新井監督

スポンサーリンク
愛すべき赤ヘル戦士

神様になった松ちゃんが勝負を決めた!!全員で勝ち取った3連勝&貯金1!!この勢いで鬼門・関東遠征を勝ち抜けろ!!

「中日2-3広島」(11日、バンテリンドーム) 広島が延長十一回に及んだ熱戦を制し、同一カード3連勝を飾った。貯金を1とした。 情報源: 広島が中日を3タテ!延長11回に代打松山が勝ち越し適時二塁打 貯金1に うちの息子は小学3年生。1年生から柔道場に通っているんだけど体も小さく、優しい性格でこれまで公式戦で勝ったことがない。来月公式戦の予定が入っているんだけど、夕食時にママから「早く1勝しないとね!! 」とハッパをかけられていた。息子は自信なさそうに「相手が強いと勝てない」と景気のいい返事は返ってこなかった。アタクシは「自分の得意な形で得意な技をかけることだけを考えなさい。相手は関係ないよ」と。ちなみに息子の得意技は内股なんだそうな。そんなアドバイスを送ったけど、息子は納得いかない顔をしていたよ(笑)。もう少しアタクシも上手に「暗示」をかけられるといいんだけど、難しいよな。 そういう面から考えると新井監督は選手たちに「暗示」をかけるのが上手いのかもしれん。開幕4連敗の時も「まだ始まったばかり」「選手たちの力はこんなものじゃない」とマスコミを通じて「まだ大丈夫」というメッセージを発して...
愛すべき赤ヘル戦士

今季のカープはしぶとい!?九里3年ぶりの完封で勝率5割復帰&ビジターカード初勝ち越し!!気になる新井監督の「我慢」と立浪監督の「厳しさ」

「中日0-4広島」(10日、バンテリンドーム) 広島は投打がガッチリとかみ合い、2連勝で勝率5割に復帰した。 情報源: 広島が2連勝で5割復帰 九里が3季ぶり完封で2勝目 打線は先発野手全員安打で快勝 このブログを読んでいただいている方ならお分かりだと思うけど、アタクシの推しメンね、これ、何人かいるんだけどその中でも九里という投手はずっと追いかけてきた。その九里が飛躍するきっかけとなったゲームが2020年9月のDeNA戦での完封劇。それまでの九里は先発しても結果が出ずにリリーフにまわり、リリーフで結果を出してまた先発と、この繰り返しだった。しかしこの完封でこのシーズンは8勝止まりに終わったけど翌年には最多勝のタイトルを取った。「何かをつかんだ」と再三書いていたので古い読者の方は記憶に残っているだろう。それ以来の完封というのは意外だったけど、またこれを一つのきっかけにしてほしいよな。 今季は真っすぐに力がある 昨季は6勝止まりということで思うことがあったのだろう。オフにアメリカに渡り投球フォームを見直した。まぁ30歳を超えると体には変化が出てくる。20代の時にできたことが30代になるとで...
愛すべき赤ヘル戦士

栗林登録抹消…やはり体調が万全ではなかったのか??心も体もしっかりリセットして戻ってきてほしいよな。

広島の栗林良吏投手(26)が1日、出場選手登録を抹消された。4月30日の巨人戦(東京D)の試合前練習で右内転筋に強い張りを訴えたという。同日はベンチ入りメンバーから外れていた。新井監督は「一日たって 情報源: 【広島】栗林良吏、右内転筋の張りで抹消 代役守護神は日替わり 新井貴浩監督「プルベンみんなで頑張っていく」 昨日の午後に「栗林登録抹消」のニュースが飛び込んできた。どんなことがあっても守護神は栗林と新井監督が明言していただけに、驚いたカープファン同志も多かったんじゃないかねぇ?? 矛盾が生じた理由 4月29日の巨人戦で中田翔にサヨナラHRを打たれ4敗目を喫した栗林を新井監督は翌日のゲームではベンチから外した。新井監督はゲーム直後、「抑えは栗林」と明言していたので少し不可解だった。ゲーム後に新井監督と栗林の間でそれでも抑えはお前で行くという話し合いが持たれ、その中でとりあえず明日は休めという話でこうなったと勝手に想像し、納得していた。ただ、あのゲーム後にそれでも抑えは栗林という発言と翌日ベンチから外したという行動に多少なりとも矛盾は感じていた。 しかし記事によると30日にトレーナー...
スポンサーリンク
愛すべき赤ヘル戦士

