遠藤、まさかの連発被弾で秋山の1500安打達成&押せ押せムードが暗転…森浦はリフレッシュして帰ってきてほしい

遠藤、まさかの連発被弾で秋山の1500安打達成&押せ押せムードが暗転…森浦はリフレッシュして帰ってきてほしい

 「広島5-7阪神」(7日、マツダスタジアム) 広島は投手陣が踏ん張れず、阪神3連戦に負け越した。後半戦は1勝7敗で、借金は再び「6」に膨らんだ。

情報源: 広島・佐々岡監督 先発遠藤の代え時に「結果的に手遅れは僕の責任」森浦は2軍降格

やはり連敗が止まると選手の動きも良くなる。このゲームは両先発投手の出来がイマイチの中、前半戦は打撃戦、後半は中継ぎ勝負の展開になった。まぁ中継ぎの質、量ともに阪神が上手だったよな。最後は森浦がつかまって逆転負け。アタクシが常々言っている「戦力不足」ね、例えばこの夏の暑い時期に助っ人のドミニカンなんて何やってんだろう??と思うわけよ。フランスワとコルニエルが使えれば、このゲームなんかは取れていてもおかしくないはず。使えない助っ人置いておいてもしょうがないんだよな。

秋山1500安打達成!!

ゲームは前半は打ちあいの展開。その中で2-2の同点から秋山が勝ち越しのソロホームラン。逆方向に強い打球を打てる左打者がカープには多いんだけど、そこにまた1枚強力な選手が加わったよな。加入当初はまだまだといった感じだったけどオールスター明けてからはやはりその実力を見せつけてくれているよな。前日はサヨナラヒット。その後を打つマクブルームが調子を上げてくれると得点力は上がりそうだよな。本人はもちろん2000本目指してカープにやってきてくれたわけでまだまだ通過点に過ぎないだろう。今後の活躍も楽しみだよな。
それとカープの左打者にとっても秋山はいい手本になり、かつ刺激を与えてくれる存在になるだろう。秋山の一発の呼応するかのように龍馬にも一発が出た。対抗意識むき出しでこれも逆方向の一発だった。坂倉も5番の戻ってからかつての鋭い打球を飛ばすようになったし、小園にもいい影響が出ているように思う。今後のカープの左打者の活躍に期待が持てるよな。

野間はこうでなきゃいけない

秋山、龍馬の2発で2点差、もう1,2点あればこのゲーム、カープペースで進められる。そんな感じの展開で4回に見事な攻撃を見せてくれた。2死ランナーなしから野間がヒット。菊地の打席の初球に盗塁を見せてくれた。そして菊池のヒットで追加点を取った。まぁこの場面なら走らなきゃいかんところで走ってくれたよな。ただ今季のカープはこういう場面でも走らないケースが多いよな。まぁこれは選手が走れないのか??ベンチが走らせないのか??どっちもどっちだと思うけど、相手に緊張感を持たせる、プレッシャーをかけるという意味でも、こういうケースで盗塁を仕掛け成功率を上げることは非常に大事だと思うねぇ。ましてや野間のような選手の場合はこれをやれるやれないで出場機会がかなり変わってくるよな。ここの所1番に定着してきているし、この地位を確固たるものにするにはこうしたことがしっかりできるようしておくことが大事だよな。この5点目の取り方は非常に良かったと思う。これでこのゲームはいただき!!…と思ったんだけどな(笑)

