弱いチームは同じパターンで負けるもの。とうとう最下位まで1ゲーム差。東出野手総合コーチが若手切り替えを示唆。お手並み拝見と行きましょう。

弱いチームは同じパターンで負けるもの。とうとう最下位まで1ゲーム差。東出野手総合コーチが若手切り替えを示唆。お手並み拝見と行きましょう。

 「ヤクルト8-3広島」(19日、神宮球場) 投壊に歯止めがきかない…。広島が今季ワーストの5連敗で、借金は同ワーストを更新する「5」に膨らんだ。先発・九里亜蓮投手(30)は自己ワーストの1試合4被弾で5回5失点KO。リーグ戦再開の今カードは大瀬良、森下、九里の先発3本柱を投入したが痛恨の3連敗。ついに最下位まで1ゲーム差の危機に直面した。

情報源: 九里4被弾で3本柱が大誤算3連敗 カープ今季最悪5連敗 1ゲーム差で最下位危機

昨日は更新を休んだ。もうね、腹が立ったなんてもんじゃない(笑)。土曜日のゲームね、打線が奮起して食らいつき得点を重ねるもその直後に投手が点を取られる。まぁ今のヤクルトは乗っているし、カープは開幕以来チーム状況がどん底だからな、プロ同士でもこういう結果になっちまうのはしょうがない。しょうがないけど、毎度毎度、先制してもあっさり逆転を許してそのままいかれてしまうという同じパターンでの負け方ね、これは弱いチームの典型だよな。そしてこういう負け方を重ねていくうちに選手は自信を無くしていく。まぁ打開策はもう監督や首脳陣が変わるしかないんで、今季はこういう負けを重ねていくんだろうねぇ。なので昨日1日は体からカープを切り離してみた。だからゲームも見ていない。でもスコアを見るとやはり同じ負け方だったよな。これで今季最長の5連敗。もう開幕不調だった阪神にも抜かれて、最下位まで1ゲーム差。おそらくだけど、この連敗はまだ伸びるとみている。唯一の光は阪神戦初戦登板予定の床田がどこまで投げられるか??これを勝てないとなるとかなり連敗が伸びそうだよな。

代打・長野はカープにとって最善策なのか??

アタクシが1日カープを見放してみよう(笑)と決断したのは土曜日のヤクルト戦だった。このゲームも先制し追いつかれ、勝ち越した。まぁその後は森下が打ち込まれた。ここでの投手交代のタイミングについてはSNSなんかで話題になっていたけど、カープにはこのタイミングで代われる投手がいない。まぁこの辺も戦力不足からくるものだよな。森下が打ち込まれて逆転されるも7回にヤクルト勝利の方程式・今野を打ち崩して2点を取り一点差。なおも2死満塁の場面。打順は8番の小園だった。ここでヤクルトベンチは投手を田口にスイッチ。この場面ね、アタクシはこの乱打戦のムードに乗っている選手を打たせた方がいいと思っていた。しかし佐々岡監督はベンチを出て代打・長野をコール。はっきり言って「こりゃ、ダメだ」と思った。結果は田口のスライダーに翻弄されて三球三振。これなら小園の方がよかった。そんな風に思ったカープファン同志は多かっただろうねぇ。長野は前日のゲームでも満塁のチャンスに三振した。同じ手を使って同じ結果。アタクシは十分予想できたのではないか??そんな風に思うんだよな。

以前にこんな記事を書いた明らかに前日のサヨナラ負けを引きずったゲーム??佐々岡監督、名前だけで野球をやっていませんか??。アタクシがカープベンチは「名前」で野球をやっているとこの記事でも書いたんだけど、アタクシの書き方が悪かったせいか今ひとつご理解いただけないコメントをいただいた。この日の代打・長野の起用はまさにこれなんだと思うのよ。左投手が出てきたら、その選手の調子うんぬんよりも「長野」という名前で代打を告げるベンチの浅はかさね、本当に悲しくなるよな。
アタクシがもし監督なら小園をそのまま打たせた。積極的にバットを出す選手だし、乱打戦には向いている打者。そして何よりもスタメンで出ているのでゲームの流れに乗れている。案外、打撃戦の流れというのは途中出場の選手は流れに乗れない。また長野は前日のチャンスでの三振が頭に残っていただろう。同じような場面での起用はちょっとキツいかなぁと思う。チームの調子が良ければまだいいけど、連敗中という流れの中でこの起用は長野に焦りや力みをもたらすだけ。もうさ、終盤のチャンスに判を押したような代打起用ね、もううんざりなんだよな。このシーンを見てアタクシはちょっと佐々岡カープに愛想をつかした。コリャダメだとね。

