佐々岡監督

1/14ページ

薮田は炎上で脱落。センター候補は大盛がリード!?堂林が泥んこになって好打、好走塁を連発!!

 「広島紅白戦、白組0-10紅組」(25日、コザしんきんスタジアム) 広島の堂林翔太内野手(29)が2安打2打点をマークし、盗塁を決めるなど好走塁を連発した。 情報源: カープ堂林が紅白戦で好走塁を連発 昨季チームトップ17盗塁、今季も「足」での貢献誓う ここの所、仕事にプライベートに慌ただしくてね、1週間ほど更新をお休みさせていただきました。仕事の方ではお店の改装。売り場を決めたり処分するものがあったりとね、なかなかのものだった。昔は改装となれば2週間ほど店を閉めてやるもんだったけど、コンビニ […]

523得点のうち「生きた得点」がどれだけあったのか?強いカープ復活に欠かせない「1点を取りに行く野球」。ドラ1栗林に高まる「抑え」への期待感

 広島は今キャンプで初めて練習メニューとして「ケース打撃」を組み、チームの総力で1点を取りに行く攻撃を再確認した。 情報源: 総力戦で1点取る野球を 広島がキャンプ初のケース打撃で目指すスタイルを再確認 – スポニチ Sponichi Annex 野球 キャンプも第2クール最終日。ぼちぼち選手個々の調整からチーム練習が入ってくる頃だよな。戦力の見極めと同じくらいキャンプでは大事な部分だと思う。ここで決めたこと、やってきたことで何勝をもぎとれるか?そして何敗を防げるか?ペナントレースを […]

床田 昨季の苦い経験を活かして今季は高評価!佐々岡監督、大道・森浦は中継ぎ起用を示唆!!

 「広島春季キャンプ」(8日、沖縄) 広島の床田寛樹投手(25)が、初のシート打撃に登板した。打者9人に対し、36球を投げ、無安打に抑える好投を見せた。2三振を奪い、四球は1だった。床田は「キャンプ前から真っすぐをしっかりと押していこうと思っていた。直球を低めに制球できたのは自分としてもすごくいいと思う。これを続けていければ」と振り返った。 情報源: 広島・床田がシート打撃で好投 佐々岡監督も評価「いいものを見せてくれている」 ここの所はシート打撃練習で打者・投手ともこれまでの仕上がり具合を首脳 […]

開幕投手候補一番手の森下が更なる進化へ!?大瀬良は?九里は?開幕ローテを考えてみる

 「広島春季キャンプ」(6日、沖縄) 広島の森下暢仁投手(23)がブルペンに入り、今キャンプ最多の106球を投じた。同期の石原に対し、直球と持ち球のカーブ、カットボール、チェンジアップを投げ、“マエケン直伝”のスライダーとツーシームの2つの新球種を数球投じた。 情報源: 広島・森下“マエケン直伝”のスライダー解禁も…完成度「0%」 キャンプ第2クールになると投手もブルペンで熱が上がってくる。開幕投手に名乗りを上げた九里が340球以上を投じ、ルーキー栗林も真っすぐ一本から変化球の調整に入った。2軍 […]

九里、昭和的??347球炎の投げ込みを敢行!!投げ込みは時代遅れの練習方法なのだろうか??

 「広島春季キャンプ」(4日、沖縄) 広島の佐々岡真司監督が第1クールを総括した。前日3日とこの日は、若手がフリー打撃に登板してアピール。ブルペンでは九里が347球の熱投劇を演じた。一問一答は下記の通り。 情報源: 広島・佐々岡監督 347球の熱投 九里に「素晴らしいブルペン」と高評価 別にアタクシが九里推しだからというわけではないんだけど、今日の記事も九里に触れておきたい。まぁそれだけ、今キャンプでの九里の存在感が際立っているといっていいだろうねぇ。第1クール最終日の4日、九里がなんと347球 […]

勝利の方程式は確立できるのか!?ルーキーたちの起用法は?それよりもファームのクローザー田中法の1軍キャンプ抜擢で一気に気になる存在に

◆ 昨季の救援防御率は12球団ワーストの4.64  広島は19日、2月1日から始まる春季キャップのメンバー振り分けを発表した。新人ではドラフト1位の栗林良吏投手(トヨタ自動車)、同2位・森浦大輔投手( 情報源: リリーフ整備、新助っ人大砲&若手 広島キャンプの注目ポイント この週末は全国的に荒れ模様。東京でも雪か!?とワイドショーは大騒ぎだけどな、まぁコロナも含めてテレビマスコミの煽りというのは日に日にひどくなっていく印象がある。ここ数年はマスコミの雪が降る降る詐欺に騙される人が少なくなった。以 […]

中村恭平が先発に再転向で秘密兵器になれるか!?ポイントは緩急とストライクが取れる球。

広島中村恭平投手(31)が先発復帰にチャレンジする。14日、マツダスタジアムで自主トレを行い、明らかにした。19年に中継ぎとしてブレークしたが、昨季は故障離脱… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島中村恭平「長いイニングを」先発復帰に挑戦 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ プロ野球選手は1年1年が勝負だよな。何年か続けて成績を残せなければ、余程のことがない限り契約を切られてしまう。シー […]

メヒア陽性で出遅れ。アカデミー出身選手から感じる「プロ意識の低さ」。巨人は桑田コーチを補強でどう変わるのか?九里は開幕投手に向けて意欲満々の調整。

 広島の九里亜蓮投手(29)が12日、マツダスタジアムに隣接する屋内練習場で自主トレを公開。昨季の契約更改時に自身初の開幕投手を狙うと宣言した右腕は、シーズンの目標を5完投以上に設定した。2年連続で開幕からローテを守り投げ続けることで、投手陣をけん引していく覚悟だ。 充実した表情が印象的だった。九里は低酸素マスクを着用して繰り返したダッシュでも呼吸一つ乱れない。「ランニングもある程度の量を走っているし、ウエートトレ、キャッチボールも少しずつ(強度を)上げている段階」。万全の状態でキャンプに臨めそ […]

1 14