クロン、コンディション不良で悔しい登録抹消で露呈する次世代の中軸を担う人材不足

クロン、コンディション不良で悔しい登録抹消で露呈する次世代の中軸を担う人材不足

 広島のケビン・クロン内野手(28)が5日、出場選手登録を抹消された。 クロンは4日のDeNA3回戦(横浜)で今季初めてスタメン落ちし、欠場した。試合前のウオーミングアップには参加したものの、打撃練習や守備練習などは回避していた。
情報源: 広島がクロンを登録抹消 コンディション不良か 出場8試合打率・192

開幕して9試合を消化。5勝3敗1分で貯金が2で順位が3位。まずまずのスタートだよな。まあ開幕して30試合、各カード2回りして貯金がどれだけか?この辺で開幕ダッシュの成功か失敗かって判断になると思う。前回も書いたけど今季のカープ打線には重かった「3点目」。大きな連勝はいらない。カード勝ち越しを勝ち取る野球をやればいいまずはカード勝ち越しを続ければいい。カード初戦、2戦目を丁寧に戦っていけば、今の投手力を考えたら十分可能のように思う。投手陣については昨季に比べれば雲泥の差。手ごたえをつかんている同志も多いことだろうねえ。

逆に心配なのは野手陣だよな。主砲の誠也にはまだ1発が出ていない。盗塁数はカープだけリーグで0。おいおい、機動力野球はどこへ行った!?と心配になっちまうよな。まぁこの辺は「盗塁」という記録は残らんけど、ランエンドヒットや進塁打を上手に絡めているんである程度は足は使えているように思う。よく言う「記録に残らないプレー」ね、ここは出来ているのだろう。ただ、やはり攻撃陣の「怖さ」という部分においては迫力不足は否めない。そんな中で唯一の一発屋を担うクロンがコンディション不良で登録抹消。結果は別としてチームに溶け込み、一生懸命やっている姿を見ているからな、残念だし寂しいよな。そしてますます打線に迫力が無くなっていく。困ったもんだよな。

クロンの故障はわき腹??背中??手首??

さて、クロンの登録抹消だけど、ゲームを引っ込んだのはベイスターズ戦の打席後ということだから、打てねぇからというよりは明らかにどこかを痛めたということ。球団からも上半身のコンディション不良ということだけ発表があった。最近は具体的にどこを痛めたという発表をしていないよな。まぁ情報を他球団に漏らすということは勝つ上ではやってはいけないこと。緒方監督の時代もそうだった。中日黄金期の落合さんも情報について、特に選手のコンディションについては非常に厳しい情報統制をやっていた聞く。例えばゲーム前の練習には解説者もグランドに降りてきて取材をする。当然、あの選手の調子はどうだ??とか故障者がいつ戻ってこれそうかなどを聞き出そうとする。そういった球団や球界OBである先輩たちにも「絶対に言わない」というのはタテ社会の野球界では結構大変なこと。落合さんがマスコミに不愛想なのもそういった部分が多分にあったと言われている。まぁ勝つ為には色んな事が行われている。大変だよな。
クロンの話に戻そう。さて、上半身といっても広い。アイツ、デカいしな(笑)バッティングのあとということだから考えられるのはわき腹や背中、スイングした時に手首を痛めた、その辺かねぇ。これわき腹や背中だと結構長引くよな。この辺はキャンプ、オープン戦とフル出場した疲れから来るものかもしれん。少し休養してコンディションが戻ればいいけどな。横浜との3戦目は「様子を見る」といっていたから、筋肉系かな??シーズンは始まったばかりだから焦らずな治して欲しいし、これまでの自分の打撃を見つめなおすいい機会だと思う。クロンには落ち込まずに前を向いてほしいよな。

クロンの代わりに三好が昇格。控えに目立ってきた「小粒感」

さてクロンの代わりに誰が上がってくるのか??個人的には興味津々だった。オープン戦までキャンプを完走した正髄や林あたりかと期待をしていたけど、クロンは内野手だからな外野手はないかなぁと。密かに林を期待していたのだが、あがってきたのは守備の匠・三好だよな。この辺、アタクシ同様「三好か…」とため息をついた同志も多いのではないかねぇ??
三好の名誉の為に言っておくけど別に三好がいけないとかいう話じゃない。三好の守備は天下一品。勝利に貢献するプレーをしてくれる選手、三好に不満があるわけではないのよ。ただ、1軍の控えを見てみると守備固め、代走要因といった位置づけの選手に偏っていないか!?確かに上本がいなくなったけど、それでも曽根、矢野、大盛といるわけで、この選手たちに「代打」で結果を求めるのは難しいし、相手からしてみると強力な代打の心配がないだけでもかなり楽だよな。
何度も言うけど、三好を筆頭に曽根や矢野、大盛がダメなわけではなく、戦力が「小粒化」している印象が否めない。アタクシはここが問題のように思うんだよな。今のメンバーなら右の代打は長野、坂倉がスタメンなら、會澤。左だと會澤スタメン時の坂倉といったところだろうか??これだけならあまり怖くねぇよな。確かに今季は9回で終わりだから、投手のところに代打というパターンは少ないかもしれん。その前にケリをつけるために代走要因を抱える作戦もアタクシは理解はできる。ただね、チームの編成が「これでいいのか??」という不安や不満が残る。アタクシのため息はここから来ているんだよな。

