佐々岡監督

1/19ページ

課題の「栗林につなぐまで」ケムナは8回の男になれるのか??佐々岡監督3年目にして「勝利の方程式」確率できるのだろうか??

広島ケムナ誠投手が来季のセットアッパー定着を誓った。300万円増の年俸1900万円で契約を更改。今季は中継ぎとして2年連続で40試合に登板し、2勝2敗12ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島ケムナ誠が300万円増の1900万円「波があった。8回を狙って」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 昨日の記事は途中で切り上げることになった九里、結論は「ほぼほぼ」決まった??野村は上限いっ […]

佐々岡政権3年目は原点回帰の「一体感」。カギは3年目の佐々岡監督ではなく「2年目」の河田ヘッド??

 広島の佐々岡真司監督(54)が2日、マツダスタジアム内の球団事務所を訪れ、松田オーナーに今季の戦いを報告した。その後、指揮官は取材に応じ、原点回帰を宣言。リーグ優勝したヤクルトを参考に、これまで以上にチームに一体感をもたらして、一丸で歓喜の瞬間を手繰り寄せると誓った。 佐々岡監督が初心に立ち返った。63勝68敗12分けで3年連続Bクラスに終わった今季。指揮官にとっても2年連続で味わう悔しい戦いだった。黒星が先行した要因を自己分析。来季へ向けて、さらに一体感を高めることをテーマに掲げた。 情報源 […]

プロ初先発小林樹斗は「佐々岡流」で3回2/3 6失点デビューも大器の予感!?栗林新人最多セーブ記録に並び、誠也は首位打者でシーズンに幕

広島の高卒ルーキー小林樹斗投手(18)が、デビュー戦で大器の片りんをみせた。智弁和歌山から昨年にドラフト4位で入団した右腕が、今季最終戦のヤクルト戦にプロ初登… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島小林樹斗デビュー戦2回まで完全 4回途中6失点も山田K、村上2K – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ とうとう2021年シーズンも最終戦。舞台は神宮球場ということで乱打戦、そしてヤクルト、雄平 […]

先に巨人が勝っちゃってBクラスが確定…切り替えが難しかったゲームでドロー。残りゲームの戦い方も今後の糧に

   「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム) ナイターでの試合前の段階で、広島の逆転CS進出が消え、3年連続でのBクラスが決まった。 情報源: 広島、3年連続Bクラス 猛追も届かず、デーゲームで巨人が勝って決定 とうとう今季のカープ、3年連続Bクラスが確定した。まぁカープが負けて決まってしまうよりはよかったかなぁというのが正直な気持ちだねぇ。もともと「自力CS」の望みはとうに消えていたし、巨人が予想以上に負け続けてくれてこうなったってのはあるしな、もちろん、巨人が連敗中にカープが連 […]

課題の8回を粘りの継投で切り抜け巨人と4.5差!!指揮官の口からようやく漏れた「残り全部勝つ」でチームが一つになれるのか??

 「広島5-3DeNA」(14日、マツダスタジアム) 広島がDeNAに勝利して3カード連続勝ち越し。3位・巨人とゲーム差を4・5に縮めた。先発の大瀬良は6回2失点で9勝目。2年ぶりの2桁勝利に王手をかけた。打線は四回に鈴木誠が35号同点ソロ。五回は小園と西川の連続適時打で勝ち越した。試合後、佐々岡監督の主な一問一答は以下の通り。 情報源: 広島・佐々岡監督 巨人との最終戦へ「まず、そこへ集中」「9試合全部勝つつもりで」 今村、中村恭など支配下4人、育成2人が戦力外通告 まずは戦力外通告第一弾がと […]

連打でビッグイニングが床田の悪いところと言うけれど、佐々岡カープの悪いところもたくさん出てましたよ

 「広島3-9DeNA」(13日、マツダスタジアム) 広島がDeNAに大敗し、連勝は6でストップ。今季初の7連勝を逃した。 情報源: 広島・佐々岡監督 一挙7失点の床田に「連打でビッグイニングになってしまうのが悪いところ」 とうとう連勝が6でストップしちまったよな。それまで好投を続けてきた床田が雨が降り出した途端に乱調。一気にひっくり返された。まぁ色々要因はあるとは思うけどな、床田にはしっかり投げて欲しかったというのはある。あるけど、カープベンチも「もう少し何とかならんかったのか?」と問いたい気 […]

ファンが惨めな想いをする「ぬるい野球」だけはやめてくれ!!球団も真剣にやらんとファンがどんどん離れるよ

  広島が今季12度目の完封負けで、12球団最速で60敗に到達した。ここまで巨人戦4勝1敗だった九里が6安打4四球で7失点の乱調。今季最短の2回2/3でKOされた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島12球団最速で60敗 先発九里が今季最短3回途中7失点KO – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 今カードの初戦、床田の完封劇で連敗を止めた。このゲームの先発は二けた勝利に大手をか […]

床田「志願」の初完封で連敗ストップ!!このゲームに限っては佐々岡監督の親心がいい方向に

 「広島2-0巨人」(21日、マツダスタジアム) 広島の床田寛樹投手(26)がプロ5年目、通算55試合目でうれしいプロ初完封勝利を挙げた。125球の熱投。9回6安打9奪三振の堂々たる内容で巨人打線を圧倒し、チームの連敗を2で止めた。殻を破る白星を飾った左腕が、残り試合も勝ち星を積み重ねていく。 情報源: 広島・床田プロ初完封 「栗林がいる」九回志願125球 成長を実感 9月も下旬に差し掛かると日が暮れるのが早いよな。6月7月はナイトゲームでも開始時はかなりの日差しが降り注いでいたけど、最近は1回 […]

1 19