大瀬良も森下もストライク勝負ができてない

交流戦の悪い流れを断ち切るために佐々岡監督はローテをいじくって、首位のヤクルトに大瀬良、森下、九里の三本柱をぶつけてきた。この3投手がヤクルト打線を黙らせればよかったんだけど、むしろ火をつけてしまったように思うねぇ。3投手とも打線がもぎ取ったリードを守れなかった。これでは勝てないよな。
やはり我慢が出来なかった。追いつかれるタイミングも悪かった。点を取った直後やせめて3イニングくらいリードをキープできれば展開は変わってきたと思うけど、そこまで粘れなかった。まぁそれが今のヤクルト打線の力というかね、迫力が凄いんだろうねぇ。カープが3連覇した時はヤクルトをお得意さんにしていたけど、5年たって完全に立場が逆転したよな。
3投手というかカープ投手陣全体に言えることなんだけど、やはり勝負ができていないんだよな。何度も書くけど追い込んでおきながら、いやいやもっと言えば2死をとっても一つ打たれるともう勝負ができなくなる。いいとこ投げようと小手先になり球に力がない。だから連打される。ここね、もうさ、どんどん三球勝負、ストライク勝負でいいのよ。力のある球を投げ込むことを最優先にしてほしいのよ。結局、うまく抑えようとしすぎてカウントを悪くして、最後は勝負球が甘くなって打たれる。この時点で勝負になっていないのよ。
どんどん3球勝負でいったらいい。力のある球を投げ込んでいけばいい。真っすぐ勝負でもいいのよ。戦えていない。この3本柱がこんな投球をしたら連敗が伸びるのは当然なのよ。

東出コーチが若手起用を明言も松山・長野が踏み絵

今季最長の連敗を喫しているカープだけど、東出コーチが若手への切り替えを明言した。まぁ当然と言えば当然だろうねぇ。ただ、どこまでやるのか??ファンは見ていると思うよ。恐らくこの辺の入れ替えの提案は東出コーチからされるのだろう。お手並み拝見だよな。次期監督だろうし。
アタクシがやってほしくないのは若手と若手の入れ替えね、たぶんそういう入れ替えになるように思うねぇ。矢野と羽月、とかね、中村健と末包とかじゃあまり意味がないように思う。やるにしても長野、松山、田中広あたりと若手を入れ替えるのであればアタクシは評価したいと思う。長野に対しては末包や正随、松山に対しては林、そして支配下登録された持丸なんか代打で面白いと思う。広輔には羽月や韮澤といった感じでね、こういう入れ替えなら大歓迎だよな。こうしたベテラン選手たちを2軍に落とせるかどうか??まぁ踏み絵みてぇなもんだよ。ここにメスを入れられるのか??注視しているカープファン同志は多いと思うよ。

長野・松山にはもう一度汗を流してきてほしい

なんか長野や松山に三下り半を突き付けたような内容になっているけど、それはちょっと違ってね、この二人は間違いなく「戦力」なのよ。でもベンチの起用法もあって、完全に半ご隠居状態。代打で出てきて、ハイ終わりとね。そんなゲームが毎日続けば、そら、打撃の勘だって鈍るだろう。1軍にいながらも出場機会が限られている選手にはストレスもあるだろう。一度ファームのゲームをフル出場してね、思いきり汗をかいてきてほしい。そう思っている。そのチャンスは今なんだと思うねぇ。プロ野球、経験も大きな武器だし、広輔も含めてこの3人にはそれを1軍のゲームで発揮してほしい。今は、その大きな武器である「経験」もゲームに出ていないことで埃がかぶり始めているように思う。一度、青空の下で思いっきり汗をかいてさっぱりしてきてほしいのよ。仮に順位争いになった時に、こうした経験のある選手は絶対に必要だからな、ファーム落ちで「引退」の二文字も頭によぎるかもしれない。いやいや、もう一度汗をかいて這い上がってきてほしいのよ、ファンはね。

阪神戦、「圧倒されない」ことが大事

さて、明日からは久々に地元で戦える。交流戦から調子を上げてきた阪神が相手。カープは今季はまだ阪神に負けていない。負けていないけど、今の両チームの状態は月とスッポン。佐藤輝や大山に当たりが戻ってきているし、投手陣もいい。ヤクルト戦に続いて阪神打線にも圧倒されている絵がどうしても頭に浮かんできてしまうカープファン同志も多いだろうねぇ。結構初戦が大事で、これを落とすとこれまでの鬱憤を晴らすように阪神打線が打ちまくるように思う。床田がポイントだよな。打線は一時の悪い時期を抜けたと思う。坂倉に当たりが戻ってきたし、マクブルームにも一発出た。曾澤も打撃の調子を上げてきているし、小園も底を脱したと思う。だから投手ね、ここだろうねぇ。とにかく投手陣が相手打線に圧倒されないこと。勝負できるか??ここにかかっているだろう。水曜日には阪神ファンの集まる店に遠征してこようと思う。とはいえ、特定のチームのファンというよりは野球好きが集まる店なのでカープの愚痴も聞いてもらおうと思っているよ。さて、カープの連敗が伸びるのか、踏みとどまるのか??大事な3連戦になりそうだよな。

(Visited 1,379 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