課題の「栗林につなぐまで」ケムナは8回の男になれるのか??佐々岡監督3年目にして「勝利の方程式」確率できるのだろうか??

課題の「栗林につなぐまで」ケムナは8回の男になれるのか??佐々岡監督3年目にして「勝利の方程式」確率できるのだろうか??

広島ケムナ誠投手が来季のセットアッパー定着を誓った。300万円増の年俸1900万円で契約を更改。今季は中継ぎとして2年連続で40試合に登板し、2勝2敗12ホー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島ケムナ誠が300万円増の1900万円「波があった。8回を狙って」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

昨日の記事は途中で切り上げることになった九里、結論は「ほぼほぼ」決まった??野村は上限いっぱいのダウンで契約も来季も先発でいくのかね??。最後にケムナのことをつけ足そうと思っていたのがすっかり頭から飛んでしまっていて、今朝、それを思い出して目が覚めた(笑)。ということで、今日はやり残したケムナの事、そして「勝利の方程式」について書こうかと思っているよ。
その前に昨日の日本シリーズ第1戦ね、まぁカープが出ていないので流しながら見ていたけど、総じていいゲームだったよな。2年目の奥川が素晴らしい投球をした。高卒2年目。これを大事なポストシーズンの初戦にぶつける高津監督の眼力と度胸ね、大したものだよな。オリックスの絶対エース山本由伸と堂々投げ合った。まぁ取れて3点と言う投手だから、昨日ヤクルトが勝つすれば、オリックス打線を3点以下に抑えればというゲームプランだったろう。それが最後の最後、抑えのマクガフがひっくり返された。シーズン通りのプランでひっくり返された。シーズン中なら切り替えてまた明日、抑えが打たれたのならしょうがないとなるけど、短期決戦でそれにこだわりすぎると流れを持ってこれない。この辺も監督の力量と言うのが問われる。このまま高津監督がマクガフを抑えに固執するのか??清水と入れ替えるか??もつれれば奥川を6,7戦リリーフ待機をさせるのかも含めてね、注目だよな。

昨日のヤクルトのような負け方ね、今季のカープは多かったよな。絶対守護神・栗林につなげればほぼほぼ勝てるわけて、踏ん張りどころがカープの場合は7,8回ということになる。ここの投手、いわゆる「勝利の方程式」が確立できなかった。コロナで離脱もあったし、同情する部分はあるけど、来季で3年目になる佐々岡監督がここを確立できるのか??大きなポイントになるだろうねぇ。

ケムナが300万円増で更改

今季のキャンプインで昨季に頭角を現してきたケムナや島内、塹江、実績組のフランスワと勝利の方程式を担えそうな人材はそれなりにはいた。この時点で栗林の抑えは決まっていなかったし、抑えを誰がやるのか??という課題もあった。フランスワがその一番手だったと思うけど、キャンプイン前にコロナ陽性となり来日が遅れたよな。まぁここからミソがついたと言ってもいいだろう。抑えを誰にするか??首脳陣が決められなかったのが大きかった。この時点で大きく出遅れたわけよ。
そんな中で栗林が抑えをやることになり、立派な成績をおさめた。それだけに7,8回を担う勝利の方程式が確立できなかったことが悔やまれるよな。
シーズン終盤は8回島内というパターンが確立してきて白星を伸ばせた。その前はケムナが担った。8回が決まるだけでも勝てるゲームが増えたよな。ただ佐々岡監督のリリーフの3連投回避策で役者が定まらなかったというのはあるよな。戦力の維持と勝負、この天秤のかけ具合と言うのは本当に難しいよな。
8回を一時的に担ったケムナも出遅れが響いた。シーズン通して戦力になったとは言い難い。契約更改も300万アップにとどまった。本人もいい時、悪い時の波を反省していた。期待に応えられなかったと言っている。そして最後は島内で落ち着いた8回を取りに行くと言い切った。期待したいよな。
島内も一つ皮がむけたように思う。カウントが悪くなるともうダメといった感じから脱皮できたように思うし、簡単に2死をとってからの失点もしなくなったように思う。当然、島内も8回の男でシーズンを終えたわけで「来季も」という思いは強いだろう。この8回をケムナと島内でしのぎを削って役目を奪い合うようになれば、ブルペンもパワーアップするだろうねぇ。

