強いカープがみたい!

スポンサーリンク
強いカープがみたい!

長野・松山のベテランをどう使う!?戦力的には来季が「ピーク」。若手ベテランの融合でV奪回を狙え!

広島の長野久義外野手(36)が11日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、500万円減の1億6500万円で更改した(金額は推定)。 情報源: 【広島】長野久義、2年連続Bクラスに危機感「優勝するという目標を持って戦わないと」 ベテランの長野が契約更改。わずかなダウンで来季もカープでプレーすることが決まった。よかったよな。 今季の長野は移籍1年目と違い、長野自身もカープ首脳陣、選手たちも「遠慮」が取れて本当の意味でカープの一員として頑張ってくれたよな。成績も1年目よりは良かったし、節目の一発も飛び出した。ホームランも二ケタだし、慣れない代打の成績も非常によかった。まだまだ走れるしな、来季もしっかり戦力としてやってくれそうだよな。 ただ、年齢だけは確実に取っていく。これからは本当に1年1年が勝負になってくるだろうねぇ。そうなると来季の長野の「扱い」というのには今から注目している。 これはベテランの域に達してきた松ちゃんにも同じことが言える。二人とも勝負強い打撃をしてくれるし、スタメンに名を連ねて欲しいという気持ちはもちろん持っている。ただ、それでは5位だった今季とあまり変わり映えがしないし、...
強いカープがみたい!

森下・月間MVP獲得で新人王に王手!?島内はフォーク取得もいいけど、まずは「自信」を持って投げ込め!あと戦力補強の考え方とか今回はグチャグチャ(笑)

広島の島内颯太郎投手(24)が17日、“永川フォーク”を習得して来季、勝利の方程式に入ることに意気込んだ。「みやざきフェニックス・リーグ」に参加している右腕は、永川2軍投手コーチにフォークの握り方を教わりながら試行錯誤を続けている。フォークを決め球にして、勝ちパターン入りを目指す。 浮き彫りになった課題の克服へ、島内は永川2軍投手コーチに助言を求めた。「フォークに関してはもう少し落差をつけたい。フォークが落ちない、と相談して聞きました」 情報源: 広島・島内 “永川フォーク”習得で勝利の方程式目指す レジェンドに師事 シーズンオフになると書くことなくなるように思われるんだけど、この時期は昨季の反省や問題点、それをもとにした戦力補強や首脳陣の入れ替え、FAや戦力外通告とかね、書くネタには困らない。まぁ本当にネタが無くなるのは12月中旬からキャンプ2週間前くらいかねぇ?実はゲームがある時よりもこの時期の方が筆が進む(笑)。 と言え、一つのことで3,4000文字の記事はなかなか書けないとなるとそれは一つの話題じゃ持たない。なので今日の記事は短編集をごちゃ混ぜにした感じになりそうだけどな、お付...
強いカープがみたい!

松山FA宣言せずに残留。でも松山がスタメンに出るようではV奪回は難しい。それはなぜか?

海外FA権を取得した広島の松山竜平外野手(35)が17日、権利を行使せずに残留する意向を示した。マツダスタジアムで取材に応じ「チームの力になれるようにオフをしっかりと過ごしたい。春にいいアピールがで 情報源: 【広島】松山竜平、海外FA権行使せず残留「チームの力になれるように」 まずは、お詫びから。昨日の記事あたりから、アタクシのサイトに広告がかなり増えてしまった。読みづらいと感じてしまった方も多かったと思う。確かにある程度の広告収入は得ているので、広告は大事なのだが、本文に邪魔にならないよう最低限にとどめておいた。しかし、自動で広告を貼られることもあり、またお陰様でサイトの閲覧数も1日で1000回以上、月間で30000回以上の閲覧ということで広告を自動的に貼られる頻度が増えてしまったようだねぇ。まずは読みやすさを一番に考えておりますので、なんとか調整をしてみます。どうかご容赦ください。 松山がFA権を行使せず来季もカープで FAを取得し、残留を表明した選手の中には2パターンあるよな。一つは宣言せずに残留して複数年を結ぶ選手。もう一つは宣言して残留、複数年を結ぶ選手。まぁカープの場合は...
強いカープがみたい!

