感??

広島中崎翔太投手(29)が22日、DeNAとの練習試合(アトムホームスタジアム宜野湾)の7回に登板し、1回1安打3三振無失点に抑えた。最速150キロを計測した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島中崎翔太1回3K復調予感 最速150キロ、直球に力強さやキレ「積み重ねていければ」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

DeNAとの練習試合。見ることができたのは大道が7失点した場面から。その後のカープ打線の反撃も不発とあってね、展開的には今一つだったけどな、このゲームでの収穫は特に投手陣にはたくさんあったように思うねぇ。先発、抑えと今季のカープは大きな「幹」がある。そこにどれだけ太い枝をそこから生やせるか??先発の5番手6番手や栗林の前に投げる投手、ビハインドでも流れを持ってこれる中継ぎ投手といった枝ね、ここにどれだけ強力な投手が配置されるのか??大きなポイントだよな。投手はいくらいてもいいというけど、今季のカープは誠也が抜けてさらに得点力が落ちることが予想されるからな、少ない点で勝っていくためには投手力の整備というのは本当に重要になってくる。このゲームでは収穫もあったし、もっと頑張ってほしい投手もいたよな。

ドラ2・森の初登板は3回1失点

先発はローテ入りの期待がかかるドラフト2位の森。対外試合は初めてだからな、かなり緊張もあっただろう。残念ながら森の投球を見ることはできなかったけど、立ち上がりに連打を食らったシーンは何度もVTRで流れた(笑)おそらく緊張感からだろう打たれた球は高めの力のない球だった。プロなら打つよという球。まぁこの辺からも緊張していたように感じるよな。普通の若手なら、この立ち上がりなら2,3点取られてもおかしくない。ところが森はここを1失点に抑えた。この1点だって曾澤がうまく補給していたら防げた点。そういう意味ではランナーを出しても冷静に対応できる能力は高そうだよな。本当は抑えたシーンも見たかったんだけど、佐々岡監督の評価も上々のようで、当然次もあるだろう。楽しみだよな。

大道は追い込んでからの決め球に課題。7失点

2番手は大道。昨季はリリーフスタートも途中から先発に転向。しかしシーズン終盤は出番がなくなってしまった。今季は先発の5番手、6番手の椅子を狙う。そんなキャンプだったろう。初回は何とか0に抑えたものの5回に自身の悪送球からピンチを作り、最後は牧に一発食らって7失点。先発テストだから3イニングの予定だったと思うけど2イニングでマウンドを降りた。大道にとっては苦いマウンドになったよな。そして大道にとって開幕ローテをつかむ、そしてその先ローテ投手としてやっていくには2つの課題がね、この日は出たように思うねぇ。
一つはやはり自身のエラーを引きずってしまった部分。いわゆる「切り替え」だよな。この場面先頭の倉本にボール先行でストライクを取りに来た球をヒットされた。続く柴田の投ゴロを2塁へ悪送球。この辺は先頭出してゲッツーを取りたいという気持ちが強く出ちまったようだねぇ。これでピンチを広げた。ここが踏ん張りどころだよな。しかし知野にあっさりとタイムリーを許してしまった。まぁ無死1,3塁打から1点は覚悟、というか1点はやっても2点目はという投球が必要だよな。犠牲フライやゲッツーの間に1点なら1DeNAのチャンスの芽は小さくなる。そういう投球ができるようになるといいよな。

2ストライクからの攻め方

もう一つは追い込んでからの決め球に苦労している。そんな印象を受けたねぇ。話は変わるけど日曜日の巨人との練習試合。イニングは忘れたけど得点圏の場面で羽月に打席が回ってきた。このチャンスに羽月はあっという間に2ストライクと追い込まれてしまう。解説の井端さんがこの時の打者心理を語っていたのが印象的だった。井端さんはこの場面で追い込まれたらはっきりと「打てない」と断言。1ボール2ストライクでも無理。並行カウントでも投手有利。フルカウントになってやっと五分五分。ならば、そこまでのカウントに持っていくことが大事。そんなことを言っていた。結果、羽月は並行カウントまで粘ったものの打ち取られてしまった。
この日の大道はこれとは逆の立場、2ストライクと追い込んでいるのに大道が追い込まれてしまっている。こういう投球をすれば、球数も増えるし勝ちが遠くなるように思う。その典型的な場面が知野にタイムリーを打たれた後、打者蛯名の場面。大道はポンポンと2ストライクと追い込んだ。井端さん風に言えば、打者はかなり厳しい立場に追い込まれている。それなのに大道がここから「追い込まれる」。ボールを一つはさみ決めに行った球がことごとくファールされる。この辺に大道の「追い込んでから」の課題が浮き彫りになったよな。蛯名は粘りに粘って結局フルカウント。ここでショートゴロを打つも2塁1塁オールセーフの野選で2失点目。おまけにランナー二人を残す結果になった。
この場面、解説の新井さんも言っていたけど、「フルカウント」にしたから起こった野選ともいえる。これフルカウント以外であれば少なくとも2塁でアウトの一つは取れた。取れれば1死1塁から始められる。と、なれば1イニング7失点する確率はかなり減るだろう。では、なぜフルカウントだから起こったかといえば、フルカウントなら1塁走者は投げた瞬間からスタートを切る。ほかのカウントであれば、ランエンドヒットなどのサインが出ない限りはスタートしない。フルカウントだから1塁走者は早くスタートが切れた分2塁がセーフになったのよ。フルカウントになる前に蛯名を打ち取っていれば、牧のスリーランはなかっただろうしな、こういう部分で大道は自分の首を絞めてしまった側面はあるよな。昨季の今頃は球の勢いでなんとかなったけど、1年シーズンを経験してかなり変貌したように思う。小さくまとまってしまっている感じもある。追い込んだら、昨季のように打者に牙をむいて自慢の真っすぐを投げ込んだ方がいい結果が出るように思う。持ち味を忘れてほしくないよな。