栗林逆転サヨナラ弾で4敗目。配置転換否定の新井監督がその苦しみの一番の理解者。なぜなら「その先」にあるものを知っているから

「巨人4-3広島」(29日、東京ドーム) 広島が悪夢のサヨナラ負けで借金1となった。 情報源: 広島・新井監督 サヨナラ負けの栗林に「クローザーの難しいところ」配置転換は否定 今後も守護神として起用 栗林が中田翔に対して投じた初球ね、もう球が栗林の右手から離れた瞬間に思わず「危ない!!」と叫んでしまったよ。まぁそのアタクシの声に中田翔がびっくりしてくれたらよかったけど(笑)中田翔もその失投を見事にとらえた。調子がいいんだろうねぇ。これで栗林はまたもや救援失敗。今月で4敗目だ。昨季までは絶対守護神の座に君臨してきたわけだけど、今季はなかなか結果が出ない。いやいや、すでに7セーブを挙げているわけだから、仕事はしているのよ。ただ、アタクシ達ファンが気になっているのはその「不安定さ」なんだと思うし、不安定がゆえに粘れなくなっているのも確か。この結果を踏まえても新井監督は栗林を信じて配置転換は否定した。まだ4月。とうとう5割を切ってしまったけど、まだ借金は1だ。 昨日のゲームも接戦で面白かったけどな、今日は栗林のことを中心にやっていこうと思うよ。 前半の拙攻が命取り?? その前に少しだけゲーム全...
愛すべき赤ヘル戦士

栗林踏ん張れず3敗目…不調の守護神に必要なことってなんだろう??時間??再調整??

情報源: カープ栗林 早くも自身ワースト3敗目 新井監督「彼なら乗り越えられる」に目を潤ます 昨日は仕事をしながらTVでチラ見観戦。両先発の好投で非常に速いテンポでゲームが進んだ。7回にマクブルームの一発で追いついてさらにチャンス…というところで外出。スマホも何も持って行かなかったので帰宅して結果を知った。残念だったよな。7回の好機で勝ち越すも直後にターリーが被弾。同点で栗林が9回に勝ち越された。これで2カード連続負け越し。貯金はまだあるけどな、少し雲行きが怪しくなってきたような気がしないでもないねぇ。 勝てるムードは十分あった ゲームは先発・玉村が京田のタイムリーで2点を先制された。ただね、アタクシは先制されていても「追いつき、追い越せるのでは??」といった感じで見ていた。まぁ理由はいろいろある。一発のある打者がこの日のDeNA打線で見当たらなかったし、その可能性のある佐野や牧の調子も今一つだった。それとやはり球場がマツダということで、中盤以降に投手が踏ん張ればなんとかなるような気がしていたのはアタクシだけではなかったと思うねぇ。現に菊池・マクブルームと今季初ホームランで追いついたわ...
Mageちゃんの「熱視線」

代打策ズバリ!!の逆転勝ち!!栗林は苦しみながらも監督のゲキに応えた!!やっぱりデビッドソンが打つと点が入るね

広島の松山竜平外野手が逆転の二塁打を放ち、今季初打点を挙げた。 情報源: 【広島】代打・松山竜平、逆転の走者一掃二塁打!2点ビハインドお釣りなしで今季初打点!新井采配ズバリ 監督の仕事で一番評価が分かれる、話題になるのは「継投策」だろうねぇ。投手の代え時、左右、打者との相性、ゲーム展開の読みとね、色々な要素が詰まっているよな。やれ、「あそこで(先発を)代えんと」「なんでアイツを出さない??」などなど、野球談議をするうえでは継投策というのは一大テーマだろう。それ以外にも打順なんかも盛り上がるよな。 この日のゲームは両チームの先発が乱調。この先発の見切りや継投策、今後のゲーム展開も非常に読みづらかった。まさに「監督泣かせ」のゲームだったろう。そんな展開で百戦錬磨の岡田監督率いる阪神に対して新井采配の継投策、そして代打策ね、ズバリだったよな。こういうゲームを取っていくというのはチームの成長、そして新井監督の成長にもつながる、そんな印象が残ったゲームだったよな。 打たれだすと止まらないアンダーソンは相変わらず 難しいゲーム展開にした張本人はまさに両チームの先発投手だろう。カープ先発のアンダーソ...
Mageちゃんの「熱視線」

サヨナラの次は大逆転でツバメにリベンジ!!こんな3連勝見たことない!!監督もファンも血が沸騰した広輔の満塁弾!!

情報源: 広島 田中広輔ミラクル満塁弾から逆転勝利「精神面も大事だ」 新井監督で首位は初「血が沸騰する」チョー興奮 昨日は仕事も立て込んでいてね、買い物にも出かけたりと結構出入り激しい日曜日だった。ゲームをしっかり落ち着いて見られたのはマクブルームの勝ち越し犠飛の直後だった。まぁそれでも広輔の満塁弾ね、新井監督が「血が沸騰した」と大興奮だったけど、アタクシも車の中で速報を聞いた時には思わず雄たけびを上げてしまった。全国のカープファンの血が沸騰したのは間違いないだろう(笑)。それにしても降雨コールド、サヨナラホームラン、5点差を大逆転で連覇の王者ヤクルトから3連勝。こんな3連勝みたことないよな。それと開幕カードのリベンジを誓って挑んだ3連戦を3連勝だからな、盛り上がらないわけがないだろう。いい週末だったよな。 玉村は立ち上がりが課題 カープ先発は玉村。いきなり初回に連打で5点を献上した。まぁ2回以降の内容を見ると悪くないんで課題は「立ち上り」ということになるんだろうねぇ。前回登板の巨人戦でも先頭打者オコエに初球を先頭打者ホームランを食らったしな、玉村も思うところはあるだろうねぇ。 まぁ ...
Mageちゃんの「熱視線」