新助っ人は一発が魅力のケビン・クロンと抑え候補??のドビーダス・ネヴァラウスカス。両方とも問題ありそうな気がしている。

か広島と契約したケビン・クロン【写真:Getty Images】 身長196センチ体重115キロ、マイナー通算151本塁打の大砲候補 広島は16日、マイ 情報源: 広島新助っ人・クロンはエルドレッドの再来? 米メディア太鼓判「すぐにスターになる」 来季の助っ人二人の獲得が発表された。近年カープは来季の助っ人を大体この時期に獲得するケースが多くなっているよな。まぁ今季に関しては早々に獲得した選手があまり使い物にならなかったわけで、来季もこの時期に獲得した選手が「当たり」なのか「はずれ」なのか、もし「はずれ」なら少しやり方を変えた方がいいように思う。 まぁいい選手がいたら他球団に引っ張られるよりはという考えでスピード重視なんだろうけどな。 ケビン・クロン内野手とドビーダス・ネヴァラウスカス投手。両方とも今季のメジャーでの成績はサッパリといったところ。3Aではいい成績をおさめているんで、こういうタイプの方が日本の野球にフィットしそうだけどな。 発表を受けて早速動画サイトでどんな選手か調べてチェックした同志もたくさんいただろう。アタクシもメジャーでのプレーの動画を見た。まぁ二人とも今季のメジャ...
強いカープがみたい!

フェニックスリーグ若鯉絶好調!育ってほしいのは「決められる」選手。小園は来季が勝負の年に!?

広島大盛穂外野手(24)が4安打と、絶好調ぶりを発揮した。1番左翼で先発出場。4回、先頭で左中間を破る三塁打を放つなど、4安打4打点を記録した13日の日本ハム… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島大盛が絶好調4安打「チームを引っ張りたい」 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 今シーズン交流戦がなかったけど、1年以上見ていないとロッテなんかはかなり新しい選手が出てきているよな。 中軸を打っている安田は高卒3年目の選手。CSの大舞台でもホームランをかっ飛ばしたり、昨日の最終回も後がない状況でありながらもヒットでつないだりね、いい選手だなぁと。やはりドラフトってのは競合してもいい選手を獲りに行くってのは大事だなぁと感じたねぇ。 さて、カープは5位だからな、5位。主力選手は体を休めるけど、若手はフェニックスリーグで来季1軍へのきっかけづくりに励んでいる。どうやら成績は好調のようだねぇ。 大盛・羽月は1軍での経験が大きな力に 大盛は「格」の誓いを見せつける2試合連続4安打 その中でも今季1軍デビューした選手が...
強いカープがみたい!

広輔FA流出は間違いなく「戦力ダウン」。FA補強も残留交渉もファンはカープ球団が本気で強くする気があるかどうかを見ているよ

DeNAが今季国内FA権を取得した広島・田中広輔内野手(31)の獲得へ向け本格調査していることが14日、分かった。 情報源: 【DeNA】広島・田中広輔を調査…地元神奈川出身、二塁も三塁も守れる 別に真剣に見ていたわけではないんだけど、昨日の夕方にソフトバンクとロッテのCSをちらっと見た。場面は8回裏ソフトバンクが勝ち越した場面。マウンドには巨人から移籍した澤村が渾身の真っすぐを投げ込んでいた。力と力の勝負。口から胃が出てきそうな緊張感、痺れるような場面にくぎ付けになった。 結果は澤村が我慢できずに勝ち越し点を許したんだけど、さて、この場面もしロッテをカープに置き換えた時、どうなっていただろうかと想像してみた。 ここ一番のゲームでの弱さ、かわす投球が主流となってしまっているカープなら、四球でどんどんランナーを貯めて、守備にミスが出て、最後はドカンと一発長打。このイニングで一気に突き放されて終わってみればワンサイド。そんな絵が浮かんだ。短期決戦こそ力と力の勝負。公式戦でもこういった「勝たなきゃいけないゲーム」を勝つには勝負に出る。力でねじ伏せる。果たしてカープがこういった野球ができるのは...
強いカープがみたい!

