坂倉省吾

若手の活躍で12得点の猛攻で連敗ストップ!!小園に復活の兆し??坂倉はもはやカープ打線に欠かせない選手になったよな

広島中村健人外野手(24)が、プロ初の適時打を含む初マルチ安打を記録した。1点先制した直後の1回2死一、二塁。巨人赤星の低めカーブを左中間に落とし、好判断で二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】中村健人プロ初適時打&マルチで2度目お立ち台「いい形で勢いつけられた」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ GW真っ只中。ニュースを見れば高速道路も大渋滞、新幹線も100%を超える乗車率。 […]

空中戦を食らい巨人に悔しい3連敗!!得点直後の一発を浴びては勝てるわけがない…

 「巨人-広島」(21日、東京ドーム) 先発した広島・遠藤淳志投手は4回7安打6失点(自責点4)で降板。プロ入りワーストタイとなる1試合3被弾を浴びるなど、相手打線に主導権を握られた。 情報源: 広島・先発遠藤が4回6失点で降板 巨人岡本和、ウォーカ-、丸に自己ワーストタイの3被弾 この3連戦の前を振り返ってみると巨人は甲子園で当時まだ1勝しかしていない阪神相手に連敗。負け越してきた。片やカープは先週は4試合を2勝2敗。調子が悪そうなのは小園と上本に疲れが出てきた程度でさほど不安がなかった。前回 […]

存在感が光る松山、坂倉。末包も下位打線で2長打も中継ぎ陣に不安が露呈。点が入るようになって気になりだしたベンチの采配。このベンチで本当に勝てるのだろうか??

 「オープン戦、広島6-5日本ハム」(11日、マツダスタジアム) 右翼方向に舞い上がった白球が、大きな放物線を描いた。長い滞空時間の先にあったのは、広島・松山竜平外野手の笑顔だ。六回1死で右越えソロ。この日、1軍に昇格し「4番・一塁」でスタメン出場。首脳陣の期待にすぐさま応えた。 情報源: 広島・松山 さすがの存在感 1軍昇格即スタメン即アーチ 減量効果!体キレッキレ 平日のデーゲームってのはなかなかテレビ観戦が難しいよな。昨日も観戦できたのはゲーム終盤。中田廉がピンチを切り抜けてベンチに戻る瞬 […]

一発攻勢でDeNAに連勝!!菊池は打撃絶好調!!同じ4点差での栗林と大道の起用から見えた首脳陣の中継ぎ起用法

 「DeNA-広島」(3日、横浜スタジアム) 広島の同学年コンビの一発攻勢で2点を奪った。 情報源: 広島 同学年コンビの一発攻勢で逆転 安部、菊池涼が左翼席へ運ぶ [ytmr_bb_scoreboard fsize=”1.2″ width=”900px” tm1=”広島東洋カープ” tm2=”横浜DeNAベイスターズ” scr1=”0/0/2/0/4/0/1/0/0″ scr […]

カープ2021年初勝利!!4番で勝ち越し、九里が貫禄の好投!!栗林プロ初セーブで勝ちパターン確立!!

 「広島-中日」(27日、マツダスタジアム) 広島が1-1の四回、中軸2人の連続適時打で2点を奪った。情報源: 広島、4番・誠也「何とか食らいついた」5番・坂倉と連続タイムリー [ytmr_bb_scoreboard fsize=”1.2″ width=”900px” tm1=”中日ドラゴンズ” tm2=”広島東洋カープ” scr1=”1/0/0/0/0/0/0/0/0″ sc […]

遠藤、一発攻勢に沈んで4連敗。悔やまれる西への四球。

 「阪神8-3広島」(5日、マツダスタジアム) 広島の遠藤淳志投手が5回6安打8失点で今季初黒星を喫した。ボーア、大山、サンズに本塁打を浴びた。 情報源: 広島・遠藤が猛省 ボーアに満塁被弾「まだまだ気持ちが甘い」 泥沼にドップリつかりそうなムードになってきたよな。これで4連敗。先週は一つも勝てんかったよな。まぁどれも先発が試合を作れない。開幕当初は先発が試合を作っていい流れでゲームができていた。この連敗を脱出するにはやはり先発の踏ん張りにかかっている。そんな感じだよな。 昨日も試合を全く見るこ […]