秋山移籍後初のサヨナラHRでヤクルトに連勝!!これで苦手意識も払しょく!?戸根も移籍後初白星でさらに「やりがい」を!

「広島5-4ヤクルト」(15日、マツダスタジアム) 広島が劇的なサヨナラ勝ちで2位タイに浮上した。1点を追った九回2死一塁から、秋山翔吾外野手(34)が今季1号となるサヨナラ2ラン。16日が誕生日の男が、34歳最後の日に輝いた。秋山のサヨナラ弾は西武時代の2012年以来、2本目。新井政権初のサヨナラ勝利で2019年(7連勝)以来の本拠地6連勝となり、雨の中でも声援を送り続けてくれたファンに、最高の形で応えた。 情報源: 秋山 移籍後初サヨナラ弾 35歳誕生日の“前祝い”だ マツダ6連勝で広島2位タイ浮上 正直に言おう。アタクシはこのゲーム、サヨナラ勝ちの瞬間だけ見逃した(泣)。ちょうどその時間は娘のバスケのお迎えが入っていてね、雨降ってなきゃ一人で帰ってこいなんだんど、東京は昨日1日雨。娘を待っている間に速報を確認するとスコアの9回裏に「2X」が入ってる!!一人車の中で歓喜の瞬間を迎えたよ。まぁアタクシなんざぁ別にいい。悪天の中スタジアムで応援してくれたカープファン同志には最高の形をお見せすることができた。ビールも美味かっただろうねぇ。 先発・床田「四球」で慌てた?? さて、このゲーム...
Mageちゃんの「熱視線」

52年ぶりの2度目の降雨コールド勝ちで王者・ヤクルトに今季初勝利!!ゲーム中に伝わってきた大瀬良・野間・カープナインの「キモチのリレー」

水を得たコイだ。広島が1-0の降雨コールド勝ちで開幕3連敗を喫したヤクルトから今季初勝利を挙げた。雨が降り続ける悪条件の中、中盤の6回1死から代打の切り札を投… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】水を得たコイ!52年ぶりの2度目雨天コールドで首位撃破 新井監督「あそこは勝負に」 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 春ってのは色々あるよな。花粉から始まって一昨日は黄砂。そして昨日の広島はゲーム開始前くらいから雨。今日は中止かな??とは思っていただけにこの白星は大きいよな。 それも今季2度目の降雨コールド勝ち。52年ぶりということだから、アタクシが1歳の時だ。1歳の時のことなんて覚えていない(笑)まぁそれくらいの珍記録ということだろう。運も実力の内というからな、こういうものをきっかけにチームが一つになり、乗ってくるということは多々あるもの。よかったよな。 ゲーム前から強かったカープナインのキモチ ヤクルトとの対戦といえば、高津監督になってヤクルトが優勝した年からコテンパンにやられている。3連覇時代は...
強いカープがみたい!

開幕10試合のデータで読み解く新井野球の大きな特徴は12球団唯一の「犠打0」課題の中継ぎ強化で期待する投手は!?

「中日5-2広島」(12日、バンテリンドーム) 開幕から10試合目にして訪れた今季初登板だ。拍手を背中いっぱいに浴びてマウンドに上がった広島・黒原拓未投手(23)が、思い切り腕を振り抜いた。最速は147キロ。攻めの投球を貫き1回無安打無失点で自身の“開幕戦”を飾った。 情報源: カープ黒原 343日ぶり1軍で4球ピシャリ 10戦目で待ちに待った今季初登板 職業柄、数字を見ていろいろ想像したりすることが多いんだけど、昨日はゲームがなかったから何気なく開幕して10試合、各チームの成績を見てみた。たった10試合、されど10試合。様々な数字を見るとすでにチームカラーというかね、各チームの戦い方が見えてくる。さすが、首位を行くチームだと感心したり、だから低迷していると妙に納得させてくれる。これで案外時間を潰せるんだよな(笑)。まぁ今後ゲームを重ねていけば数字というのはどんどん変わっていくとは思うけど今日はこの10試合から見る新井カープの戦い方ね、それとカープの課題は中継ぎ強化だと思うんで、今後出てくるのではないか??期待したい投手をちょっとピックアップしてみようと思うよ。 12球団唯一の「犠打0...