2020カープ助っ人通信簿 助っ人全員総入れ替えでもいいと思う。そのポイントとは?

広島のクリス・ジョンソン投手(36)とテイラー・スコット投手(28)が11日、帰国の途に就く前に取材に応じた。 今季のジョンソンは0勝7敗、防御率6・10。一度も白星を挙げられず「残念なシーズンでした」と左腕。来季については「状況次第ですね、こればかりは」と明言を避けたがチームメートとファンには「チームメートは本当に苦しい時にサポートしてくれましたし、ファンには(思うような)成績を残せなかったけど温かいサポートをしてくれた」と感謝の思いを口にした。 情報源: 広島 K・ジョンソン 来季の去就は明言避ける「状況次第ですね」 ネット記事を見ると今季カープで活躍した助っ人陣が続々帰国の途についている。離日の取材の舞台が外国へ帰るのに空港ではなく、広島「駅」というのがいかにもカープらしい。 今季カープの成績不振というのは、投手陣の崩壊や攻撃での作戦面、監督の采配などいろいろあげられると思うんだけど、個人的には「助っ人が働かない」というのもかなりの比重を占めているように思う。 この助っ人陣の去就というのは来季の戦力を整える上で非常に大事だよな。今日は今季の助っ人に5段階評価の通信簿…通信簿なんて...
強いカープがみたい!

カープファンはなぜ琢朗コーチ退団を惜しみ、長野加入を歓迎し、内川獲得を望むのか?

情報源: 中日がソフトバンクを退団の内川獲得調査へ…複数球団で争奪戦か FA大野雄大の流失阻止にも全力:中日スポーツ・東京中日スポーツ シーズンも終わりに近づくと、やれ、ドラフトだぁ、戦力外通告だぁと来季に向けての動きが活発化する。大体どの球団も年内には来季への補強を終えなければならないからな、この11月、12月で沢山の動きが出てくる。ストーブリーグの開幕だよな。 そんな中、まだまだできるけど、チームの若返りで来季の構想から外れてしまうベテラン選手が出てくる。阪神では福留や能見といったまだまだできそうな選手が構想外となり自由契約となった。 カープでは小窪がそれにあたる。まぁ福留や能見ほどの実績はないけどな、まだまだプレーはできるだろう。今後もそういった選手が各球団が出てくるだろうねぇ。 そんな中でソフトバンクの内川が自由契約となった。まだまだやれるであろう選手を手離すあたり、さすがソフトバンクといった感じだけども、SNSをのぞくとその内川獲得を強く望むカープファン同志は結構多い。 どうだろう?もう20年位になるだろうか?あまり「トレード」という話は聞かなくなった。恐らくFA制度や90年...
強いカープがみたい!

石原引退・小窪自由契約・戦力外通告3人から見るカープ球団の補強の本気度はどのくらいなのか?

情報源: 佐々岡カープ頭抱える〝ドミニカ危機〟 いつまで続くの…入国制限で来季の戦力供給ままならず – 東京スポーツ新聞社 今日の阪神戦は石原の引退試合。大卒で19年間の現役生活。最後の最後まで「必要」とされていた捕手のように思う。 今季を振り返れば、ジョンソンが全く勝てなかった。「石原と組ませろ」という声がSNSでも多く見受けられた。これだけ見ても石原という捕手がカープにとって、ファンにとって必要な選手であったと言えるだろうねぇ。 石原の良さはやはり「キャッチング」だろうねぇ。とにかくこれは新人の時からよかった。難しい球も後ろにそらすようなシーンはあまり見たことがない。 それとリード。これは投手の良さを引き出すという視点からいれば、天下一品だったように思う。まぁこれも19年という年月の中、若いころを過ごした時代のカープ投手陣というのは本当にひどかった。今季も會澤のリードを指摘する声が多いけど、「外一辺倒」ね。これ、若い時の石原も同じ感じだったように思う。 この時の石原を見ているんで、「外一辺倒」のリードの意味というのがなんとなく理解できる。一つは「投手の力量不足」。そして「捕手が投手...