昨季オフからMageちゃんが訴えていること

考えても見て欲しい。カープはクロンに何を求めて契約したのか??昨季露呈した課題の一つである「長打力不足」解消の為だよな。その役割を担ったクロンが今の成績は置いておいておいて登録抹消となれば、それと同じ役割を担える、期待できる選手がファームから上がってくるのがアタクシは「自然」だと思う。打力が落ちるわけだから打力を補強するのは当然だし、打力が落ちて守備力を強化すればチームの戦力バランスが崩れるよな。でもカープのチーム編成上、クロンの代わりに三好をあげなきゃならんのが「現状」なのよ。昨オフにこうなることは十分に予測できたはず。なのにカープ球団はこれを怠ってきた。その愚痴はすでに記事にしてある。
あのスコットが残留のサプライズで助っ人補強は終了!?助っ人補強からも感じるカープの「補強熱の低くさ」
松田オーナー「5位になるようなチームではない」。ってさ、そう思ってるから補強が中途半端なんだよな。
新助っ人は一発が魅力のケビン・クロンと抑え候補??のドビーダス・ネヴァラウスカス。両方とも問題ありそうな気がしている。
現状、クロンはアタクシの危惧通り「大型扇風機」状態。これも想定していなきゃおかしい。恐らくその役割をメヒアに託すことになるだろう。これもアタクシはダメだと以前に記事に書いている。
2020カープ助っ人通信簿 助っ人全員総入れ替えでもいいと思う。そのポイントとは?
メヒアの荒っぽい打撃についてはこのキャンプで改善されているかなぁと少し期待していたけど、あまり変わっていない。なら、昨季で切っておいた方がよかったように思う。とかいうと急に打ち出したりするかもしれんけど、その時は甘んじて批判は受けるつもりよ。

長打力不足解消なんてね、助っ人一人いれた位じゃ変わらんのよ。それも日本での実績のない助っ人一人ならなおさら。それなら、日本で実績のある助っ人を引っ張ってくるとか、一時バティスタの復帰もうわさされたけど、そういった行動には全くカープ球団は出ないよな。昨オフ書いた記事にも現状で十分というご意見が多かったように思うけど、アタクシはここに大きく手をつけないと昨季よりも打撃成績は全てにおいて悪くなると考えていた。2年連続Bクラスをきっかけにメスをいれる絶好のタイミングだと思っていただけに、カープ球団のクロン一人だけの補強というのには大きな不満を感じたのよ。このクロンと三好の入れ替えね、アタクシは象徴しているように思う。

打撃で1軍に上がる席はガラ空き。若手には大チャンス!!

緊急事態宣言が解除となり各球団の助っ人陣もどんどん来日している。来週の11日から出てくる選手も多いだろう。カープ球団もバードやネバラスカスといった投手が新たにメンバーに加わる。まぁまずはファームで投げさせてということだと思うのでもう少し時間がかかるだろう。こうした助っ人陣の動きが出てきたわけだからな、カープ球団も後、一人くらい打者を探すことをした方がいいように思う。まぁやらんと思うけどな。
そうなると、若手には大チャンスということになる。前にも名前が上がった林や正髄に加えて、ここの所中村奨成がファームでホームランをかっ飛ばしているようだねぇ。そして捕手に固執せずファームでは外野やサードでゲームに出ているようだねぇ?そうなると中村奨にも捕手ではなく打者で1軍昇格のチャンスが大きくなってきた。アタクシの中で期待がどんどん大きくなってきている。こうした若手にはクロン抹消は絶好のチャンス。このチャンスをつかんでくれる若手を首を長くして待ってるよ。

投手を見殺しにする打線ならAクラスは厳しい??

ここまでのカープの戦いぶりをみると投手が安定しているのである程度、安心して見ていられるってのは昨季との大きな違いだよな。ただ、長打力不足による「残塁の多さ」ね、ここはドツボにハマる前に何としてでも解消しておかなきゃいかん問題だろうねぇ。
今のところはリードされても僅差なので追いつき追い越せている。5勝のうち3勝が逆転勝ちだけど、3連覇時代の派手な逆転劇はないよな。むしろ大逆転のチャンスは沢山あれどあと一本が出ずに残塁の山を築く。これを続けているとそのうち投打の信頼関係が崩れてしまう恐れがある。こうなったらAクラスはまず難しいだろうねぇ。投手が踏ん張ってもなかなか点が入らない。1点、2点で抑えても黒星がつくような先発投手が増えると不満が大きくなるだろう。口ではチームの為と言っても頑張りが報われない状況が続けばどんな人間だってクサるものよ。ようやく点を取ったと思ったら投手が打たれる。そんな悪循環に一度チームが陥ってしまうとシーズン中に立て直す可能性はゼロに近い。これが一番怖いよな。
一番手っ取り早いのは誠也が4番としてチームの顔として打ちまくってくれるのがいい。今季誠也はここまでホームラン無し。打線が今一つ乗れない要因のひとつだろうねぇ。そしてクロンが抜けたことで1発の怖さがもともとないチームだったのがますますこれでなくなっちまった。起爆剤が欲しいよな。
その1番手は坂倉かねぇ??好調な打撃も捕手問題でゲームに出たり出なかったり。もったいない気がするよな。それと若手の抜擢。ファームで好調な中村奨を抜擢してみるのもいい。案外シンデレラボーイになるかもしれんよな。大舞台での強さは甲子園で実証済み。飛躍のシーズンになるかもな。
さて、今週は神宮でヤクルトと3連戦、その後は地元に戻って巨人を迎え撃つ。今週も何とか勝ち越したいよな。その巨人は今週、阪神、カープとの6連戦。開幕直後の最初のヤマだろう。丸やウィラー、中島、若林と欠いているわけで、ここを名将原監督がどう切り抜けていくか??その辺もチラチラ見ていくとするかねぇ。今日の先発は森下。まずは先手を取りたいよな。

(Visited 581 times, 3 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