気になる塹江、フランスワ、左腕の不振

ケムナと島内がしのぎを削ることは佐々岡監督も大歓迎だろう。ただやはり左のセットアッパーもどうしても欲しいよな。今季はその役割を塹江、フランスワが担うはずだったけど、残念ながらシーズン通して機能したとは言い難いよな。フランスワはキャンプから出遅れたし、手術もした。シーズン終盤には1軍登板もあったけど8試合の登板で終わっちまった。まだまだフランスワ本来の投球とは程遠かったし、今季は全く戦力にならなかった。個人的にはリリースしてもいいかと思ったけど、球団も今季よりも来季にということで手術させたのだろう。来季は本当に頑張ってもらわないといかん投手だよな。
気になるのは塹江。シーズン中盤はよかったけど、終盤は先発の勝ちを消してしまってベンチで涙したシーンもあった。どうも安定感と言う部分では成長が止まってしまった印象がある。こちらももう一皮むけるための何かが欲しいよな。塹江は入団当初はコントロールが課題だった。四球、暴投で崩れる典型的な投手だった。中継ぎにまわってからはそういった悪癖が解消され、昨季から1軍で50試合以上投げるようになった。7回、8回の勝利の方程式を担うまでになった。成績は昨季も今季も同じようなもんなんだけど、今季の方が印象は悪かったよな。それは何故なのだろうか??
ひとつは無駄なランナーを簡単に出す。そしてそれを簡単に返してしまう。1本ヒットを打たれるとガラッとムードが変わってしまう。この辺は塹江の油断とか無警戒さがそうさせてしまっている印象がある。まぁこれは数値化できない塹江自身の内面の問題だからこのオフにしっかり反省して欲しい部分だろう。
もう一つは「三振がとれなくなった」。ここが大きいように思う。塹江のいいところはイキのいい真っすぐとスライダーだよな。このスライダーのコントロールが今ひとつでストライクとボールがはっきりしていた。打者に見極められてしまっていたよな。スライダーに打者が「引っかからなくなった」と言うことだろう。昨季は52試合登板で49.2イニング投げて三振が41。イニングでの奪三振率は0.83個。今季は51試合登板で42.1イニング。三振は29個。奪三振率は0.68と落ちた。ピンチを三振で切り抜けるのがリリーフ投手の真骨頂。コントロールを磨くのもよし、スライダーの精度を上げるのもよし、新球をマスターするのもいいだろう。本来なら70試合くらい投げてもらわないと困る存在。来季への課題は多い。頑張ってほしいよな。

新助っ人のターリーがどんなものか??

塹江、フランスワがシーズン働けなかった。終盤はバードが頑張ってくれたけど、1イニング任せるのは難しかった。カープが来季へ向けて大型左腕のターリーを補強したのも当然と言えば当然の流れだろう。右のコルニエルは何とか使えそうだから、左のパワー投手ね、やはり必要なピースだよな。このターリーがハマるといいだろう。ただ、動画をみると少し難があるというかね、低めへの制球が今一つの印象がある。まぁ日本に来て、見てみないとわからないけどちょっと厳しいかなぁと思っている。まぁ塹江、フランスワ、ターリー3人とも安定してくれるとなればかなり強力な布陣になるだろう。大きなポイントになると思うねぇ。

先発の踏ん張りも大事

勝利への方程式は白星を重ねていく上では本当に大事。ここがしっかりすれば、優勝争いに絡むことはできるだろう。ただ、それだけでは優勝はできない。ここに監督やベンチの勝負勘であったり、方程式とは別に「何でも屋」的なタフなリリーフも必要だろう。ヤクルトはそこがハマっての優勝だと思う。ただ、ブルペンだけで勝てるほど甘くない。酷使が続けばいずれ綻びが出てくるだろう。時には先発が完投、完封も必要だよな。と、なれば先発陣の頑張りも重要になってくる。先発が6回で降りるのと7回で降りるのでは使うリリーフの人数は倍になる確率が高い。
今季のカープは先発投手が7回を投げ切るというのはなかなかなかった。大瀬良も森下もゲーム序盤で球数が多くなるケースが多かったよな。
そんな中で床田がシーズン終盤いい投球をしてくれたよな。9月は3勝1敗で巨人戦ではプロ初完封を記録した。今季最多勝を取った九里も昨季に何かをつかんだとアタクシは盛んに書いた。確か九里も巨人戦で完封したのがきっかけだったように思う。個人的には床田もこの完封で何かをつかんだような感触を持っている。床田は開幕当初と、2軍から上がって来てからでは別人のようになった。床田あたりがコンスタントに7回を投げ切るようになればかなり楽だろうねぇ。森下も今季の反省を活かせるだろう。高橋昂ももう1イニング、2イニング長く投げられるようになれば、いい投手陣になるだろう。いいブルペンを作るには先発の踏ん張りも大事だよな。

まぁね、こうしてオフやキャンプの時ってのは夢や構想が広がる(笑)。これはこれでプロ野球の楽しみ方のひとつ。ただ、これでカープの出ないポストシーズンが3年連続になった。この時期まで自チームを応援できるというのは本当に幸せだよな。そういうものをかみしめながら今季の日本シリーズを見てみようと思う。もしカープがこの場に立っていたら??なんて視点で見るのいいだろうねぇ。カープも日本一になった79年は敵地で連敗した。ここから地元で3連勝して盛り返した。こういうシリーズを久しく見ていない。ヤクルトも初戦の負け方は悪かったけど、まだ2敗できる。流れを変えるチャンスはまだまだあるからね、そういう視点で見ていくと新しい発見もあるだろうねぇ。

(Visited 611 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