中崎が3奪三振の好投!!勝ちパターンに入ればデカい

この大道の7失点で勝負あり。練習試合とはいえ大差がつくとどうしても野球が荒っぽくなる。打線も単調な結果に終わったよな。そんな中、3人の投手が好投を見せてくれた。中でも手ごたえバッチリだったのはかつての守護神中崎が、1安打3奪三振の好投をみせた。結果だけではなく内容が非常に濃い投球だったと思うねぇ。
落ちる球を持たない中崎が三連覇中に守護神として君臨できたのは真っすぐの切れとコントロール。これに尽きると思う。その真っすぐが完全に戻ってきた。そんな投球だったよな。腕もしっかり振れているし、角度がある。キレもコントロールも抜群で打者が呆然と見送るというのが中崎の真骨頂。素晴らしかったよな。佐々岡監督もさぞ喜んだことだろう。
若い投手の中で三連覇を経験している中崎がブルペンに入る意味というのは非常に大きいよな。経験もあるし、勝ちを知っている。そういう投手が勝ちパターンに入ってくるというのは本当に大きいし、ブルペンに厚みが出るよな。
もちろん、この投球で開幕1軍当確ではないだろう。ただ、首脳陣の頭には間違いなく切り込んでいけた内容だったと思う。キャンプから全開で今季にかける想いも伝わってくる。この投球を続けてぜひとも勝ちパターンに入ってきてほしいよな。

森浦は課題の左打者に光

この中崎の前に登板したのは森浦。大道、栗林とともに2年目のシーズンを迎える。当然昨季の課題を胸にキャンプに取り組んできていることだろう。
森浦の課題は左打者の被打率が高いところ。右打者は1割台だが、左打者には3割以上打たれている。昨季終盤は相手が右打者の場面で登場することもあったよな。左投手が左打者に打たれると使う方は使いづらい。何とか課題克服したいところだよな。ポイントはインコースに投げられるかどうか。この1点だろう。アマチュア時代は外の出し入れだけで抑えられたがプロではそうはいかない。森浦いわくこれまで左打者の懐に投げたことがなかったそうな。まぁそれはそれでスゴいことだよな。インコースに来ないと分かればプロは踏み込んでくる。プロの壁を痛感したことだろう。この日の登板ではすべて右打者だったけど、16日のDeNA戦では楠本を見事に打ち取った。左打者を抑えられるとなれば、心理的にも余裕が出てくるだろう。貴重な中継ぎとして今季はぜひ飛躍してほしいよな。

栗林は今季も絶対守護神!!9球で0封

大道、森浦と同期入団の栗林が8回に登板。あっという間に0で抑えた。この辺は貫禄すら感じられる内容だった。素晴らしいよな。今季も絶対守護神は健在。2年目のジンクスもないだろうねぇ。栗林のキャンプでの課題は四球。昨季も抑えはしたけど、自身の四球でピンチを作る場面が多かった。まぁ自分の蒔いた種は自分でと自慢のフォークで三振を取って切り抜けた場面を何度も見たよな。四球が多いということはそれだけ球数も増える。積み重なれば疲労につながるだけに、シーズン終盤にはかなり疲れもたまっていただろう。その反省から四球撲滅の目標を立てたのだろう。たった9球で料理できた投結果には手ごたえを感じているだろうねぇ。
昨季はこの栗林につなぐまでね、ここが課題だった。8回に名乗りを上げている島内も巨人戦でいい投球をした。ケムナや助っ人人は出遅れているのでまだ、この辺の青写真は出来ていないといっていいだろう。ベンチの課題だよな。この絶対守護神の存在はカープのV奪回を現実のものとしてくれるだけの力があるだけに、ここまでのつなぎね、本当に大事だよな。その候補に中崎が入ってきそうなムードになってきた。さぁて1か月後のカープはどんな勝ちパターンで開幕するんだろうねぇ。大きなポイントだよな。

(Visited 628 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