遠藤、まさかの連続被弾で振り出しに…

ゲームとしてはいい形、前日のサヨナラ勝ちの勢いをそのままに阪神先発のガンケルを打ち崩し、ゲームは5回、遠藤に勝ち投手の権利が入るイニングだよな。ここで遠藤はまさかの連続被弾で自身の白星を手放してしまった。もったいないよな。ゲーム後の佐々岡監督のコメントからもこのイニングの展開次第では勝ち投手の権利がかかろうが交代させることもあったそうな。確かにこの日の遠藤の真っすぐね、これが全然来ていなかった。今季開幕からローテを守っていた時は真っすぐは144,5キロながらも球持ちがよく力があった。この真っすぐを軸にチェンジアップやスライダー、カーブで打者のタイミングをうまく外してきた。その軸になる真っすぐに全然力がなかったよな。
ブルペンでもどうやらイニングの頭から松本竜あたりが準備をしていたのだろう。2発目を打たれたときに佐々岡監督は戸惑いもなく交代を告げたもんな。この辺は佐々岡監督もまさか2死から2発打たれるとは思っていなかっただろう。さすがにこの展開でベンチを責めるのはかわいそうな気がするよな。やはり遠藤ね、この辺に課題があるというか、いい投球をしながらも勝ち星が先行しない理由がここにあるように思う。せっかく自身が同点タイムリーを打って、味方がいい形で突き放してくれたにも関わらず、白星がスルリと指の間から抜けて落ちてしまったような投球をしてしまうってのは、何かが足らないのだろうねぇ。
これはアタクシの意見だけど、あのイニング、先頭の近本にヒットを許した。佐々岡監督としてはもう一人ランナーを出したら交代させるつもりだったと思う。一番イヤなのはランナーを貯めてつながれて大量点。この日の遠藤ならそれをやられる可能性は十二分に秘めていたように思う。しかし遠藤も踏ん張る。佐藤輝を見逃しの三振、糸原をセンターフライで1塁ランナーの近本を釘付けにした。ここで遠藤は油断したんだと思うねぇ。特に佐藤輝を見逃し三振に仕留めた球は白濱が構えたところにズバリ決まった。気持ちよかっただろうねぇ。これで遠藤が「行ける」と思ったのだろう。そこにスキができたように思うねぇ。
ロドリゲスに打たれたのは初球の甘々のスライダー。打った瞬間だったよな。この初球の甘さね、遠藤が油断していた感アリアリの球だった。この辺の遠藤の甘さというか、アタクシは遠藤ウォッチャーなんであえて「いけないところ」と言わせてもらうけど、ここを改善できればもっと勝てると思うんだけどねぇ。本当にもったいないよな。

佐々岡監督の後悔はこのロドリゲスの一発の直後に代えなかったこと。この辺の判断は難しいところだよな。ロドリゲスの一発でランナーがクリアになった。2死だし、仮にここでロハスJr.にヒットや四球なら交代のシナリオだったろう。ところがロハスJr.にも一発食らっちまった。これは完全な想定外だったろう。アタクシもまさか一発を浴びるとは思っていなかった。佐々岡監督も手遅れは自分の責任と言っていたけど、アタクシは今回ばかりは遠藤ね、しっかりせい!!と言いたいねぇ。本当にもったいない投球だったよな。

森浦は配置転換ではなくファームで再調整

両先発がマウンドを降りてスコアは5-5のままゲームは終盤に差し掛かった。ここまで中継ぎで松本竜、ターリー、矢崎といい投球をしてくれた。特に矢崎の安定感ね、なんか、うれしいよな(笑)。
しかし同点で終盤となると延長戦も見据えなければいかん。そうなると中継ぎの量と質ね、阪神に分があるといった展開になってきた。カープとしては8回森浦、9回栗林でこの間に何とか得点をして勝ちたい。そんなシナリオだよな。
ところが8回に出てきた森浦がつかまった。先頭の陽川への死球ね、思い切ってインコースを突くもわずかにユニフォームにかすってしまった。この死球に動揺したというか、ペースを崩されたよな。
この日の森浦は疲れからなのかストライクとボールがハッキリしていた。特に左打者に対してどうしてもボール先行になり、ストライクを取りに来たところを狙い打たれたといった感じだよな。
森浦もここまで8回の男として頑張ってきてくれた。ランナーは出すも粘りの投球で今のポジションを自分の力で勝ち取った。ただ、やはり先発陣が早く降板することで勝ちゲームでなくても登板が増えたよな。この辺は厳しい暑さの中、森浦のスタミナを奪ってしまったところはあるだろうねぇ。ゲーム後佐々岡監督は森浦に2軍行きを命じた。この2軍行きはね、森浦、使えねぇという意味ではないように思う。信頼している中継ぎだからこそ、一度休んでフォームを見直して、最短で帰ってきてほしい、そんなメッセージが込められているように思うねぇ。森浦も切り替えて、一度体を休めて戻ってきてほしいよな。
そうなると8回を誰が投げるの??ということになる。個人的にはターリーがその役割を担うのではないかと思うねぇ。それとファームではフランスワが少し調子が上がってきたという情報もある。この辺の中継ぎ再編成は注目だよな。

残念ながら連敗が止まって連勝とはならなかった。攻撃陣は非常に形になってきているので悲観はしていないけど、やはり投手陣が心配だよな。ここのところ先発が5回持たないというのは夏場に来て非常に厳しいよな。他球団のように投手の頭数が多いわけではないので、厳しさが増すだろうねぇ。どうか若い投手ね、黒原や森といったドラフト上位投手はどうしているのだろうか??ぜひ、若い投手にね、どんどん出てきて1軍のピンチを救ってほしいよな。明日からはヤクルト、そして調子の上がってきた巨人との6連戦。何とか挽回したいよな。

(Visited 450 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